PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

の。


それは、

「う?」

私がアイリを抱っこしているときに帰ってきた。

「ねむい・・・」

「眠いね・・・アイリ。一緒に寝よっか?」

「うー♪」

アイリの

うー!

ってのは、変わらないわね。

一年以上たっても。

まぁ、そこが可愛いから良いんですけどね。

可愛いから許されるんですよ。

アイリの場合は。

ついでに、これほど、可愛い妹も滅多にいない。

って、これじゃ、シスコンか。

でも、アイリのように可愛い妹なら、これも良いかなと。

「おばあちゃん、アリア社長は、何処にいるの!?」

って、感じで、帰ってきたわね。

ママたちに挨拶せずに何ですか。

あの、アリア社長を探すだなんて、そりゃ、もちもちぽんぽんが色々とアレかもしれないけどさ。

恋しいかもしれないけどさ。

ま、アリア社長は家にいるんだけどね。

うん・・・

教えてあげないけど。

教えたら、何か、あれだしねぇー?

勿体無いって言うか、何というかな、感じで、なのはですよ。



「アリア社長がいないのー!!」



どうでもいい話、なのはが帰ってきてしまったような感じでね。

はぁ・・・

アリア社長、ちょっと、勘弁してほしいわ。

って、言ってるような気がする。

的な感じで出てこないんですけどね?

「あら、桃子の妹さん?」

「まね。可愛くない妹よ。」

「ふふ・・・」

「何よ?」

「そういうこというお姉ちゃんほど、妹を大事にしてるからね。」

桃子ちゃん的にはどうでもいいです。

「桃子、寝るの?」

「んー・・・ちょっとね。膝枕頼んで良い?」

「うん。」

みーちゃんとは、良い感じに良い感じで、仲が良いです。

「お姉ちゃん!」

無視・・・

「お姉ちゃん!お姉ちゃん!!」

アイリを抱っこして、みーちゃんの膝枕で私は寝る。

そんな感じです。

「はぅ・・・」

「お姉ちゃん!お姉ちゃん!!お姉ちゃん!!!」

とりあえず、

「煩い・・・なのは・・・なんだ?何のようだ?」

「うー!うぅー!」

「ほれほれ、アイリが怒ってるわよ?」

「ア、アリア社長は何処に・・・」

それよか、アイリを相当、怖がっているな。

なのは・・・

まぁ、アイリは可愛いから良いんですけどね。

アイリが。

眠りを邪魔する相手は許しません。

「アリア社長はねー」

「う。うぅ。」

って言うか、それ以上に

「何で、アリア社長なの?実家が恋しくなったわけでもあるまいに・・・」

「それはなの・・・」

と、まぁ、なのはが何か、色々とあれ。

色々とやってますね。

ほら、何でしょう?

とりあえず、事情を話してくれたわけで。












「フェイトちゃんのおっぱい。」

確かに大きいの。

色々とあるような感じで、大きいの。

おっぱいが大きいとおっぱいなの。

しかし、それよりも、大変なことがあるの。

「ボイーン!!」

「ちょ、今日もまた~!?」

「今日もまたぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」

フェイトちゃんの怒りのおっぱいドリブルは止まらないの。


いやぁ、大変ですね・・・

おっぱいドリブルは・・・

向こうのフェイトちゃんは清楚さ全開だけど・・・

お酒を飲むとアレなの。

大変なの。

ま、んなこたぁ、どうでも良いの。

でも、これは、由々しき事態だと思ってしまうの・・・

だって、アレなの。

色々とあるの。













「んで、フェイトちゃんの怒りを納めるためにアリア社長をミッドへ連れて行こうと?」

「そういうことなの・・・」

まぁ

「アリア社長は今、何処にいるか良くわかんないけど、探してみればいるんじゃない?」

「んな、いい加減な・・・」

「いい加減だよ?お姉ちゃんは。」

そして、

「アイリが可愛いから仕方ない。」

とりあえず、フェイトちゃんを止めるためにこの話は続く。

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 ちっこいフェイトさんを止めるためだけに戻ってこられたのですね、ちっこいなのはさんは(しみじみ
 しかし、そのためにアリア社長が必要になるとは。これもアリア社長のもちもちぽんぽんの魔力ですね(しみじみ
 それにしても、扱いひどいなぁ~、やっぱり(苦笑
 まぁ、仕方がないのかもしれませんけどね(汗
 とにかくです。
 今回もごちそうさまでした。
 それでは、これからも頑張ってください。応援しています。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2011/08/20 06:22 | URL |

Re: タイトルなし

アイリが可愛いから仕方ないという感じで、扱いはそんな感じになってしまうのが世の常と言うかなんというか。
まぁ、、ちっこいフェイトを止めるために、三種の神器の一つに近いアリア社長を求めてしまうのは仕方ないというか、妥当な判断と言うか。
アリア社長なら、出来るはずです。なのはが止めないのは性的な意味でアレです。
色々と激しい世の中ですからェ・・・
そんな感じで・・・
明日も頑張ります。

| 月 | 2011/08/20 15:16 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/3927-3062cc33

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT