PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

僕の中の・・・

ペルソナァァァァァァァ!!!!!!!!!!


「ペルソナ!」

どどんと、出たのはマサカドと呼ばれるペルソナだそうです。

ついでに言えば、なんだろう。

タアトスとか、ベルゼブブとか普通に出している彼女の存在が怖いと思ってしまうのは。

ペルソナ・・・

神秘的だけど、色々と怖いその仮面の意味を持つ物体。

いや、物体としてみて良いのか、それとも、此れは、どう見るべきなのか。

僕にはわからないけど。

「貴方の胸の中にもペルソナはあるのであります。」

「そういう・・・ものなのかな・・・?」

「はい。」

人の心の奥底にある「もう一人の自分」、別人格が具現化した特殊能力のことを指す。

これが、ペルソナそのもの。

じゃぁ、僕のペルソナって、なんだよ。

って、話になるけど、出すのは難しいようだ。

タロットカードのアルカナによって大きく22種類(+α)に分類され、同じアルカナのペルソナはある程度似た性質を持つ。

じゃぁ、僕って・・・

なんだろう。

0.愚者 -

I.魔術師 -

II.女教皇 -

III.女帝 -

IV.皇帝 -

V.教皇 -

VI.恋人 -

VII.戦車 -

VIII.剛毅 -

IX.隠者 -

X.運命の輪 -

XI.正義 -

XII.吊された男 -

XIII.死神 -

XIV.節制 -

XV.悪魔 -

XVI.塔 -

XVII.星 -

XVIII.月 -

XIX.太陽 -

XX.審判 -

XXI.世界・・・

この中で、僕に該当するもの・・・

「ガっくーん!真面目になっているから、そろそろ、いくよー!」

「あ、うん。」

「それでは、公子様、お願いします。」

「いいよ!」

と、言うわけで。

茶髪でついでに周りに二人のメイドを従えて。

いや、人間かどうかも怪しいですけどね。

一人は真綾ボイスのアンドロイドに、一人は沢城ボイスの凄い肌が白い人。

とりあえず、此れは、凄いことになりそうだ・・・

などと、思いながら、僕の相手は目の前にいるわけで。

「って言うか、本当にやるの・・・?」

「やるよー!ガっくん、強化計画開始なのさー!!!」

え、本当にやるんですか?

などと、思っていた僕がいました。

でも、どうせ、ブフとか、そこらへんだし、

「メギドラオンでございます。」

とか、そういうこともやられないようですし。

それより、

「公子様・・・お可愛らしいですわ。」

「エリーも、アイギスもかわいいよ!」

などと、のほほんと会話している三人。

そういえば、前世の公子ちゃんに色々と調教されたとか、そんなこと、言っていたような気がするわ。

そういえば、フローレンスの女子達はアレですね。

全員、ペルソナが使えるようですが、本人・・・

Kさん曰く、公子ちゃんのように、ぽんぽん変えて使えないようです。

ついでに、一回、召還するだけで、結構疲れるんだとか。

じゃぁ、公子ちゃんってすげーよ。

って、話になるわけです。

ペルソナ的な意味で・・・

それよか、ペルソナですか。

ペルソナですよ。

「ペルソナ!」

そんな感じで、目の前に出された、黒い死神のような化け物。

ハム子・・・

いやいやいや、公子ちゃんのペルソナという存在だそうです。

「見事なペルソナですわ。公子様。」

「流石は、公子さんであります。」

公子ちゃん、こえーよ・・・

そして、

「ガっくん、こいつを倒して強くなるのだー!」

「無理無理無理・・・!勝てるわけねーよ!!」

とりあえず、あるなら、僕のペルソナも覚醒して欲しいと思った。

でも、簡単には覚醒しないことくらい、わかっているのだ。

それよりも、此処で、ペルソナ能力に覚醒しても・・・

元の世界に戻ったとき・・・

無かったことにされそうで、ソレが、ちょっと、不安だったりする。。。

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 ……(視線をそらす
 あははは、い、嫌ダナァ、ナカッタ事ニナンテシナイデスヨ、本当デスヨ(汗だく
 ま、まぁ、それはともかく。
 ガっくんがついに少年漫画のような特訓をすることに(しみじみ
 本当に強引なお嫁さんを持つと大変ですね(遠い目
 でも、それでも幸せなガっくんに乾杯です。
 今回もごちそうさまでした。
 それでは、今回はこれにて。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2011/09/24 06:24 | URL |

Re: タイトルなし

・・・・・・・・チラ
ホントカナー?ドッチカナー?ナドト、オモッタリシテーアラアラ、ウフフー
んな感じで、まぁ、特訓というなの、あれは、すぐに終わるんですが。
無駄に勝てない相手とは戦わないというか、なんというか。
まぁ、彼女の存在が思い切り、変わってしまったような、変わってないような。
幸せ・・・なのかなぁ・・・?
等と、疑問に思ったりw
まぁ、そんな感じで、明日も頑張ります。

| 月 | 2011/09/24 11:13 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/4008-97d7b99c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT