PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

お前ら

うぜぇ。


「そいじゃぁ、寝るかぁ。」

「ぷいにゅぅ~」

って、感じで、アリア社長を横に置けば、当然のごとくですね。

ベビーたちがやってきたりするのですけどね。

「まどかちゃん。」

「ほむ♪」

あ、ほむらちゃんも、そこにいるんですか。

「はやくねよーぜー!」

あ、杏子ちゃんもいるのか。

まぁ、杏子ちゃんのこと、好きだから良いんですけどね。

「ぷいにゃぁ♪」

「アリアの横、もらった!」

「ぷいにゅぅ、ぷい♪」

って、感じで、ええなぁ・・・

杏子ちゃん、肉球でおでこにぽん・・・

って、羨ましい。

あ、とられた・・・

でも、良いか。

だって、杏子ちゃん、意外と可愛いということを最近、知った。

赤毛に猫っぽい顔と言い、なんていうか、すごい可愛いですよ。

まぁ、これは、良いんですけど、今日は客人がいたりしますからねぇ。

なんか、色々と、あの二人のことはだるいです。











早く、帰って欲しい。











などと、思う夜。

まぁ、寝るか。

「まどかちゃん、暖かいねぇ・・・」

「えへへー・・・」

あぁ、なんか、響と奏がいることすら忘れてしまうくらい、今、私、幸せだわ。

うぅん・・・

「だ、だめだよぉ・・・奏、アコ、な、なに・・・」

あ、聞こえてきたわ・・・

「だぁめ・・・」

「響のここ、すっごい、濡れてる・・・」

「なぁに?私とアコにされることを期待してたの?」

「そ、そんなこと、してないよぉ・・・」

ここは、音声だけで、お楽しみください。

って言うか、ぶっちゃけ、止めたいです。

止めたいですけどね。

まどかちゃんたちを起こすことが辛い・・・

嫌、マジで・・・

本当に辛い。

「あぁ・・・響の乳首、硬くなってきた・・・」

「ばかぁ・・・そんな、アコも一緒に攻めないで・・・」

「やぁだ。」

「やだって・・・」

「んー!」

なんだかんだで、これ、あれよ。

とりあえず、どうでもいい話、なんていうかですね・・・

あの、なんていうか、とりあえず、なんていえばいいのかしら。

いつまで、こいつら、発情してるんだろ?

人の家なのに。

まぁ、ガっくんは発情しなさすぎだけどさ。

健全にもほどがあるとは思うけどさ。

「あぁん・・・響ぃ・・・」

「私もぉ。」

「二人とも、お返しだよ。」だからさぁ・・・あのね?

「響ばっかに、いいようにしてあげないんだからぁ!」

いい加減にして欲しいんですけどね・・・

とは、言っても聞いてくれないんだろうなぁ・・・

「あぁん・・・」

やっべ。

なんか、むらむらとむかむかが一緒に襲ってきたわ・・・

「アコ、9歳なのに・・・」

「いいのぉ・・・響のお嫁さんになるんだからぁ・・・!」

9歳児とセックスとか・・・

いや、マジで、だからさぁ・・・

前にも言ったけど・・・

「私らの前でセックスすんなぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!お前らはうちの両親かぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!」

大体ね・・・

「杏子ちゃんや、まどかちゃん、ほむらちゃんにマミちゃんに、色々といるのに、あんたたちは、どうして,そう、うちの親父みたいにデリカシーの無い・・・」

「だって、愛してるから仕方ない!」

こいつら、潔すぎでした・・・

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 愛ゆえの暴走ってところですか。
 それにしても、クレアちゃんは、本当に苦労人だなぁ~(汗
 寝むる時でさえも苦労するというのが、哀れですな(しみじみ
 まぁ、今回は、しかたがないでしょうけどね(苦笑
 そんなところで今回もごちそうさまでした。
 それでは、今回はこれにて。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2012/01/31 06:28 | URL |

Re: タイトルなし

愛ゆえにイチャイチャーって、感じですわね。
そんな感じで、クレアちゃんは毎回、プリキュアが来ると大変って言う感じで。
まぁ、そんなバカ夫婦の仲良くなってしまったが故の。って言う。
愛しているからこそ・・・って、言う感じで。
とりあえず、あれです。
明日も頑張ります。

| 月 | 2012/01/31 15:57 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/4293-dff3a568

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT