PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

やれ

いやです。


「暖かいですねぇ・・・ヒメ社長~」

「にゃぁぅ。」

ふと、こうして、仕事は今日は休みなのはいいことであると同時に、なんだろう。

とりあえず、姫屋の跡取りとか、どうなっているんだろう。

と、言う疑問は覚えながらも、ぶっちゃけ、どうでも良いか。

っていう、なんか、そういうのもある。

しかし、いつもは、アリア社長にですね、ほら、あれですよ。

ストーカーやってるから、色々と悩んでしまうので。

ただ、こうして、収まってみていると、なんていうかですね。

普通に、なんていうか・・・

はい。

優雅な猫ですわね。

本当に、なんか、優雅な猫なんだけど・・・

いつもはですね・・・

「ぷ。ぷぷい・・・!?」

「にゃぁぅ。(浮気は・・・許さない・・・)」

って、感じなので、なんていうかですね。

「ほむ・・・ほ・・・む・・・」

ほむらちゃんが寝ているとか、ぶっちゃけ、あの、どうでも良いんですけどね。


いびきも、「ほむ」なんですね・・・

どうでも良いけどさ・・・

僕とクレアちゃんの娘も、スカートに頭を突っ込む女の子になるのかどうかも心配だわ。

はぁ・・・

「あ・・・」

懐かしい人が、縁側でお茶を飲んでいるわけですけどね。

「おぉ、ガっくんではないか。」

そんな感じで、あれですね。

久しぶりに、この世界の自分と一緒にいるわけですが。

彼女は、女性です。

はい。

なんか、色々と、向こうの管理人が驚いていたことに、びっくりしていたあのころ。

晃さんの娘だそうですね。

えぇ。

しかし、でも、この人は苦手だったりするわけですけどね。

「ほれほれ、ここに、座りなさいな。」

しかし、僕が女になると、こういう感じになるそうな。

いや、まじで、なんか、羨ましい。

「ところで、ガっくんや。」

「は、はい・・・」

なんだろう、この、気の抜ける小清水ボイスのニア姉さんは。

ニア姉さん・・・

って、感じで、本名は、ニアだそうです。

渾名でガザニア言うそうですよ。

フェイトさんが見たときは、驚いたそうですけどね。

まぁ、どうでも良いんですが。

「ところで・・・」

「はい・・・」

「クレアちゃんの貞操はいつ、奪うのかな?」

「・・・・・・」

だろうね。

そういう話題がくると思っていたよ。

なんていうかさぁ・・・

なんていうかですね・・・

「何で、その手の話題が・・・」

「私、ガっくんの年齢のときは、クレアに抱かれて足し。」

「・・・・・・・・・」

でしょうね。

はい。

そうでしょうよ。

えぇ・・・

そうでしょうねぇ・・・

ふん・・・

「だからね?」

「はい・・・」

「早く、やれ。」

「・・・・・・・・・・・・・・・」

でしょうね。

穏やかな笑顔で、クレアちゃんとえっちぃことをしろ。

そういう、もう一人の自分に、違和感を覚えた。

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

まぁ、ガっくんは、ヘタレさんだから、仕方がないでしょうね~(しみじみ
しかし、久しぶりに登場しましたね、ニアさん。存在そのものを忘れかけていました(汗
でも、久しぶりな登場だというのに、いうことが(苦笑
笑わせていただきました。ごちそうさまでした。
それでは、今回はこれにて。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2012/02/29 09:04 | URL |

Re: タイトルなし

まぁ、環境が違えば何とやら。って、いう表現を見事に。
そんな感じで、久しぶりに登場しました。ニア姉さん。ちゃんと、生きていたことに、自分もびっくり!
まぁ、こういう、下世話なことをいうのがニア姉さんですし・・・
とにかく、問題はないかと。
明日もがんばります。

| 月 | 2012/02/29 19:54 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/4357-44bacc87

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT