PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

しちゃえよ。

ちゅーしちゃえよ。


「アリア社長、がっくんはヘタレです。」

「ぷいにゃぅ・・・ぷいぷい。」

「キスもしてくれません。」

「ぷいにゅぅ・・・・・・」

「ディープはダメなのは解ると思うの。でも、ね?普通のキスもしてくれないんだよ?」

「にゅぅいぷぅい・・・」

と、まぁ、そんな感じでアリア社長に悩みに乗ってもらってます。

「ぷいにゅぅ・・・にゅぃぷいぷぃ。」

「だよね。キスは此処で、皆、しているような感じがしてるけどね。」

でも、ガっくんは恥ずかしがってますよ。

ティーダ兄さんは浮気は許されないかのごとく、激しいキスをされちゃってますけどね。

灰。

まぁ、何なんでしょう・・・?

アレ。

ガっくん、馬鹿というかですね。

「アリア、おはようでげそ!」

「ぷいにゅい!」

と、まぁ、イカちゃんもアリア社長に頬とはいえ、チューするのに・・・

何ナノ。

アレ?

ぷいぷいにゅぅ。

って言う、感じでですね。

「ねぇ?アリア社長。」

そういえば、まえに

「クレアお姉ちゃんにキスされたとき、アレだったよね。」

クレアちゃんのバカー

言いながら、どっかに行って

しまったって言う。

なんだろうね・・・

これ・・・

本当に・・・

勘弁してほしいです。

ガっくん、勘弁してよ・・・

ピュアと言うか、もう、何か、女の子にしか見えないんだから。

っていうかさ。

思ったんだけど、

「お姉ちゃんが私にキスするとかなんですか!?」

「え、だって、美味しいよ?クレアちゃんの唇。」

そういう問題じゃないんですよい・・・

うん・・・

まぁ、あれだ。














「ガっくん、キスしよう。」

「え・・・?」

いや、ちょっと、この嫁は何を言ってしまっているのか僕としては良く解らないような感じなんですけどね。

「はい?」

「はい?じゃなくて、キスしよう。」

何をこの人は・・・

本当に言っているんですか。

おかしいですよ。

カテジナさん。

ジュンコさん、助けてくださいよ。

オリファー隊長、特攻するならいや、本当にちょっとアレですよ。

何を言ってるんですか。

この人。

ちょっと、周りに見ている人がいるんですよ?

え、本当にこの人、わかっているのかな?明らかに見ている人が凄い楽しんでいるんだけど?

いや、ちょっと、この人、何を言っているの?

「ちょっと、待って・・・」

「ぷいぷい?」

あ、アリア社長。

と、

「むやぁ・・・」

ももねこ様までおるのか。

などと、ちょっと、何か、あれですけどね。

「ぷぷいにゅ?」

頭に良い感じにももねこさまを乗せて可愛いと言うか、何と言うかですね。

「ぷいぷい?」

「むや。」

「ぷい。」

「むやぁ。」

・・・何か、凄いアレ。

この二人は、結構、可愛いと言うか何と言うかですね。

ぷいぷいにゅですよ。

「ぷいぷい♪」

「むや。」

「にゅぅい・・・?ぷ・・・」

アリア社長とももねこさま、まさか、そういう関係ですか?

いや、あの、何を見たかは想像に任せますけど、アレです。

色々と、言えない事が人間にはあるので。

空中関取乱舞ショーとかじゃないですよ?

いや、マジで。

「ぷいにゅぅ、ぷいぷい?」

「何で、キスしないかって・・・その・・・恥ずかしい・・・」

「にゅぅいぷぅい・・・・・・」

何か、今、アリア社長は無意識だろうけど僕に酷いことを言ったような気がする。

ヘタレ関係の・・・

でも、アリア社長に言われるとあれなんですけどね。

「いや、あの、クレアちゃんがキスしろと・・・」

「ぷいにゅぅ///」

頬を持ち上げて

キスしちゃえば良いんじゃない?

って、アリア社長、待って!

ちょっと!!

「ガっくん、キスしよう。」

「え・・・?」

何、その、ちょっと、しないと殺しちゃうよ!?

的なねぇ?

キスしなさい的な顔は・・・

とりあえず、僕は・・・

はい。

アレです。

ガザニア・エスケープしました・・・

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 ナイワー、ガっくんナイワー(笑
 見事なほどのヘタレっぷり。
 もう少し押しが強くてもいいかなぁ~とは思うんですけどね~(苦笑
 まぁ、これでこそのガっくんかな(しみじみ
 さてさて、ガっくんが積極的になるのはいつになることやら。
 まぁ、当分はなさそうですな。
 とにかくです。
 今回もごちそうさまでした。
 それでは、今回はこれにて。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2011/08/19 06:23 | URL |

Re: タイトルなし

焼き蕎麦食ってヘタレ気味な彼氏に何れ、しつぼうのかげをおぼえるほど。
いや、なんでもないんですが。
もう少し、押しが強くてもまた、それ以上に一線を越えることが難しいかと思われたりと・・・
彼らしいんですけどね。
ガっくんが積極的になる憂い膳に、馬乗りにされて逆ピー・・・あたりを、されそうなイメージで。
そんな感じで、当分はなさそうです。
はい・・・
明日も頑張ります。

| 月 | 2011/08/19 14:49 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/3925-7a1e13ff

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT