PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ねこのきもち

でござい


葵さんの婿養子の雁夜さんの娘さんの、凛ちゃんと、桜ちゃんに出会いました。

「おねえちゃん、ここの人?」

「はい。そですよー。お隣さんだー」

「その猫さんは?」

あ、抱っこしてるほうか・・・

「私の、親友であり、上司のアリア社長です。」

あと、ヘニャクレスもいたんだけど、気づけば、いない。

「ぷいにゅ。」

「こんにちは。」

「・・・言葉がわかるん?」

「うん!」

凛ちゃんも、桜ちゃんも、ウンディーネになる要素ありか・・

・そりゃ、そうか・・・

ちょっと、お姉さん風を吹かせたくなります。

「ぷいにゅーぷい♪」

アリアの行動の一つ一つに夢中になる、彼女らを見ていれば解る。

「にゃぁー」

「あ、メデューサだー」

って、感じで、ライダーもやってくるのかー・・・

って言うか、良い感じに、桜ちゃんに懐いてるし。

首に巻いてる・・・

「初めて、お友達になった、ネコさん。」

「良いなー。」

「ぷい?」

「桜は特定の猫に愛されてる。」

まぁ、あれですね。

そういう、パートナーがいるのも良いよね。

でも、まぁ、凛ちゃんの平行世界含めた過去で契約したサーヴァント・・・

まぁ、英雄エミヤこと士郎は人間として生まれ変わったけど、それ以前にホモだし・・・

今頃、ワカメと一成と一緒にギシアンか。

ランサーがおるやん。

セイバーはおかんと仲良くしてるけど。

「おかんと、仲が良いからなー・・・」

って、ことは、やっぱ、ランサーか。

クーフーニャンか。

ま、出会って無いのね。

流石に、ゾウゲンって伽羅はこの世界からは抹消された存在ですけどね。

若いころは、イケメンだったんですけどねー。

まぁ、何で、ああなったのやら。

そんなことは、どうでも良いとしてですね。

「ぷいぷい。」

「アリア社長。」

「ぷい?」

「私と、友達になって。」

「ぷい~♪」

「お姉ちゃん、ばっかじゃずるい!私も!」

「ぷいにゅ♪」

なんか、友達、ふえとるやん・・・

もちもちぽんぽんを、指で突っついて、よがるアリアに喜ぶ、この姉妹二人・・・

アリア・・・

猫の声が聞こえる

っていうか、アリアの言ってることが解ると、大抵の猫の心も解ってきます。

まぁ、ネオ・ヴェネツィアは火星猫がいっぱい。

なんていうかですねぇ・・・

いろいろとあれですよ。

解ってくると、猫の世界もあれです。

3番どおりのご主人が魚をくれるとか。

セイバーと赤セイバーの外見が被っているとか。

セイバーなんて、私と二人きりになると、大抵はキリツグへの罵詈雑言と愚痴です。

そして、無駄にお母さんを褒めます。

「ぷい?」

「にゃ。」

「メデューサもアリア社長のこと、知ってるの?」

「にゃぁぅ。」

まぁ、親友であることは間違いないんですけどね。

「ぷい?」

ただ、こうして、アリアが、あの、こう、特定の猫と絡んでくると・・・

「まー!」

「ぷいにゅぅぅぅぅぅぅ!!!!!!!」

お仕置きがくる・・・

そして、

「みゃぁ・・・」

「ぷ、ぷぷい、ぷい!?」

ヒメ社長が後ろから・・・

そして、

「みゃぁ・・・・・・」

アリア社長ラブな猫たちに、包まれるっていう・・・

「アリア・・・」

「ぷい?」

「逃げよう・・・」

「ぷいにゅ・・・」

「イリヤお姉ちゃん!私も行く!」

「私もー」

「じゃー、ついてこーい。」

アリアを巡る聖杯戦争がいずれ、おきそうで怖い。

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 アリア社長をめぐる聖杯戦争。
 実際に起こりそうな気がしてあまり笑えない(汗
 確実に某二匹は参加表明するでしょうし。その時点ですでに、いろいろとヤバい状況に(汗
 あんまり考えない方がよさそうですね。
 というわけで、今回もごちそうさまでした。
 それでは、今回はこれにて。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2012/06/18 05:57 | URL |

Re: タイトルなし

アリア社長のぽんぽんが目当てなような…いや、違うようで、そうでもあるような。
あの二匹は絶対に参戦以前に、あれですね。
イリヤちゃん辺りが、殴ってとめそうな気がしてならない。
考えたら、いろんな意味で負けです。
そんな感じで、あれですね。
明日も頑張ります

| 月 | 2012/06/18 09:00 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/4603-535ed300

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT