PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

りゃー


「う・・・!」

「うギャ・・・・・・!いや、ちょっと、アイリちゃん!?締まってるよ・・・!?」

「ぅぅ・・・・・・」

「うーじゃなくてさ!?」

「こら、アイリ、引っ張るのやめなさい。」

「う?」

「だぁめ。」

「うー。」

ティア姉さんのことは素直に聴くんだなー

って言う、なんだろう

この、アイリちゃんをにくいと思うけど、その感情を向けたら、何か、色々とやられそうで出来ない感情。









「まぁ、なんやかんやで外れた・・・」

アイリちゃんが飽きっぽくてよかったと思った私が此処にいる。









はぁ・・・

何て言うか、アリア社長は寝てる。

「ぷぅいにゅイ・・・」

「アリア社長?」

「ぷい・・・?にゅ・・・」

声をかけても、寝ているら、あまり反応しない。

とりわけ、ヴィヴィオ姉さんの娘は癖が凄い強いです。

「う。」

「だから・・・ちょと!」

「アイリ、お姉ちゃんは頑張ってるんだから、そういうしちゃダメ。」

「め?」

あ、やばい・・・

首を傾げるアイリちゃんが、あの悪魔を可愛いと思ってしまった自分が憎い・・・

いや、まぁ、可愛いのは当然なんだけどさ!?

でも、ちょっと・・・

首輪ぇ・・・

「ぷいにゅぷい。」

「う?」

「ぷいにゅぅ。」

アリア社長が珍しく、眉をひそめてアイリちゃんにお説教ですね。

何て言うか、素敵な感じですが。

流石はアリア社長と言うか、子供達の面倒を見る係りです。

「ぷいにゅ。」

「め?」

「ぷい!」

「うぅ?」

「ぷいにゅぅ。」

「はぅあぁ・・・」

「ぷいにゅぷいぷい!」

「くりゃー、め?」

「ぷい!」

とりあえず、会話が色々とわかるような感じでアレですね。

正直に言えば、何か、もう、あ、くりゃーっていうのは、私のことです。

聞けば解ると思いますが。

「ぁう?」

「ぷいにゅ。」

「ありあ、う?」

そう言えば、アイリちゃんって、アリア社長と会話・・・

それよかに、アリアっていえたんですね。

「うー・・・・・・」

「ぷいにゅぅ・・・・・・」

さっきから、何をやっているんだ。

と、思われるかもしれませんが、これは、交渉ですので。

気にしないようにお願いいたします。

アリア社長とアイリちゃんの交渉って言う、別に、此処で書かなくても良いと思われますが、それは、この管理人に良くあるそれですよ。

ほら、なんて言うかですね。

尺稼ぎですよ。

簡単に言ってしまえば、尺稼ぎですよ。

「ぷいにゃぅ・・・ぷいにゅぷいぷい。」

「うー・・・はぅ!」

「ぷいぷい?」

「う。」

あ、納得した?

「うー・・・」

「ぷいにゃぅ。ぷいぷい。」

「う~。」

なんで、アリア社長に首輪をつけるのは嫌なんですかね・・・?

この、扱いの差はなんだろう。

と、思いきや、やっと、

「う。」

首輪が外れました。












「首が痛い・・・」

「あ、お帰り。」

「ただいま・・・」

等と、こんなやり取りをする前に、

「首が痛いです・・・」

「相当、引っ張られたんだって?」

「まぁ・・・」

ジャバ・ザ・ハットに拘束されたレイアみたいな気分でしたよ。

「うー・・・」

「ちょ、え、見ないで・・・?」

「すっかり、アイリちゃんが怖いみたいね・・・?」

「イや、そりゃ、怖いよ・・・?」

だって、練習中に手綱を引っ張るわ、ティア姉さんに甘えるわで、もう、何か、もう・・・

でした。

「なんか、もう、今日は疲れた・・・」

「ゆっくり、休んじゃいなー?」

「そうするー・・・お休み・・・お姉ちゃん・・・」

「キスしろ。」

「おい・・・」

まぁ、そんなお姉ちゃんとのやり取りも終わって、ベッドの中にダイブですよ。

アリア社長を抱っこしてですね。

こうして、暖かさに浸りますよ・・・














「はぁ・・・」

起きた時・・・

「雨だね・・・」

「ぷいにゅぅ。」

その日は雨でした。

私は、アリア社長を体全体で抱きしめていた訳で。

「うー・・・」

「ア、アイリちゃん・・・?」

「う!」

「あぅー!ぅー!」

「え、何!?何よ!?アリア社長をこうして、全身で大好きハグしちゃいけないわけ!?」

「うー!!」

とりあえず、この後、精気吸われました。

(´ー`)y-~~

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 赤ん坊だからでしょうね。軽く暴君のような(汗
 これもツンデレなんでしょうかね。新手な。
 もっとも、それはないでしょうから、やっぱり、おもちゃとして扱っているのか。
 クレアちゃんは大変だなぁ~(しみじみ
 でも、若いうちに苦労しておくのはいいことだから、問題ないですね、たぶん(エ
 今回もごちそうさまでした。
 それでは、これからも頑張ってください。応援しています。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2011/06/22 06:18 | URL |

Re: タイトルなし

アイリは原作だとすい続けない限り死ぬ感じですが、こっちだと肉体えてその能力まで得てしまっていますから暴君にならざるをえないなーなんていう。
ツンデレというより好きなアリア社長を取られた的な・・・最後は。
多分。。。怒り?
まぁ、触らぬ神にたたり無しとかそういう系統のキャラなのかもしれませんね。
まぁ、問題ないと思います。
そんな感じでですね。
明日も頑張ります。

| 月 | 2011/06/22 09:12 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/3785-74d2dc0a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT