PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

昼下がりのアイリさん

うー


「アイリさぁん!」

煩いですわね・・・

「アマラ王国のために~」

あぁ、思い出してきますわ・・・

あの人のところに行ったとき、ろくな目にあいませんでしたわね。

「アマラ王国・・・うぅー・・・」

メナスの独裁のせいで、色々と潰れて反乱が起きて。

あぁ、思い出しましたわ~

全部、メナスのせいですわね。

まぁ、ここはどうでもいいのですが。

ん名、感じで、沼地の魔女に呼び出されてきて見れば、このざまだよ。

って、言う。

「うー・・・すぴー・・・」

それにしても、昔は敵だったレイナやエリナとは従姉妹関係とは、驚きですわ。

「あ、クローデットもいましたわね。」



「ヴぇっくしゅ・・・」



「うぅー・・・」

まぁ、どうでも良いんですが。

このメイド服は趣味ですわよ~

色々とありますわね~

「すぴー・・・うー・・・」

あぁ、今日も寝て午前中を過ごしますわよ・・・

アイリとしてはまぁ、この人生も悪くは無いのですが。












「皆~起きて~お昼ごはんだよ~」

って、感じで、赤ん坊は食べるのと遊ぶのと、寝るのが仕事らしいですけど。

私の場合はそこまで、眠いと言う感覚は無く、まぁ・・・

「けぷ・・・」

美味しいです。

それと同時に、外で遊びたいわけで。

「今日も遊ぶかい??」

「アルフー」

「よ。」

喋る犬がアリアがいないときは、遊び相手になってくれるので、結構、あれです。

まぁ、とりあえず、アルフのことは、今はどうでも良いので、とりあえず、あれです。

101匹ほど、子供を産んだのは伝説です。

「う・・・!」

「どうしたのー?アイリ。」

「撫子、見るの・・・忘れてた・・・」

「何を?」

「輪廻のラグランジェ・・・!」

「あ、まだ、今週の見てなかったんだ・・・」

「ラグランジェー」

って、ことで。










30分後・・・










「う。」

「満足した?アイリ。」

「うー♪」

おそらく、これを書いているときには、6話くらいが終了しているはず。

「アイリー、撫子ー、遊びに来たぞー」

「ありゅりゅー!」

お昼を食べて、ラグランジェを見た後は、アルフと遊んであげるのです。

「んでー、今日は何する?」

「適当に、いつもの。」

「あいよー」

って、感じで、あれです。

こっからは、いつも通りな感じで、アルフや皆と遊んでいるわけです。

これも、ウンディーネを始めたら、できなくなるから、今のうちに楽しんでおきましょ・・・

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 午前中もあれば、昼下がりもありますよね~。
 しかし、相変らずほのぼのというか、のんびりしていますよね~。
 昼下がりってこういう感じだったなぁ~といまふと思い出しました。
 なんかしんみりしてきたので、今日はこの辺で。
 今回もごちそうさまでした。
 それでは、また。

| 魔ぎゅなむ | 2012/02/18 06:30 | URL |

Re: タイトルなし

そんな感じで、お昼も遊ぶのが仕事のアイリちゃんたちなわけですが。
ここまで、のんびりを楽しんでですね、後に良い思い出にするという感じで。
昼下がりはこうして、何とやら。って、いう感じでですね。
ずずーっと、して、楽しんでいるようですし、懐かしいですわ。
明日のがんばります。

| 月 | 2012/02/18 12:35 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/4331-e5220069

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT