PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

はえやがった

おい


世の中、現実逃避したいことが多すぎる

まぁ、なんていうかさぁ・・・

これは、これで、仕方ないよね。

「はぁ・・・いやぁ、イリヤちゃん、人気だよね。アリア社長。」

「ぷいにゅぅ・・・」

アリア社長のテンションが低いのは、仕様です。

人間、いろいろと理由があるんです。

お腹の歯形で許してやれよ。

まぁ、それ以上に、あれなんですけどね。

ただ、どうするべきなのか。

と、考えたとき、これは、相談するしかないと思ってしまった。

そして、でも、誰に相談すればいいのかわからずに、アリア社長と現実逃避。

なんていうか、気分は・・・

始まりはZERO、終わりならZETな、気分です。

はい・・・

そのですね・・・

「イリヤちゃんって、大人びてるわね・・・」

「まぁ・・・だって・・・」

「あの両親やら、友達といえない連中がいろいろと・・・」

イリヤちゃんは、苦労性です。

ただ、そんなことはどうでも良いんですけどね。

区レアちゃんとしては、どうでも良いんです。

ただ、どうして・・・

「ぷいにゅぅ・・・・・・」

私って、この世界の人間だったのか、どうなのか。

アリア社長も、結構、驚きです。

そりゃ、そうだ。

他世界のキャラが、あれだもん。

「生えてるんだろ・・・」

ふたなってる・・・

え、マジで・・・?

これ・・・?

え・・・?

何、管理人、とち狂っちゃった?

名にやってんの?

ちょっと、何?

ふたなりって、ありえないんだけど。

本当に、何で、ふたなりって・・・

「これは、神から、ガっくんを彫れと言うお告げなのだろうか?アリア社長・・・」

「ぷ、ぷいにゅぷい・・・?ぷい!ぷいにゅ!」

「アリア社長、助けを呼んできてくれるの?」

「ぷいにゅぅ!」

って、感じでですね。

来たのが、あの人でした。

まぁ、そんなわけが無いんですけどね。

ただ、この事態、ちょっと、私としてはやばい・・・

「あー、クレアちゃん、ふたなりだったのか。」

「違います。っていうか、お姉ちゃん、どうしよう?!」

「あー、ここにいすぎたせいで、体内にたまっている魔力が暴走したのね。」

「何、その、同人的な内容・・・まぁ、とりあえず、さっきから、ギンギンで痛い・・・」

「あー・・・そっかー・・・じゃぁ、抜くか。」

「・・・同人?」

「それが、一番、手っ取り早いのよ。」

・・・明日は、18禁か、処女じゃなくて、童貞奪われるとか・・・

滅多に無い経験だ。

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 ほわい? とまず思いました(苦笑
 次に、え、まじで? と思いました(苦笑2
 まぁ、ね? クレアちゃんはそうやって生まれた子だから、問題ないかもですね~(苦笑3
 さて、本当に次回がどうなるやら(しみじみ
 そんなこんな今回もごちそうさまでした。
 それでは、今回はこれにて。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2012/05/17 00:04 | URL |

Re: タイトルなし

まぁ・・・なんていうか・・・生えました。
生えてしまいました。
クレアちゃん、あれです。明日は・・・あの、予告どおり、18禁です。
本当に、あれです。
そんな感じで、あの、明日派ですね。
エロ回です。
ぷいにゅ

| 月 | 2012/05/17 01:02 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/4537-c7d279a0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT