PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

まどかハァハァ/スカートの中の娘/ニートじゃない!!

今回も数年後。


そういえば、亜美さんと綾乃さんが結婚してしまったのは。

まぁ、それなりに応援したり、結婚と同時に卒業してプリマになった彼女たちですけどね。

何れはあれですよ。

子供も作るそうですね。

凄い、幸せそうでした。

16で結婚かぁ・・・

ちょっと、羨ましいと思ったり。

などと、ちょっと、フローレンス家でお邪魔するときはあれですよ。

相変わらず、悪魔な二人が私を見るたび、ああいう訳ですけどね。













「クレアおねえちゃん、週に4回は来てますけど、ニートですの?」

「ほら、管理局とウンディーネどっちやるかで迷ってて、結局、あれよ。」

「あぁ、職にも就かず良い感じに怠けに来ている・・・」

「そそ。」

「あぁ・・・なるほど。」

「そういうことだよ。アイリ。」

「撫子ちゃん?!」

アイリちゃんと撫子ちゃん・・・

変に、こっちを見るのはやめなさい。

なんか、恋人繋ぎしてんなぁ・・・

私の進路がどうなるかは向こうの管理人次第なので。

今は二ートと言われても仕方ないけどさ。

「二人とも、それを言う!?」

「知りませんわ。」

「そうですわね。」

ま、まぁ・・・

良いや・・・

今日は、この辺で良いと思います・・・

この二人は、ちょっと、苦手。

苦手な私がここにいる。

あれほど、可愛かったのに・・・

「クレアお姉ちゃん、こんにちは。」

「はい。こんにちは。」

まどかちゃんは、良い子。

ニートの私にも声をかけて・・・

ニートじゃない!!

私は、ニートじゃない!!

あぁ・・・

もう、この子が天使なら、あの二人は悪魔といってもいいほどに、この子は良い子!

ぎゅって、してあげるわ!!

「く、苦しいよ。お姉ちゃん♪」

「あぁ、もう、まどかちゃんは良い子♪まどかちゃん、大好き♪」

「私も、クレアお姉ちゃんのこと、大好きだよ!」

「まどか・・・まどか・・・!まどか!」

ガっくんの嫉妬なんて知ったこっちゃないわ!!

と・・・

暴走しすぎた。

唯一の良心と言うか、何と言うか、彼女が可愛かったので。

可愛いなぁ・・・

まどかちゃん。

本当に可愛いよ。

頬擦りしたくなるような感じで。

あぁ・・・

もう、可愛い。

可愛すぎて困る。

この、感触、ヤバイ可愛い・・・

まどかちゃん、ハァハァ!

まどかちゃん、ハァハァ!

まどか!!

「私の嫁になるか?私の嫁枠は開いてるぞ?」

涙子ちゃん風に。

「うぅん・・・ガザニア叔父さんがいるから遠慮しておきます!」

元気だ・・・

元気で、また、可愛い・・・!

気を使ってる!

なんていう、健気な!

「あぁ、もう、まどかは、良い子だなぁ♪」

まどかちゃんハァハァ・・・・・・

ハァハァ・・・

「眠い・・・」

「寝るかぁ?」

「うん・・・」

はぁ・・・

まどか、抱っこするとヤバイ・・・

「今日はお母さん達、いないんだ。」

「うん。そうみたいだね。」

そんな感じで、私との絡みで体力的に疲れたのか、

「ぷい・・・?ぷいぷい・・・」

アリア社長と一緒ですか・・・

ふふふ・・・

やべ・・・

まどかが可愛い。

アリア社長のお腹に触れると眠りに誘われるかの如く。

まどかちゃんは眠りについてしまいます。

えぇ・・・

今度は、私は19歳の世界ですよ。

相変わらずニート扱いですけどね。

ニートじゃないよ?

「ぷいにゅぅ・・・」

まどかちゃんとか、そんな感じで。

「わぁ・・・」

あ。

「マミちゃん・・・?」

そんな私を無視して・・・

マミちゃんは、まどかちゃんに近づいてアリア社長を抱きしめているまどかちゃんの後ろに、マミちゃんがくっつく感じで。

背中は私のものよ!

と、言わんばかりに。

まぁ・・・

なんか・・・

見ていると微笑ましいにもほどがありますね。

この二人。

アリア社長効果もありますけどね。

「ほむっ!?」

「あ、ほむらちゃん。こんにち・・・」

「まどかはわたしといっしょ。貴女には渡さない。」

それよか・・・

無視するなよ・・・

いや、マジで・・・

お姉さん、ちょっと、悲しいよ?

それよか・・・

まどかちゃんとよく絡むせいか、最近、ほむらちゃんに睨まれるようになりました。

一応、同一人物の娘なのに。

ついでに、ヴィヴィオ姉さんの娘のマミちゃんにも、何故か睨まれます・・・

独占欲強いなぁ。

もう・・・

そんなに、まどかちゃんが好きか!

私は大好きだ!

「ほむ・・・」

ほむらちゃんが、睨んでる・・・

っていうか、あの子・・・

まどかのスカートの中に入ってるんだけど・・・?

え・・・?

良いの?

アレ・・・

いや、スカートの中は流石に・・・

「ほむほむ・・・」

このような暴挙に出たのはPIXIVの変態ほむらさんで検索か?

「うぅ・・・」

まどか・・・

気付いて・・・

っていうか、スカートの中から睨まれると笑うしかない・・・

やべぇ・・・

アレ、受けを狙ってんのかな・・・?

「あれ・・・?クレアちゃん、また、いたの・・・?」

「そりゃ、管理局代表としてこの世界の調査のためですから。」

って、ティア姉さん、または無いでしょ・・・

または・・・

あれ・・・?

私、やっぱり、ニート・・・?













いや、ニートじゃない!!!!!!!!!

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 クレアちゃんがニート化している(汗
 ちなみに、このくらいのクレアちゃんの職業は未定です。
 もしかしたら、すでにガっくんと結婚しているかもしれませんので(ぶっちゃけ
 もっといえば、すでに子供がいるかもしれませんので(ちょ
 まぁ、どうなるかはこれから次第ってことで。
 そして、ほむらさん、ナイス変態でした(笑
 今回もごちそうさまでした。
 それでは、これからも頑張ってください。応援しています。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2011/05/01 06:16 | URL |

Re: タイトルなし

まぁ、なんていうか・・・ニート化してますね。ニートになってますね。
そんな感じで、ニートになってますねぇ・・・あぁ・・・ニートですねぇ。
っていうか、まだ、決まって無いんですね。クレアちゃん。
はぁん・・・もう、結婚とか、そんな感じですね。あぁ・・・結婚・・・そう言えば、19になれば結婚できる年頃ですしね。将来有望な感じで。
あ、確かに、子供がいそうな感じがする。
んで、ほむらさんは、基本・・・変態・・・では無いはず・・・?
たぶん、将来有望な感じで。
そんな感じで、頑張ります。

| 月 | 2011/05/01 11:17 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/3695-6c860973

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT