PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

戦姫絶唱シンフォギア #8 『陽だまりに翳りなく』

main_bg0.jpg
友達でいたいけど、友達じゃいられない~
・・・あ、嫁になりたい。
あ、そうか。
そういうことね・・・
いやいや、本音を言えばなんていうかですね。
まぁ、今まで隠し事と貸してきたがゆえに。
事情あれど、自分だけには話してほしかった。的な、感じよね。
ある種、裏切られた気分になるのもわかる。
そんな感じで、このまま、ひびみくは関係を隔たれたままに終わりを迎えてしまうのか。
そのまま死するのかー
和解した直後にお亡くなりになるのか。
どっちかな・・・
思いは伝わるのかしら・・・
伝われば良いね・・・
さぁて、クリスさんは逃げる。
とりあえず、どうなっかねぇー
クリスさんは戻るところがないから、どうなるかね。これ・・・
そんな感じで、未来さん、その日は誰もいないっていう感じで、なんていうかねぇ。
とりあえず、色々とアニメで解決させるなや。
・・・未来さん、クリスさんを保護しておりました。
どこにもいないと思ったら。
何、ここで、新しい関係・・・?
関係ができたの?
ついでに、某店主までグルになって、なんとやら。
ま、お互いに悩んで悩むってことよね。
未来と響。。。
なんていうかさ。
とりあえず、親友に励まされて、その親友がいないとだめであるということに気づくわけで。
絶唱の体にかかる負担は凄い物でございますわね。
はい・・・まぁ、なんだろう。
響さん、あんたは、早く未来さんと和解してください。
爽やかに未来さんとクリスさん。
クリスさん、あれですね。
過去に暴力を受けて、なんと言うか。
沢城さんと一緒にいたり、過去に色々とあったのはわかったけどさ。
シンフォギアの適正のために色々と実験台にされたーとか、そういう感じか。
殴られて、何とやら。
いや、どうでもいいんですけどね。
人間の理不尽に太刀打ちできない無力の自分に何とやらか。
未来さん、普通にクリスさんに、これは浮気ですかね?
それでも、友達になりたい。
っていう、未来さん。
あぁ、良い子。
爽やかに、そんな時、ノイズか。
心変わりクリス。
あぁ、町の人・・・いや、二人の心意気に触れて感激の涙だぁ・・・
そりゃ、そうか。
すでに、狙われている存在ですのね。
Bパートの戦闘シーン。
って、いうか、もう、おっさん一人でいいんじゃないかな・・・?
いや、あの戦闘力はマッジで。
まぁ、なんか、すっかり、良い子になったわね。
クリスさん。
他人のために戦うとか。
さぁて、響さん。
inビルの中の下。
あれまぁ、響さんの身体能力がすごい。
それよか、未来さんと再会して、和解?
携帯で会話とか、それよか、色々と一緒にいたいとか。
え、もう、あの、和解がプロポーズとかどんだけ。
最近の女の子同士って、仲直りするのに和解の言葉がプロポーズになるよね。
とりあえず、変身の後の戦闘シーンのあとの回想で百合百合してるwwwwwwwwwwww
まっじで、百合ってるじゃんwwww
ついでに、ピンチも救って百合ってくれたわ。
ここでも、友達(隠語)
でっすわね。
あぁ、そして、思いのたけを夕焼けの河川敷でぶつける。
ってのは、百合的にはおいしいシーンですわね。
ついでに、マウントしてるしw
とりあえず、和解!
の、後に、前以上に仲良くなりました。
喧嘩した後は、喧嘩する前より仲良くなってるのが世の常。
一緒のベッドで、一緒に寝て、そして、仲直り。
あぁ、百合ってる。
百合百合しすぎてんじゃんwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
ラグランジェにおいていかれ気味だった展開もようやく持ち直した感じ。
沢城さんも、黒幕として、遅れて登場。どうなるやら。

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/4408-5d0b3b4e

TRACKBACK

戦姫絶唱シンフォギア 第8話 「陽だまりに翳りなく」

立花は、きっと立花のまま強くなれる。 シンプル【simple】の語源は、ラテン語で「一つ」を意味する【sim】と、「倍」を意味する【plus】が合わさったもの。 単純な、装飾のない、無邪気な、お人好しの、...

| 物理的領域の因果的閉包性 | 2012/02/25 06:29 |

戦姫絶唱シンフォギア第8話感想。

即行かよ!(笑) まぁ、仲良き事は良い事なんだが(汗) 以下、ネタバレします。ご注意を。

| 戯言日記2nd | 2012/02/25 18:49 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT