PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

そういえば

やる


衝撃的でビューとでも申しましょうか。

まぁ、あの、キャロ姉さんは誰が見ても衝撃的だよね。

まぁ、あの、キャロ姉さんが登場したときの話のコメントとか色々と懐かしい。

だって、原作と180度違うけど、いつの間にか、アレよね。

ヤンデレキャロとか出来てたよね。

ウン・・・

なんか、そういう文化が流行ってた気がする。

まぁ、何でショ・・・

どうでも良いんですけどね。

でも、アレは、ヤンデレ・・・

だろうな。

嫌いではないようだし、ああやって縛るのが好き見たいだしね。

まぁ、どうでもいい感じで。

「お姉ちゃん、その映画・・・グロイ・・・」

「グロイ言うな・・・エヴァンゲリオンだぞ。」

エヴァ弐号機の蹂躙のシーンだけど。

そんな感じで、私、クレアお姉ちゃんはエヴァンゲリオン旧劇場版を見てますよ。

管理人は10歳の頃から見てたようですね。

帰ってきたウルトラマンとか、そういう作品を見ると、エヴァンゲリオンを紐解くヒントがあると昔はよく言っていました。

リアルタイムで。

ブログで言うのは、此れが初めてですね。

すっかり、忘れていましたよ。

あ、なんかね。

管理人、新劇場版ヱヴァンゲリヲン破は、6回くらい見に行ったそうですね。

なんていうか、馬鹿というか、どうというか。

まぁ、DVD化するのが遅かったから、いけない。

うん・・・

管理人、こんなこといってたけど、まぁ、なんでもない。

そう簡単に出るわけが無い。

まぁ、出るのに一年以上はかかったけど・・・

「なんか、こっちのキャロお姉ちゃんと向こうのキャロお姉ちゃんって、良く似てるなぁ・・・」

どうでもいい話かもしれないけど、結構、アレですよ。

はい。

「何?向こうのキャロ姉さんも縛るの?」

「。。。いや、そう言う訳ではないけど。でも、コブラツイストで拘束するかな・・・」

「あぁ、でも、うちは、直接ね。縄を使っているからね・・・」

「そだね・・・」

「蝋燭も垂らすしね。」

「垂らすんだ・・・」

「ついでに言えば、フリードリヒとヴォルテールは雌だしね。」

「ヴぇ!?」

これ、向こうのフリードとヴォルテールって、どっち何やろ。

「雄だよ?多分。」

「お見合いかー・・・」

「多分ねぇー・・・」

うふふ・・・

お久しぶりですわね。

昨日ブリ、言え、一昨日ぶりになるのかしら。

まぁ、そんなことより。

「お姉ちゃん、その映画、私、意味不明なんだけど・・・」

「それが、正しい人の意見よ。これで、解った振りをする人間なんて知ったかも良い所。」

ま、エヴァには答えは存在しないというのが正解かなー

と、思うの。

テレビと此れを見て、エヴァンゲリオンとはなんだったのかって言うのを考えるのがね。

管理人の言う、この作品の楽しみ方ですよ。

「なんて、言ってもアレだけどね。」

中学時代になるとエヴァンゲリオンを見始めて知ったか知識を披露するバカとか良くいますよね。

なんて、思ったモンですよ。

管理人は常に論破していたわけですが。

まぁ、懐かしいというか何と言うかですね。

高校時代は腐女子のエヴァを語る会とやらに呼ばれたけど、色々とですね。

アレですよ。

キャラしか語らないから絶望したこともあるんだとか。

憤怒したらしいですね。

ま、エヴァ語る言っても内容が難しいから色々とアレなんですけどね。

内容語ると頭が痛くなるのかもしれません。

管理人は見たときはウルトラマンやんwww

って、思ったらしいです。

まぁ、ウルトラマンとしてみると説得力ありますしね。

ついでに言えば、アレですよ。

南極の巨人とかの設定は、アレですよ。

ウルトラマンが元ネタだったり、使徒を送り込んでる組織とかあったりとか、色々とあったけどさぁ・・・

まぁ、エヴァンゲリオン自体、あのコアとかウルトラマンだしね。

細身とか、まさに、ウルトラマンをアニメにしたら、あんな感じやろうな感じでさぁ・・・

ま、エヴァとウルトラマンって一緒に見ると結構、面白いですよ。

ラミエルとか、帰ってきたウルトラマンのプリズ魔のオマージュだしさ。

話全体がねー。

後、庵野監督の好きな帰ってきたウルトラマンもね。

見るとオススメって言う感じがするわけでございますが。

見比べると面白いんだわ。

此れが・・・

かなりのオマージュガ詰め込んである感じで。

まぁ、この、詰め込みすぎであるが故に中身は無いって言うことを、宮崎監督から言われちゃったんですけどね。

このことなのか解らないけど。

まぁ、解るような気がしてきた。

この年齢になって。

学生の頃とは違うって言うのかな。

「ウルトラマンって、あの、特撮の?」

「そうよー?」

「面白いの?」

「かなり。」

っていうかさぁ・・・

「エヴァの話題になると殆ど、会話がなくなるね・・・」

「まぁ、8月にロードショーでやるからね。」

「ていうかさぁ・・・どうでもいい話、アレだよね?」

いや、そうじゃなくて。

「ウルトラマンって・・・此処にあんの?」

あぁ、この、フローレンス家にてですね。

「ティーダ兄さんが持ってるわよ。」

「マジか・・・」

「帰ってきたウルトラマンもあると思うから、興味が湧いたら、みてみたら?」

「あ、うん・・・」

そして、私は、

「ぷいにゅっぷい。」

アリア社長とぷいぷいですよ。

「はぁ・・・もちもちぽんぽん、たまらんわ・・・」

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 エヴァの最初の劇場版は、なんていうか、いろんな意味で衝撃的でした(しみじみ
 面白かったと思うけど、難解だったなぁ~といまでも思います。
 いまなら、もうちょっとわかるのかな。
 機会があれば観てみようと思います。
 そんなこんなで今回もごちそうさまでした。
 それでは、これからも頑張ってください。応援しています。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2011/07/22 06:22 | URL |

Re: タイトルなし

ただ、裏を返せば何も無いっていうのが一種の見解でもあったりしますが。ま、宮崎監督の受け売りですけどねー
色んな作品をオマージュしすぎちゃうと、それなりに・・・
見返してみると変わるかもしれません。
はい・・・まぁ、8月に破があるので見てみると。
新しい発見があるかもしれませんw
そんな感じでですね。
明日も頑張ります。

| 月 | 2011/07/22 08:43 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/3847-bd77e2a1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT