PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

そういえば長女

わー


「あ、今、まどかがお腹を蹴ったかも・・・」

「あらあら、そろそろかもしれないわね。」

「もーしゅぐ・・・?」

「マミちゃん。」

「マミちゃんはお姉さんになるだよ~?」

「おねーしゃん?」

「そう。お姉さん。」

なんだかもっと、素敵が待っていそう。












「っ・・・!」

「どうしたの?クレア。」

「反応してるわ・・・たぶん、これ、まどかに・・・」

って言うか、

「今日は、仕事休むわ・・・」

「そんなボテ腹になっても何とか仕事しているクレアに私はびっくりだよ・・・」

「大体、あんたが勝手に孕ませたんでしょうが・・・!」

この分だと、がっくんもクレアちゃんを勝手に孕ませる天然馬鹿になっちゃうのかと思うと心配だわ・・・

種馬化?

私としては。そこまでの度胸が身につくとあの手の人間は危険なのよ・・・

たぶん。













「うー・・・」

「ぷいにゅぅー・・・」

「みぅー・・・」

「にゅーい・・・」

「むやぁ・・・」

アイリたちが可愛すぎて困る。

アイリとアリア社長と撫子ちゃんとももねこさまですよ。

ももねこさま、可愛いですからね。

って言うか、やたら、アリア社長と一緒にいるけど、そういうことでいいのかしら・・・?

ちょっと、思っちゃったけど。

「ぷいにゅぅ?」

「むやぅ。」

「アリアしゃちょう。。。」

「ももねこさまとらぶらぶ?」

「ぷ、ぷいにゅぅ!?」

「むやぁ♪」

なんか、凄い面白い光景になってる樹がするけど、こういうときに限って。

「みゃっ。」

やっぱり、ヒメ社長が来るって言う、王道パターンですよ。

「みゃぁ・・・」

でも、最近、ヒメ社長も学習したらしく、アリア社長が他の猫と仲良くしようと言うのなら自ら割り込んでくるって言うね。

「ぷぷい?」

「みゃぅ。」

「むやぁ♪」

でも、皆、受け入れるって言うね。

アリア社長の心の広さが伺えるような内容になっております。

まぁ、そんなアリア社長だから・・・

「いつのまに、光ちゃんや、公子ちゃん達までいるんだけど・・・?」

「うん・・・って言うか、アイギスちゃんまでいる・・・」

まぁ、こういう状況になるっていう不思議。

「いや、撫子って考えてみれば私の妹なんだよね・・・」

「そうよ?ヴィヴィオ。」

今更になって、何を言っているの?

「だって、撫子、凄い良い子なんだもん!!私とは大違いだ!!」

あんたは、アリシアママの性欲を全て受け継いじゃった気がするわ。

例外を言ってしまえばエリナちゃんは変態だけど。

「私、そういう立ち位置のキャラだった・・・」

撫子ちゃんはねー・・・

後に生まれるまどかちゃんをも超えるほどの力の持ち主と言う設定らしい。

まぁ、それは、凄いわ。

「はっ!」

「んー?」

「そういえば、私、長女だった・・・!」

だから、何を今更やっているのよ。

長女のヴィヴィオと。

次女のクレアちゃん。

三女の千華留ちゃん。

4女のシンシアちゃん。

5女の舞衣ちゃん。

6女のレイナちゃん。

7女のエリナちゃん。

8女の撫子ちゃんに、

「今、灯里ママのお腹の中にいるまどかか・・・」

このまま、十人目に行ってもおかしくないです。

優しい気持ちで目覚めた朝はいいものですよ。

「アイリとマミはかわゆすですなぁ・・・」

「もう、自慢の娘だもんねー・・・」

それよか、娘たちとなんか、アリア社長が此処まで絡むことになりました。

「いやぁ・・癒しですよ・・・」

「癒しだねぇ・・・これは・・・」

16gのメモステを全て使い果たしてしまいました。

はぁ・・・

美味しい・・・

「また、娘自慢の回か・・・・・・」

「クレアちゃん(小)、ちょっと、良いことしましょうか?」

「え、いや、ちょっと!?」

「遠慮しないの・・・」

「いやぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!」












「ティーだ兄さん、熱いですね・・・」

「熱いね・・・」

「しかし、何を望んで、男二人がパンツ一丁でベッドの上なんですか・・・」

「暑いから仕方ない・・・」

「すっごい、誤解されそうなんですけど・・・?」

「大丈夫だって・・・ガっくんが襲ってきたら杏子が刺すから。」

「いやいやいやいや・・・・・・」

そのとき、飾ってあった花が何故か、切れて落ちてしまった・・・

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 ガっくんとティーダ兄さんの絡みで噴いた(笑
 それにしても、恋人が大変な目に遭っているっていうのに、ガっくんは暢気ですね~。
 まぁ、ある意味、ガっくんも大変な目に遭っているとも言えなくはないですが。
 それにしても、まどかさんがそろそろご生誕な雰囲気ですね。
 はたして、どうなることやら。
 今回もごちそうさまでした。
 それでは、今回はこれにて。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2011/08/24 06:17 | URL |

Re: タイトルなし

危機的管理能力がどうも乱れているというか、なんというかで。
そんな感じで、まぁ、クレアちゃんも余計な一言を言わなければ良いんですけどね。はい・・・
彼女より、この暑さをどうにかしようか敵なポジションですので。
とりあえず、この後、普通に色々とあるような無いような感じで。
まどか様がそろそろご生誕され、撫子に次ぐ実力者になるけど、別に対して意味は無いって言う。
はい・・・そんな感じで、あれです。
明日も頑張ります。

| 月 | 2011/08/24 13:24 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/3935-da241ef8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT