PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ぷいぷいにゅー

はい


「ぷい?」

とりあえず、後ろからアイリがアリア社長を抱きしめるような感じで。

「もちもちー」

「ぷーいにゅい♪」

「はぅあぁうー♪」

でも、アイリはアレですね。

「ぷ、ぷいにゅ・・・」

ちょっと、きつく、抱きしめてるような感じで、なんていうかね。

でも、もちもちを堪能しすぎて、アリア社長の苦しみというのを忘れてしまっているような感じで。

そんな感じで、アリア社長は、顔が赤くなってきたような、いや、赤いじゃなくて蒼くなってキタわ。

「アイリー」

「う?」

「アリア社長、苦しがってるよ?」

「う!?」

「ぷ、ぷいにゅ・・・ぷぷいにゅ・・・」

と、まぁ、アリア社長はこの後、何とかなりました。

「アイリ~」

「ごめんね。アリア社長。」

アイリが謝ってる。

可愛いのぉ・・・

「ぷいぷいにゅ。」

結局、まぁ、ありがとうございます。

的な感じで・・・

いや、ちょっと、もう、アレだったりするんですけどね。

「みーちゃん、オカエリー」

「ただいまー桃子。」

あら、ミサトちゃん、帰ってきたのね。

まぁ、それより、あれですよ。

「ぷーにゅい?」

もう、アイリも一歳過ぎちゃったなー

っていう感じで、これから、どんどん、アイリは成長していくのね。

ちょっと、寂しいけど、すごい楽しみだわ。

アイリが可愛ければそれでいいと思ってしまうもの。

アイリが、可愛くなってウンディーネになって・・・

孫を作って、色々としてくれたら、私としては文句はないような感じがします。

そして、アリア社長と良好な関係が築けているようだし。

この先も安泰というか、なんというかで。

アイリが可愛いから仕方ない。

私のアイリは、こんなに可愛いという真実を伝えなければなりません。

親バカと言われようとも、この、アイリの可愛さはねー?

アイリは可愛いから、仕方ないの。

ついでに行ってしまえば、あれ。

アイリはキャラソンまで出してしまう可愛さだから。















「あ、やべ・・・アリア社長、可愛い・・・」

週刊ウンディーネ回に写るアリア社長インタビュー回を永久保存版している私です。

「また、娘自慢ですか・・・」

「ほら、アイリちゃん、見た目からして普通に可愛いから。」

「でも、精気吸っちゃうよ!?」

「それくらい、多めに許してあげなさい。って、ことでしょ?」

「多め・・・!?」

許さなきゃだめってことですか!?

あの、行為というものを・・・

なんという危険なものなのでしょうか?

はわわ・・・

「あぁー、それよりさー・・・」

「なに?」

「こっちのシンシアの嫁を見た。」

「あぁ、冴子姉さまか。」

「うん。」

「どうだった・・・?」

「獣だった・・・」

「まぁ、そりゃ、そうだろうな・・・」

と、まぁ、見ていけば、色々とアレなわけよ。

「ぷいぷいにゅぅ?」

「もちもち~」

「ぷぅぃにゅ~♪」

なんか、色々とアリア社長が可愛いので、それで良いです。

んで・・・

「灯里ママは本当に私のこと、好きなのかな・・・?」

とりあえず、こっちなんだけどさ。

「もう、シンシアはスルーしても良いのかな・・・?」

「良いとおもう・・・」

シンシアはスルーと言うことで・・・

はい。

するーしなければならないところに来ているようです。

何で、

「シンシアってああいう、厄介なキャラに・・・」

「厄介ねぇ・・・本当に・・・」

実母が怒った姿を見たことはないけど、見たくないって言う、この情景でございます。

正直、こっちのお母さんは、私の両親より、怒ったら怖いという、逸話もあるような無いような。

「怖いもんよ・・・?オーラを感じるだけで、失禁しそうだわ・・・」

「だろうね・・・」

「そうよ・・・」

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 アリア社長、窒息しかけたっていうのに、それを許す度量の広さがすごいですね(しみじみ
 それでこそのアリア社長とも言えますけど(笑
 そして、ティアママンはいつものように娘自慢。珍しくヴィヴィオママンに襲われませんでしたね。
 まぁ、たまにはいいですよね、そういうのも。
 今回もごちそうさまでした。
 それでは、今回はこれにて。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2011/09/20 06:24 | URL |

Re: タイトルなし

まぁ、子供のやったことだし。的なアレが、強い感じがします。アリア社長。だから、許しちゃうのかもしれませぬ。
まぁ社長とかその線がよくあるような感じで。
んな感じで、やっぱり、アイリがかわいくて仕方ないのですよ。ティア姉さんは。
そこに引いてしまうためにヴィヴィオ姉さんも襲うことを忘れてしまうというかですね。
そういう、関係になってしまいますw
そんな感じで、明日も頑張ります。

| 月 | 2011/09/20 14:25 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/3975-656eb7f7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT