PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

甘えたい盛り

です。


「ペルソナ・・・か・・・」

「まぁ、出せないものは出せないんだから。」

出すと疲れるらしいです。

ペルソナ。

何か、そんな感じで、特に何かあるわけでもなく。

ペルソナに関しては色々と難しいような感じがします。

管理人は、”剛毅"のペルソナとか、良く言っていましたけどね。

管理人曰く、剛毅のペルソナと言うのは、あれな感じですけどね。

ヴァルキリー

ラクシャーサ

ティターン

ジコクテン

ハヌマーン

ナラシンハ

カーリー

ジークフリード・・・

的な感じのペルソナになるのではなかろうかと言うね。

ただ、剛毅のペルソナは初期じゃアレですよ。

レベルが低いって言う感じでですね。

まぁ、そんな感じで、勇気とか色々と司るようなアルカナだそうですよ。

はい・・・

まぁ、そんな感じで、なんだろう・・・

とりあえず、今は、目の前にいる公子ちゃんのペルソナをどうにかしなきゃいけない状況で、さっきから逃げてます。

もとより、クレアちゃんがガっくん強化計画と言われてしまうかのごとく。

っていうかさぁ・・・・!

「勝てるわきゃねーだろぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!!!!」

無理・・・!

無理無理!!

無理無理無理!!!!!!












「あらあら、ガっくんも大変ね~」

「アリシア、そう言いながら、楽しんでみてるでしょ~?」

「だって、灯里が辛い思いをするわけでは無いから。」

「もう、アリシアったら~」

ママたちは、相変わらずです。

そんな中に、

「お姉ちゃんは、まだ、ママ達に甘えん坊ですか・・・」

全くヴィヴィオお姉ちゃんは、ママたちの両太ももを占領して、子供モード全開です。

「ふにゃぁぅ」

「クレアもしてほしいんじゃないの~?」

「な、何を言ってるのさ!お姉ちゃん!」

「だって、凄い、物欲しげな顔してたし。」

「あらあら、クレアも来て良いんだよ~?」

うぅ・・・

灯里ママに、そういう顔でみらると弱い。

無邪気な笑顔と言うのは弱いものです。

お姉ちゃんは無邪気を通り越したバカです。

んで、そういう問題じゃなくて、

「行って良いの・・・?」

「うん。」

ニコニコしている、その表情に正直、弱いというか、何と言うか。

ガっくんの訓練付けとか、そんなのを気にしないで、こうして遊んでいる自分がいたりするわけで。

なんていうかさぁ・・・

「甘えたい・・・」

灯里ママの何かにやられたような感じがしてしまったわけで。

「たまには・・・いいよね・・・?」

灯里ママの太ももで甘えるわけで。

なんか、凄い、気持ちいい・・・

いや知って言うか、ずっと、此れを忘れてた。

って言うか、そんな、ヴィヴィオ姉さんの足を枕にしているティア姉さんに驚くクレアちゃんが此処にいたりする。

「お腹、随分、大きくなったね。」

「三つ子じゃない分、マシかも・・・」

光と海と風はいたときは、正直、ウンディーネ業はまともに出来なかったしなー・・・

だからか、この子の場合は、普通にウンディーネが出来ている私がいる。

「あんまり、無理しちゃ、ダメだよ?」

「うん。解ってる。」

なんか、こうする幸せって言うのがあるよね。

灯里ママの肩にアリシアママがよっかかっているのも、私的には家族って感じがしてですね。

まぁ、これも、良いかな。

なんて、思ってしまったり。

「うにゃ?」

「う?」

「ぷい?」

「むや?」

「あ?」

「みー?」

「ん?」

「?」

「・・・?」

上から、ミケさん、アイリ、アリア社長、ももねこさま、杏子ちゃん、マミちゃん、光、海、風。と、言う構図になっております。

なんか、あれね。アイリちゃんは猫っぽい感じなので、妙に違和感ないような感じがしてなりません。

娘達は、娘で、結構、良い感じなわけですけど。

時折、アレですね。

はい。

アリシアママと灯里ママって、すげー、若いなーって、思う。

でも、歳を重ねるごとに体つきがエロくなっているような感じがするのは何故でしょう?

まぁ、毎晩、煩いからなぁ・・・

ベッドの上で、にゃーにゃーしてるし。

物心ついたときには、人目を忍んでするのが上手かったくらいですし・・・

ドンだけ、凄いんだかなぁ・・・

でも、何か、灯里ママから伝わってくるフェロモンが良い感じに、眠りに誘ってくれるんだけど・・・

「勝てない!!あの、タナトスは無理!!って言うか、公子ちゃん、何、マーラ様を召還してるのさ!!」

なんていうかですね。

「ウルせー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

と、言うことで、この怒声で、公子ちゃんのペルソナを全て消させて、ガっくんは、何か、倒れてた。

疲れたか・・・

庭で寝るとか。

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 ガっくんは本当に大変ですね(しみじみ
 でも、いろんな大変を経験して大きくなっていくんですね。それでこそ男の子。
 まぁ、同じ目に遭いたいとは思いませんが。というか、考えたくないですけど(遠い目
 ガっくんが報われる日はいつ来るのやら。
 今回もごちそうさまでした。
 それでは、今回はこれにて。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2011/09/25 06:24 | URL |

Re: タイトルなし

ガっくん、大変っていうか・・・あの、大変です。
ただ、修業はこれで終わりなんですけどね。
とりあえず、まぁ、ペルソナの修行とか、正直、もう、これで終わりかなと。
ガっくん、ペルソナ相手には流石に・・・勝てません。
報われる日は、また、何れ。
そんな感じで、頑張ります。

| 月 | 2011/09/25 13:22 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/4011-85578723

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT