PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

私の中のアイリ様

良い思い出が無い。


「うー!」

彼女の可愛さは小悪魔ー

とか、良く言われていますが。

私にとっては彼女は小悪魔と言うより、悪魔です。

「はぅ。」

可愛い外見とは裏腹に悪魔ですよ。

悪魔全開ですよ。

何処が、悪魔って精気吸収とか、色々とですね。

アレで、我が家がどんだけ、危機的状況に陥ったかって言うとですね。

あの、3回くらい、衰弱死しそうなほどに死にかけたことがあります。

「こ、これは・・・」

「このプレッシャーは・・・」

「うー♪」

アイリちゃん、突然来てはアレですよ。

アイリちゃん、精気をすうって言う、ありえないパターンを繰り返してですね。

もう、酷いですよー・・・

大体、男の精気は嫌いとか言っておきながら、ガっくんのとか、邪魔とあれば、絶対に吸うって言うね。

容赦なく、吸うわけですからね。

極上に不味いわけではなく、女性の精気よりは劣る味だそうでございます。

ま、ガっくんの場合は10円ガムの味だそうですね。

10円ガムって、何か、微妙だな・・・




「10円ガムだって・・・」

「何か、言われたときは微妙だったわ・・・」




んでですね。

お父さんは何か、凄い、アレの味だったそうですよ。

ちょっと、脂っこい松坂牛的な。

お肉的なものを感じたようでござんす。

「欲望的な部分かな・・・?アイリちゃん・・・」

「う?」

「あ、聞いてない・・・」

お母さんもなんか、高級ホルスタイン的な肉の味がするそうです。

精気。

んで、私やシンシアはデザート的な、そういう味だそうですね。

まぁ、なんでしょう。

パフェ的な味で、お父さんとお母さんを食ったら、アレですよ。

「うー♪」

デザート的に最高のアレだそうです。

だから、吸うなよ・・・

精気を。

「う?」

「あ、聞いてない・・・」

聞いてないって言うか、どうと言うかで。

こいつは・・・

「ぷい?」

「なんかね。アイリちゃんの思い出を思い出していたわけでございます。」

「ぷいぷいにゅぅ。」

アリア社長は、アイリちゃんのですね。

思い出は、大して良い思い出があるような感じがしてですね。

「流石は、アリア社長です。」

「ぷいぷいにゅ♪」

アリア社長曰く、アイリちゃんは良い子なんだそうですけどね。

何処が、良い子なのか良く解りませんけどね。

アイリちゃんって言うと、まともな思い出が無いクレアちゃんです。

本当にまともな思い出なんか、存在しているくらい、大した思い出が無い感じですよ。

文脈が、何か、もう、ほら、アレですよ。

崩れてきているのは、

「ぷい?」

アリア社長が羨ましいからです。

うん。

多分・・・

世の中、アイリちゃんの存在感がコンだけで、凄いことになっているような感じがします。

ミッドチルダじゃ夏の怪奇現象として扱われてます。

アイリちゃん関連に関しては。

「うー・・・」

ほら、私を見るとき、確実に格下って言うか、餌を見るときのような目をしてですね。

私を人間として見ちゃいないかのごとく。

そんな感じで、アイリちゃんは可愛いんですけどね。

可愛いんですけどね。

怖いんですよ。

此れ、もう、悪魔の領域ですよ。

あの、ほら、精気吸収とか故にほら、ホラー的な能力とか、もう、勘弁してほしい感じで。

「くりゃー」

「くりゃーじゃない・・・」

と、言うことで、アレですよ。

クレアちゃんですよ。

クレアお姉ちゃんは、ちゃんと、

「クレアおねーちゃーん。」

って、呼ぶのに・・・

その理由はなんだ。

この理由は、なんなんだ・・・

「餌見てる目だよね・・・僕達を見ているときは・・・」

「うん・・・」

「ぷい?」

なんていうかですね。

もう、ほら、アレですよ・・・

彼女の存在が悪魔になっているような感じで。

「アリアしゃちょう♪」

「ぷいにゃ♪」

何れ、アイリちゃんは色違いVerの、黒いレオタード来て背中と頭に蝙蝠の羽がつくような、ヴァンパイアになるのではなかろうかと思ったとき・・・

「え・・・?」

「うー♪」

「アイリ可愛い♪」

と、言うことで・・・

既にティア姉さんがコスプレさせてた・・・

いやいやいや・・・

なんか、凄かった。

オーラ的なものが。

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 ESA(餌)ですか(遠い目
 まぁ、精気吸う子にとっちゃ餌でしょうね(しみじみ
 多少は人間扱いしてくれって感じでしょうね、クレアちゃんたちにとっては。
 まぁ、無理かもしれませんけど(苦笑
 人間扱いしてくれるようになるのは、大きくなってからでしょうね。
 今回もごちそうさまでした。
 それでは、これからも頑張ってください。応援しています。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2011/09/26 00:05 | URL |

Re: タイトルなし

ESAとして見ている様な感じで、幼児の危険性は怖いものです。
いやぁ、何か、もう、本人的に悪気が無いにしても・・・
人間扱いは・・・かなり、先というか、どうというか。
そもそも、成長しても、彼女は、人間と見てくれるのかって言う、次元からはじめないと、アイリは難しいような・・・
なんセ、好きな人以外は餌としか・・・あれ?
でも・・・いや、なんでもないです。
そんな感じで、明日も頑張ります。

| 月 | 2011/09/26 00:23 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/4012-f62706d6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT