PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あいじん!

がぶりんちょ


『初めはピンと来なかった♪』

なんて、感じで、仕事終わりにテレビの前で良い感じにくつろぐクレア姉さんのだらしなさが逆に人気のあると言う。

良いのか?

これで。

ソファでアリア社長を抱っこしながら、寝っ転がるって。

「ぷぅぃにゅぅー」

「あぁ、麻友ちゃん、可愛いですねー・・・アリア社長。」

「ぷい♪」

なんて言うか、この人、一体。

「さすが私の愛人だ。」

芸能関係には、結構、太いパイプを持つ、この人。

『ちょっと面倒な気がしてた♪』

『聞かれることだけ黙って頷いた♪』

「あぁ・・・麻里子ちゃんも、陽菜ちゃんも、可愛いですね~」

「ぷいにゃぁ♪」

「さすが、私の愛人だ。」

この人、何人くらい、愛人がいるんだろ…

「ぷぷいぷいぷい。」

「麻友ちゃん、可愛いですよねぇ…」

「ぷいにゅぅ。」

なんていうか、可愛いなぁ…

アリア。

いや、そうじゃなくて。

『いい人だとはわかったけど』

『まるで タイプじゃなかったからよ』

『仲良くならないつもりだったのに…』

って、感じで、まぁ、良いか。

アドバイスを聞こうと思います。

「姉さん。」

「ぷい?」

「何?」

とりあえず、

「体力をつけるためのダンスか…」

「らしいですよ?選択授業で色々と…」

「あぁ、ミカ女も色々と変わったなー」

「まぁ、ウンディーネとしては、ありとあらゆる筋肉は使うこともあるし、こういうことはありがたいかもな。」

「なるほど…」

と、言うわけで。

体育の宿題を忘れてた…

イリヤちゃんです。

なんか、一曲、踊れるようにー

って、感じで、まぁ、なんていうか。

ダンスなんて選択体育授業で選ぶべきではなかった。

「まぁー、なんていうか、過去から、日本の授業でダンスを採り入れること自体は、どうかと思ったけどね。」

「んなこと、いまさら、此処で言われても…」

「でも、何で、私に相談しに来たのさ?」

「AKBに愛人がいるとか、そんなことを思い出したので、何とか…」

「あぁー・・・」

なんて言うかですね。

私もどうかとは思いましたよ。

「ランカちゃんに教えてもらった方が早くね?」

「うん・・・」

そういえば、あの人、アイドルだった…

自分より下だとどうも、忘れてしまう…

技量的に…

「ぷいにゅぅ・・・」

「まぁ、最近、影薄いからね…」

「ぷいにゃ。」

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 そういえば、ダンス踊るなら、ランカさんいますね~。
 もっと言えば、シェリルさんもいるのに、その存在をすっかりと忘れていました(汗
 あれ、そう言えば、あのふたりってペアから脱却できたんでしたっけ?(うろ覚え
 いや、まだペアだったような(汗
 ま、まぁ、とにかくです。
 今回もごちそうさまでした。
 それでは、今回はこれにて。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2012/07/20 05:55 | URL |

Re: タイトルなし

まぁ、ランカの方が踊りやすいような、踊りやすくないような・・・
なんやかんやで、二カ月に一回は出てくるか出てこないかの割合なので、ぶっちゃけ、あの、こっちも存在を忘れます。
そんな感じで、あの、アリア社長効果でようやく、ペアから脱却したような感じで。
職業病ってのも大変だなーって話だったような。
とりあえず、あれですよ。
明日もですね…
頑張ります。

| 月 | 2012/07/20 08:02 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/4674-98b7cd81

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT