PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あたまいたいばかふうふ

夫婦


「やっほー、アイリー、撫子ー、クレアー」

着やがった、あいつら。

「お前らは、随分と、いちゃついてるわね・・・」

「夫婦愛かな!」

「やだ、貴女///」

うん・・・

なんだろう・・・

プリキュアやってると、夫婦愛的なものが目覚めるようですね。

なんか、前にも似たようなことを言った気がする。

いや、マジで・・・

本当に、なんていうかですね。

って、いう感じで・・・

別に、来なくても良いのにさぁ。

なんていうかですね。

「ぷいにゅ~♪」

「アリア、久しぶりだにゃぁ♪」

「ぷい!」

アリア社長とハミィと言うことで・・・

ついでに、後、一つ・・・

なんていうか、この面子は・・・

「おー、響ちゃんに、奏ちゃんたち、いらっしゃい。」

「こんにちはー。ヴィヴィオさん。」

んな感じで、やってきたのは・・・

あの・・・

なんていうか・・

プリキュア史上、最大の百合ップルと目される、響さんと奏さんじゃねーか。

この野郎。

何て感じで、

「何しにきやがった・・・」

「遊びに来たよ!」

「エー・・・」

「何、その、歓迎しない声は。」

「だって、あんたたち、いちゃつくじゃん・・・3Pじゃん!アコと一緒に、3Pするじゃん!」

って言うか、そういえば、スイートプリキュア、最終回でしたね。

「いやぁ、オールスターズ以降、戦うこともなかったね。」

「そりゃ、あたしは、本来、プリキュアの世界の住人じゃないからねー」

などと、考えてみれば、あのころは、総勢数十人のプリキュアでがんばったものです。

ここで、頑張っても、元の世界では公式化されませんがねぇ・・・

何て、思ったり。

「ぷいぷいにゅ。」

「ともあれ、まぁ、3人・・・?あれ?セイレーンは?」

「あぁ、セイレーンは・・・」

「ハミィと結婚したにゃ♪」

「おぉー・・・」

獣百合・・・

「ハミィはセイレーンのことが大好きにゃぁ」

「そ、そうっすか・・・」

「セイレーンとハミィは一緒のベッドでにゃんにゃんしてるニャ。」

「もう、ハミィったらぁ・・・」

「セイレーン・・・」

・・・女児向けアニメのマスコットが、それを言うか?

まぁ、とりあえず、そこにいる獣ニ匹は・・・

発情しておけ。

などと、思いながら、

「響と奏も結婚すんでしょ?」

「それは、もう・・・///」

「だって、私と奏は愛し合ってるし、当然だよ?」

ですよねー

って、感じで、

「今日、泊まりますので。」

「え・・・?ギャグ・・・?」

「いや、マジ。マジも、大マジだよ。」

ちょっと、勘弁してくださいよぉ・・・

この3人と、泊まるとさぁ・・・

夜中、煩いんだもん・・・

「とりあえず、クレアちゃん・・・案内してあげたら?」

「う?」

「って、言うか、この、桃色の髪の娘、誰?」

「あぁ、まどかちゃん。お世話になってる、灯里ママさんと、アリシアママさんの9番目の娘さん。」

「9・・・?」

「うん。」

「凄いなぁ・・私も、奏とそれくらいの・・・」

「もう、響ったらぁ・・・」

この後、殴りたいくらい、いちゃついたので、流石にむかつきました。

うわ、こいつら・・・

うぜぇ・・・・・・

大体、これも、ガっくんがへたれだからいけないんだよね。

ガっくんも、私の貞操くらい、奪っても良いのにさぁ・・・

などと、目の前のバカ夫婦に目をやりながら・・・

ガっくんのへたれぶりを思い出し、昆布を食った。

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

なぜ、昆布を(汗
それだけ、腹立たしいというか、羨ましいんでしょうね(しみじみ
まあ、ガっくんは、ヘタレさんだからなぁ~。
さてさて、クレアちゃんの悩みはいつ終わることやら。
今回もごちそうさまでした。
それでは、今回はこれにて。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2012/01/29 07:11 | URL |

Re: タイトルなし

昆布が、そこにあったからのような。
そんな感じで、まぁ、ものすごく腹立たしかったんでしょうねぇ。
そんだけ、なんていうか、必要というかなんていうか。
ヘタレにもほどがある、彼氏に問題があるような。
この悩みは、後、7年後くらいに何とかなりそうな気がしないでもないです。
そんな感じで、明日もがんばります。

| 月 | 2012/01/29 08:26 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/4289-b2a31eb6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT