PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

胸と精気とクレアさん。

あぁー


「まどかちゃんに呼ばれているような気がする・・・」

「気のせいだって・・・クレアちゃん・・・」

「行って来る・・・」

「行っても、吸われるだけだよ?精気。」

「う・・・」

とりあえず、そういう関係。












「アイリお姉ちゃんも、マミお姉ちゃんも、杏子ちゃんもさ・・・おっきいよね・・・」

「どうしましたの?まどか。」

突然、まどかが、そんなことを言い始めました。

まぁ、特に、思うことも無いであろう。

何て、思うわけですが。

まどかにとっては、どこか、深刻な様子で・・・

顔を見るからにして、それは、危険であるとわかります。

「ぷい?」

「アリア社長も大きい・・・」

「まどか?」

「何で、アイリお姉ちゃんや、マミおねえちゃん、杏子お姉ちゃんもおっぱいが、大きいの!」

「エ・・・?」

「ぷいにゅぅ・・・・・・」

「うぅ・・・私のは、まだ、こんななのに・・・」

ま、まどかも、女の子ですわね・・・

女の子は、やっぱり、胸の大きさとか気にしてしまうものなのかしら・・・?

「まどか、そんなに、気にしてはいけませんわ。」

「気にするよー!アイリお姉ちゃんや、撫子お姉ちゃんだって、すっごい、バインバインなんだよ・・・?」

そんな、そんな、上目遣いで見られても・・・

「アイリお姉ちゃん・・・」

「何をしてますの!?まどか!?」

まどか、ちょっと?

「ずるいなぁ・・・この胸・・・」

「ずるく・・・ありませんわよ・・・」

「ママも、おっきぃのに・・・なんていうか・・・なんで、私は・・・」

「まどか!いつまで、揉んで、あぁん、もう、顔を埋めないで・・・」

「うぅ・・・ずるいなぁ・・・お姉ちゃんのおっぱい・・・」

まどかの、執拗なまでの乳攻めに、ちょっと、戸惑うわけですが・・・

「レイナお姉ちゃんも、エリナおねえちゃんも、おっきぃのにさぁ・・・あぁ、アイリお姉ちゃんの張りがあって、良い形してるなぁ・・・」

「ほ、ほむらに揉んでもらったら、如何かしら?」

「ほむらちゃん、胸だけもまないもん・・・」

色々と、あるようですわね・・・

「あぁ・・・ずるいなぁ・・・」

「ま、まどか!?」

「まどか、いつまで揉んでいますの・・・?」

「もうちょっと・・・・・・」











二時間後・・・

「まどか・・・?」

「ぷいにゅ・・・もうちょっと・・・・・・」

「まどかちゃん、呼んだかな?!クレアお姉ちゃんが揉んであげ・・・・・・」

「あぁ、クレアさまは、去ってくださいませ~」

と、ちょっと、消えていただきましょう。

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

やはり、手厳しいですね~(苦笑
しかし、まどかさんも女の子だから、そういうことが気になるお年頃なんでしょうね~(しみじみ
個人的には、気にする必要はない気もするんでけどね。
そして、クレアちゃんは哀れ。様式美ですね。ある意味。
今回もごちそうさまでした。
それでは、今回はこれにて。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2012/01/22 02:44 | URL |

Re: タイトルなし

周りに多いですからね。そういうのが・・・
やたら、胸がおっきいのが、多いのに、自分はなぜこうも・・・って言う、部分が結構あるような、ないような。
やっぱり、血縁関係とかそういうのを疑ってしまうのかもしれません。
クレアちゃんは。。。いつもどおりで。
そんな感じで、あれです。
明日もがんばります。

| 月 | 2012/01/22 09:33 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/4272-084ca945

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT