PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

やっぱり、アリア社長

です。


最近、あれですよね。

おそらく、これを書いている管理人はあれですよ。

アリア社長の動画を見て、はまっているような感じですよ。

そりゃぁ、なんていうか。

「ぷいぷいにゅ~」

って、感じで、はまってるかんなぁ・・・

ぶっちゃけ、アリア社長にはまりすぎてて、あれです。

管理人、最近、ググるとアリア社長から検索するほど、あれだもんね。見たいな感じで。

「ぷぅい?」

アリアが中心の話が、多い気がします。

まぁ、良いんだけどさ。










見事に、アリアだわぁ・・・

って、感じで。

そして、母は・・・














「はぁ・・・・・・」

「ぷいにゅぅ。」

当然のごとく、はまるんですけどね。

「アイリス・・・そろそろ、僕にも・・・」

「え?」

「いや、僕にも・・・」

「いや、ぜんぜん、聞こえない。」

親父は、もちもちぽんぽんに、触らせてもらえないのが、デフォです。

まぁ、どうでも良いんですけどね。

うちの両親のことなんか。















「もちもちぽんぽん~」

「にゅぃぷぅい♪」

そのふっくらとした触り心地の良さそうな腹。

大体、皆が、触りたくなるよね。

その、もちもちぽんぽんにはさ。

全体的に、アリアが可愛いですから、なんていうかですね。

「ぷい、ぷいにゅ。」

もちもちぽんぽんに、触りました。母は、はまりました。

「って、ことが、よくあると思うのです。」

「まぁ、アリア社長のもちもちぽんぽんは、凄いからね・・・」

「ですよね・・・」

などと、イリヤちゃんとしては、この感覚も好きです。

「ぷい。」

「そういえば、最近、増えたんだよね。」

「へ?」

「アリア社長と一緒に回りたい。って、お客さんが。」

「ぷぅいにゅぅ・・・」

それは、

「当然か・・・」

「まぁ、接客技術はすべてのウンディーネの会社の社長の中で一番らしいよ。」

「その他、見た目とか、なんだろう。その他もろもろ?」

「あぁー、そうね・・・アリア社長、凄いわ。」

「ぷ、ぷいにゅい♪」

照れてるアリアは当然のごとく、可愛いわけで。

「凄いわね・・・アリア社長。」

「今になっては、アリアがいないと、だめだよね。」

「ぷ、ぷいぷいにゅぅ♪」

いやぁ、恥ずかしがってたアリアを撫でていたわけですが・・・

まぁ、可愛かったですよ。

あー、明日もがんばろう。

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 アリア社長押しなお話でしたね~。
 まぁ、それも当然ですな(しみじみ
 それにしても、アイリスさんと切嗣さんといい。アリア社長に心を奪われる方の多いこと。
 これはこれで、ある意味天然タラシな気もしなくはなってきました。
 まぁ、アリア社長にはそういう気は一切ないんでしょうが(笑
 今回もごちそうさまでした。
 それでは、今回はこれにて。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2012/02/28 06:25 | URL |

Re: タイトルなし

アリア社長、LOVEな感じで、皆が皆大好きですからね。
可愛いですからねぇ・・・やっぱり、犯罪級とでも言いましょうか。
皆が皆、魅了されてしまうと。
確かに、アリア社長には天然タラシ的な要素を含んでいるような気がします。
本人に、その気が無くても・・・
そんな感じで。
明日もがんばります。

| 月 | 2012/02/28 19:58 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/4356-5c5ed0b0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT