PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

堕意鬢愚

ダイビング


「よ、よろしくお願いします。」

「うん。聞いてるよ~クレアちゃんに…」

「に?」

「イリヤちゃんに、アイリさんだね~後、まどかちゃんに、ほむらちゃん。」

「うぇひ~ほむらちゃ!ほむらちゃ!」

「ほむにゃ~」

なんていうか、ウェットスーツを身に付けたアイリさんが妙にあれです。

似合うと言うか、面白いというか、なんというかで。

「ダイビング♪ダイビング♪」

めっちゃ、アイリさん、子供や…

はしゃぎすぎて、イリヤちゃんが母親だと思えるくらいにですね…

「イリヤ、ダイビングよ♪ダイビング♪」

「そうっすねー」

イリヤちゃんも、めっちゃ、冷めてるって言う。

「それよか、ほむらちゃんと、まどかちゃんも、大丈夫なん?」

「私たちが抱っこしたまま潜るから、大丈夫だよ。」

なるほど

…「って、ことで・・・双葉さんと、光さんの二人にあれです。ダイビングですね。」

ガイドを頼むことにしました。

そして…

「ぷいにゅ。」

アリア社長も一緒でございます。

「アリア社長?」

「ぷいぷい…」

水が怖いんだっけ?

アリア社長って。

そういえば、泳げないけど、ウェットスーツを着ているっていう…

火星猫専用のウェットスーツがあるんだなぁ…

「まぁ、私が抱っこしてあげるからさ。」

「ぷいにゃ…」












つーわけで、あらかたの注意を受けて、このネオアドリア海に飛び込んだわけですが。

まぁ、なんていうか、蒼い世界。

それよか。

「まどかちゃんとほむらちゃんが泳いでる…アイリさん、めっちゃ、はしゃいでるんだけど…?」

本当にイリヤちゃんが保護者に見える…

海藻振り回してるし…

シャンブロごっこしてる…

イリヤちゃんも楽しんでるけど、アイリさんがそれ以上に…

はしゃぎすぎてる。

「アリア社長ー?」

こういう時に念話を使えばアリア社長とお話出来るので楽です。

ちゃんと、死にたくないがゆえに呼吸してるアリア社長も、少しは慣れて私の胸から離れないけど、楽しんでるみたい。

「ぷいにゅぅ~」

アリア社長も可愛いけど、なんていうか、あれだね。

それ以上にまどかちゃんとほむらちゃんが、幼児であるはずなのに、めっちゃ、泳いでる…

海は綺麗だけど、メンバーのせいで、海の中以上に、その光景にポカーンとしました…

今度は、アリア社長と二人で潜ろう。

「楽しくないでゲソ?」

「んー!??!?!?」

「ちょ、クレアちゃん!?」

なんか、イカちゃんが突然出てきたせいで、私、あれだわ。

お、おぼれかけそうになった…

そういえば、イカちゃんが海に住んでたんだった…

「クレアちゃん…!」

この後、光さんと双葉さんに助けられました。

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 まさかのイカ娘さん登場ですね。
 そういえば、海といえば、この人(?)も住んでいますよね。最近出てこなかったから忘れていたけど。
 でも、まぁ、いきなり予想外の人が現れたら、そりゃ驚きますよね(汗
 イカ娘さんも悪気があったわけじゃないんでしょうけど、結果的に言えば、ね(苦笑
 イカ娘さんの登場で、イリヤさん大変だなぁと思っていたことがすべて持って行かれた気分です。
 今回もごちそうさまでした。
 それでは、今回はこれにて。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2012/07/23 06:00 | URL |

Re: タイトルなし

まぁ、イカちゃんですからね。
イカ娘…って、ことで、最近、本当に出してないから出そうと言う安直な考えでございます。
いきなり、そりゃ、ボンベも必要なしに水の中で喋れる人が出てくればびっくりですよね。
イカちゃん的には、まぁ、確かに悪気はなかったんでしょうけどねー
予想外のキャラの登場は常に驚くものですね
そんな感じで、あれですね。
明日も頑張ります

| 月 | 2012/07/23 07:54 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/4683-a3e2e1da

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT