PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

十杯。

あぁぁぁ・・・


「アリア社長が抱きつく人ってさー・・・」

「ぷい?」

ふと、思った疑問な訳ですけどね。

「なんか、皆、身内だよね。」

「ぷいにゅぅ♪ぷぷい♪」

何か、本人曰く、アレです。

特別な親愛の表現だそうです。

特別だから、身内さんか社員が多いわけだ。

あ、後、アレだ。

「アリア社長。」

「ぷいにゅぷい?」

「アリア社長って、子供は大好き?」

「ぷいにゅぷい♪」

「面倒見るのも?」

「ぷい♪」

あぁ、やっぱり、子供大好きなんですね。

そう言えば、子供ね・・・?

良く、アイリチャンの面倒とか見てるしね。

シグナムちゃんとか、色々とありますからね。

「じゃぁ、かえろっか?アリア社長。」

「ぷいにゅ。」

首を横に振る、アリア社長。

あれ・・・?

「一緒に帰らないの?」

「ぷい。」

今日は、用事があるみたいです。

何があんだろ?

まぁ、アリア社長と別れてですね。

これから、まぁ・・・

仕方ないので帰った。













チャッチャ・・・

うーうーいえーえー・・・



あ、なんか、星間飛行は歌ってしまう私がいる。

っていうか、唐突にスピーカーから流れてきた感じがするわ。



『水面がゆーらぐ♪風の輪がひろーがる♪』



ふーれあーった指先のー青い電流・・・

あ、歌ってしまった・・・

また、歌ってしまった・・・

やばい・・・

これ、癖になるわ。



「ランカと・・・!」

「その夫である、シェリルの・・・!」



何か、フローレンス家でファイブスター物語を読んでる私です。

あの、今日は休みです。

昨日は仕事し終わった後に、アイちゃんが来たりしましたのでね。

あの、ツイ、サボっていると思われがちですけどね。

余りにもどうでもいい日常を映し出しているので、こればっかりは、流石に困るんですよねぇ・・・

まぁ、良いや。

「っていうか、ラジオ・・・ラジオ・・・そう言えば、毎週はこの時間、いつもラジオだよね。」

「あぁ・・・そうねー・・・私もやったわ。」

「やったんだ・・・」

「うん。」

普通に言うよね。

そういうことをさ。

んで、今日も練習終わりで、フローレンス家に帰ってきて、流れてきている、このですね。

ラジオ聞いてます。



「「ARIA The STATION Neo VENEZIA INFORMALE!DIVA!!」」

「皆さん、ごきげんよう!パーソナリティーのランカ・リーです。」

「皆、元気~?シェリル・ノームよ。」



あの、二人、結婚したよね。

っていうか、

「思い切り、名前がオープンな件について。」

「もう、皆、気付いてるから良いんじゃない?」

この世界のフロンティア船団はどうなっているんでしょうかね?

もう、どうでも良いわ。

状態なのかしら?

んでですね。

「これ、何処で収録してんの?」

「あぁ、生放送。」

「生!?」

「んー・・・フトゥーロ・プリマ・スタジオってところで、生放送してんのよ。」

「一時間くらい?」

「んー」

っていうかさ、

「おねえちゃん、また、エロ本・・・?」

「今回は、青い花・・・」

百合本か・・・

「っていうか、今日はカレー・・・」

「あぁ、カレーだねー」

「生卵!生卵!5はい!5はい!」

「五杯も食べるのか・・・」

「うん。」

「ティーダ兄さんのカレー♪」

は、絶品。

いや、まじで・・・

アレを食べないと、人生損してる位にあの、あれですよ。

正直、おかんの飯より美味い・・・

流石は、海原雄山を降したシェフ・・・

でも、夜はアルドラ姉さんに料理されます。

性的な意味で。

あ、今、私、凄い上手い事・・・

美味いだけに、上手いこと・・・

「言ってない。」

「ですよねー・・・」

はぁ・・・

あぁ・・・

何?

コーラス23世が死んでんじゃん・・・

えぇ・・・

ちょっと・・・



「それじゃぁ!皆!私達のラジオを聞け~!」



あ、OPトークが終わった。



「ぷいにゅ~!」



っ!?!?!?!?

「え、今、アリア社長!?」

「あぁ、アリア社長ね。最近、子育てのお手伝いで出てなかったけど。」

今日は久々に出るのか~

とか、お姉ちゃん、言ってるけど、私聞いてない・・・

「そりゃぁ・・・ねぇ。クレアちゃん着たときにはアイリちゃんの面倒とかで色々とあったから。」

「そうなんだ。」

「うん。」

まぁ、なんだろう・・・

アリア社長って、すごいんやなぁ・・・

何て、感動しちゃいましたよ。

自分の子供でも無いのに面倒を見てあげたりして。



「と、言う事で。」

「アリア社長、遅れすぎ。」

「ぷぷい///」

「三人目のパーソナリティーの・・・」

「アリア社長よ。」

「ぷいにゅぷいにゅぅぃ♪」



んな感じで、この放送が一時間くらい、続きましてね。

アリア社長がちゃんと、パーソナリティーやってた・・・

え、これ、凄い・・・

「アリア社長って、意外な才能が・・・」

アリア社長の司会と言う贅沢なBGMと共に、ティーダ姉さんのカレーを食べる幸せでございますよ。

はい。

美味しい・・・!

「まぁ、ね~」

へぇー・・・

そうなんだ・・・

「っていうか、クレアちゃん・・・?」

「はい?」

「よく、そんなに入るわね・・・」

「へ?」

気付けば、10杯目でした。

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 ああ、クレアちゃんはカレーに生卵をトッピングする派なんですね~(しみじみ
 しかし、気付いたら十杯目ってどんだけ食うんでしょうね、この子は。っていうか、スピードが凄いです(汗
 それにしても、アリア社長とシェリランの二人がラジオ。実際あったら、面白そうですね。
 まぁ、中の人的な意味では不可能ではないかも。
 とにかくです。いろんな意味でごちそうさまでした。
 それでは、これからも頑張ってください。応援しています。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2011/05/20 06:21 | URL |

Re: タイトルなし

まぁ、クレアちゃん・・・かれーに生卵はなんというか、あれですよ。私の妄想ですね・・・はい。
大食いだったって言う設定だったので、十杯目は軽く行くだろうなーってことで。気づいたら、そんな感じになってました。はい。
まぁ、また、BGMが本当に豪華ですね。これ。アリア社長とシェリランのラジオって言う。
何れは、出来そうだけど、共演している番組が無いっていう。
そんな感じで、まぁ、明日も頑張ります。
それでは・・・

| 月 | 2011/05/20 09:17 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/3716-9041c77c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT