PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ぐち

は聞くのは好き


「いや、セラさん・・・ちょっと・・・」

「このまま、家政婦ネタは貴方に奪われるわけには行きません。」

「リズはティーダのご飯食べたい。」

「いいぇ、しかし、今日は、アイリスフィール様がこちらに泊まるので、今日は、私が・・・!家政婦ねたを・・・!」

「料理ネタは俺が定番ですから!!」

「ほう、それは、神が決めたことと言うのですか?!」

「そうだよ!!この世界の神様が!!」

「この世界の神とは、百合が好きで、おそらく、これを書いているときはウテナのOPを聞いている彼で、よろしいですか!?」

このまま、料理ネタ係が取られるようなことがあってはならない。

ましてや、俺、料理がなかったら、何だよ!?

「そうだよ!!!」












って、ことで・・・

「アホビッチ!」

「だからぁ!アホって言うなぁ!」

今日の収穫はアリアの釣って来た、この天使ってところかしら?

まぁ、それにしても、ずいぶんとアレだけどね。

「あら、この羽の生えた生き物・・・」

「っていうか、ママは何で、ここにいるの・・・?」

「だってぇー、切嗣と士郎も、お仕事で海外に行っちゃったし、一人じゃつまんないから。」

「うぅー・・・」

「それに、料理も美味しいし!」

「って、早速、あたしは無視!?」

「無視って言うか・・・」

「あいてにしたくない・・・」

「なんですとぉ!?この、冥土の・・・・・・」

「天使さん、うちの娘をバカにすると・・・刃が飛びますが?」

「すいませんでしたー!!!!!!!!」

なんていうか、ティアさん?

の、娘を思う気持ちが凄い怖いです。

そして、今日は、セラがティーダさんと喧嘩している以前に、

「ママは本当に泊まるの?」

「だって、イリヤもこっちに泊まるんでしょ!?」

「ま、まぁ・・・」

「一人ぼっちはさびしいもんな!」

あ、杏子ちゃんだ・・・

「そうよねぇ。一人ぼっちはさびしいのよ~」

などと、杏子ちゃんを抱き上げ、頬ずりする意味は何だろう。

解ってくれたのが、うれしいのだろうか?

「なのに、切嗣ったら、士郎と一緒になるとニマニマして、勝手にどっか・・・」











この後、ママの愚痴は二時間超続いた。

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 ああ、いろいろとうっぷんがたまっているんですね、アイリスさんも(しみじみ
 まぁ、わからなくはないけど(苦笑
 しかし、アホt、もとい、ナナエルさんはまだ登場しているんですね。
 でも、次回頃には忘れられていそうな気もしなくはない。
 うん、ガンバレ、ナナエルさん。
 今回もごちそうさまでした。
 それでは、これからも頑張ってください。応援しています。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2011/10/27 00:04 | URL |

Re: タイトルなし

そりゃ、色々とアイリスさんも、溜まる物はたまります・・・故に、愚痴るって言う感じで。
仕事、忙しいですしね・・・
ナナエルさん、そろそろ、フェードアウトして言って気づけば、登場しているような扱いです。
でも、次回、本当に・・・
でも、そろそろ、懐かしい人が降臨するような感じがします。
ナナエルさん、出ても、アレなので・・・
駄目だと思いますよ。。。
そんな感じで、がんばります。

| 月 | 2011/10/27 00:15 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/4086-ac998b40

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT