PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

忍者戦隊カクレンジャー&電磁戦隊メガレンジャー全話視聴完了


そんな感じで、今日は夏目は飛ばすかも・・・その代りに,これです。あの、東映youtubeにて配信されていたメガレンジャーとカクレンジャーが無事、最終回まで放映し終わって、全話見終わりました~
いやあ、やっぱり、色褪せることの無い面白さですね。
メガレンジャーはリアル含めて二回目。
カクレンジャーは・・・なんと、今回で、10回目っていうwww
まぁ、それ、大好きな戦隊だったので、なんていうか、やっぱり、シーンとかいろいろと覚えているんだけど、すごい面白いんですよ。
OPがまず、かっこいいんだよね。これ・・・
あの、三味線の独創といいねwww
そして、話も良い感じのテンポで気づいたら、終わってた。
あぁ、楽しいなぁーって、思えるような構成で素敵。
そして、多くの僕と同じ世代の子供は、これを見て、忍者に憧れたよねぇーって、懐かしむのですよwww
また、独特の忍者アクションが素敵ですwww
まさに、海外の人が、忍者を誤解するかのような感じのwww
ねぇ、そのくらい、凄かったもん。
僕としては、サスケが火炎将軍剣を振るう話が、凄い好きでかっこよかったんですけどねwww
そして、アメコミちっくな効果音文字が出るっていうwwwあの、ユニークな演出が、僕は、大好きでして、あぁ、やっぱり、これだよ!
っていう、ついでに、サスケがイケメンすぎて,うぉぉぉぉぉ!!!!!!
って、なるっていうねwww
さらに、ジライヤ、セイカイ、サイゾウ、そして、鶴姫・・・
ケインのジライヤがピンチに陥ったら、絶対に、ウルトラマンパワードになる!って、言ってたもんwww昔wwwあぁ、これ、中の人ネタですwww
ふふふwww
なんか、懐かしいね。
この、5人が織り成すポップなドラマ、さらに、青春激闘編へと変わっていくための、個々のドラマがまた、奥深い。うぅん、いろいろと書きたいことがあるんだけど、やっぱり、面白いの一言に尽きるんだよねぇ・・・
百地 三太夫の死や、三遊亭圓丈の講釈から始まる話・・・どれも、懐かしくて面白いなぁ・・・そして、童心に返れるんだよね。
あぁ、懐かしい。そして、面白い。って、感じで。
いろいろと豪華だったりと、遠藤憲一さんも出ていますよ。
ガシャドクロ役でwww
たいてい、ヒーローごっこすると、すべての色が埋まっちゃうので、僕は、最終手段でジェットマンのウラックコンドルをやってましたw
逆に、ブラックコンドルじゃなきゃ、入れてやら無いよ!って、こともあったりwww
と、昔話も良いけどですね。
やっぱね、今の特撮じゃないドラマよりも当然のごとく、素敵な話が多いですね。
ゴーカイでは嬉しくも、ラストの単独レジェンド回ということで、ニンジャマンと鶴姫が一瞬だけ、出てきたことに、僕は嬉しかったなぁ。
このエキストラのバイトが会社のほうで募集して、募集したのですが、落ちましたwww
あぁ、出たかった・・・
僕なりの、戦隊ヒーローへの恩返しがしたかったのになwと、思いつつ、まぁ、残念でございました。
さて、ラストは妖怪を封印する。
っていうね、まぁ、これも、よくできてますよ。
あの、スイプリのノイズのような感じで、人の負の思念そのものなんですよねぇ。正体と力の源が人間の憎しみだった!って言う、これは、また、現代社会に警鐘を鳴らす作品だったのではなかろうか?なんて、思いました。
それを切ってしまえば、封印してきた妖怪たちが、また、復活してしまうって言う。
うぅん、昔は、かっこよさ見てたけど、二回目から見直すと、こういう部分が隠されているんだなぁ・・・って、ちょっと、感動したりとね。
そして、最後の最終回で、あぁ、終わっちゃったなぁ・・・って、気分になる。
素敵でしたねぇ・・・
楽しかったし・・・すばらしかったですよ。
ありがとうございました。
メガレンジャーも負けてないくらいに、面白い。
特撮って、昔見た戦隊ヒーローが今見ても、こんなに面白い!って、凄いことですよね。これ・・・
そしてぇーなんていうか。
メガレンジャーは青春だなぁ。っていう、感じで。
二度目の高校生スーパー戦隊です。
これは、主題歌が爽やか過ぎて、かなり、好きな歌でございます。
歴代の歌の中でも、これほど、歌っていて、気持ちのいいものは無いのではなかろうかと思うくらいに、好きなんだよね。
いや、馬路で・・・
内容も・・・
リアルかつダイナミックな特撮場面が増えたり。
ロボットの強化形態のための話が丹念に練りこまれているなぁ。
って言う、そのドラマ性にハラハラさせられたあのころを思い出します。
インターネットや携帯電話、パソコン、衛星放送・・・今では当たり前のことが普通に取り上げられてて、さらに、人間の科学技術への警鐘も入れてると思います。
Dr.ヒネラーの話は,なんていうかなぁ・・・ある種、科学者の狂気と人間のなんていうかですね、醜さが見えるって言うか、そういう、科学への警鐘が考えさせられるんだよね。
敵幹部のことが、子供達と呼んでなんていうかなぁ・・・愛情を注いでる姿を見ていると、まだ、人間としての情が残っているような気がして、悲しいのさ・・・
ユガンデやシボレナと接するときは本当に父親のような、ね
彼に起こった不幸が、あんなことになってしまったとは。
そして、悲しい戦いを引き起こしてしまうって言うね。
久保田博士のなんていうかさ・・・
安じていても、安じていても、結局は憎まれていただけ。って言う、なんだろうなぁ・・・
そして、何気に、本格的に敵の戦隊であるネジレンジャーの誕生・・・こいつら、かっこいいと思ったけど、初見は普通に怖かったです・・・
追加戦士のメガシルバーは制限時間があったりとね。
その演出が憎たらしいくらいに好きだwww
初期は2分30秒しか変身できなかったーって言うね。
五人の物語としても良い感じで、青春していた利するので、ぶつかり合ったりとですね、五人中心の中で、さらに、最終回間際でメガレンジャーだと正体がばれて、身近な人にばれて、攻め立てられるを受けたりするシーンもあったりと。そのシーンはショックだったね。
子供のころに見たときは・・・
それでも、責めずに応援する人がいる。っていう、シーンにはあざといと思いながらも、泣いて感動してしまう・・・
そのラストも、Dr.ヒネラーの恨みがこもっているんだよねぇ・・・
ただ、それでも、平和のために戦うメガレンジャーに感動した。
あぁ、なんか、懐かしい・・・
実に楽しかったなぁ。
と、そんな感じで、見直して、非常に楽しかったです。
今は、タイム、ジェット、ギンガを見ています。こちらも、凄い面白いですねぇ・・・やっぱ、特撮って良いなぁ。また、今度見よう♪

| 特撮感想 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

You Tubeでの配信は良いですね。私は超新星フラッシュマンを全話見ましたが、こちらもなかなか面白かったですね。そういえばこちらもネフェルがケフレンを父のように慕っていましたね。

カクレンジャーとメガレンジャーはリアルタイムで見ていましたが、両方とも面白かったですね。カクレンジャーは和風な忍者をポップな感じに仕上げてすごく親しみがありまいたし、メガレンジャーは当時ウィンドウズ95が流行ってパソコンに興味があったりしたのですごくはまりましたね。

| 第4のペロリンガ | 2012/02/01 21:33 | URL |

Re: タイトルなし

フラッシュマン、見ようかなーとか、思ってたんですが・・・結局、見なくなって、後悔している私がここにいます・・・結構、好きなんですよねぇ・・・あれ。あぁ・・・主題歌とかかっこいいですし。すっごい、後悔の嵐ですよ・・・今。

カクレンジャーは10回目、メガレンは2回目ですね~どっちも、大好きですし、見直して素敵だと思いました。
カクレンジャーを見て忍者にあこがれ・・・
メガレンジャーでああいう青春を送りたいと思ったりと。
大好きでした。

| 月 | 2012/02/01 23:55 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/4343-98505c24

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT