PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ぽんぽん。

でへ。


「まろまゆ・・・もちもちぽんぽん・・・」

「ぷ、ぷいにゅぅ~♪」

「なんだか、だらしない顔してるのー」

「あはは、あはは~♪この感覚~♪」

アリア社長の、この感覚に、はまるのは当然なの。

仕方の無いことなの。

なんていうか、アリア社長のおなかは、世界遺産なの。

アリア社長の可愛さは、世界遺産なのー

本当に、世界遺産なの。

それほど、可愛いの。

大人のフェイトちゃんも、その、可愛さから、逃れられないの。

でも、はまると、3時間以上・・・

あの・・・

そろそろ、離しても良い頃だと思うの・・・・

やっぱり、シンシアおばちゃんの親だと思ってしまったの。

えぇ・・・

「ぷいにゃぁ♪」

でも、この病気にかかると、大変なの。

他には、アレなの。

その感覚を忘れられないほどの、etc...

なの。

あの、もちもちぽんぽんは、ほかでは、代用できない代物なの。

それが、アリア社長のもちもちぽんぽんの凄さなの。

その魔力からは、誰も、逃れられないの。

まぁ、そんな感じで、もちもちぽんぽんは、素晴らしいのー♪

「わたしは、もちもちぽんぽんより、なのはのピー(ナカ)の方が良いなー」

「フェイトちゃんは、変態キャラはやめてほしいの・・・」

流石に、この場にいる、全員が引いたの・・・

「嫁の私に恥じ描かせるなんて、フェイトちゃんは、お仕置きなの・・・!」

30分待つのー

「お仕置き返しされたのー・・・」

「ぷいぷい・・・」

はぁ・・・

なんか、人生って、なんなの?

ちょっと、センチなお年頃・・・

なの。

「ぷいにゅ?」

「哀愁漂うなのはも、食べたくなるなー」

「やめなさい・・・」

フェイトちゃんは、私の世界のフェイトちゃんのことを、ちょっと、恥ずかしいと思ってるっぽいの。

ただ、それも、仕方ないの・・・

フェイトちゃん、こっちに着てから、こっちの世界の私に感化されすぎて、ちょっと、いろいろと、おかしくなってしまった感が凄い、強い感じがしてならないの。

お腹、さすさすなの。

「ぷいぷい・・・」

まぁ、アリア社長のお腹は気持ちいから、それで良いの。

「何か、ロリなのはは、馬鹿で可愛いなー・・・バ可愛い・・・」

「でへへーなの♪」

アリア社長のぽんぽんでも、触っていれば、幸せなのー・・・

あははー♪

「ばかわいい・・・ロリなのは・・・」

「フェ、フェイトちゃん・・・・・・?」

「ぷいにゅぷい♪」

「まろま・・・あれ・・・?」

触ろうと思ったら、そこには、何もいないの・・・

アリア社長が、いないの・・・

「う。」

「ア、アイリ・・・!?」

愛しい恐怖のマイシスター

「う。」

「え、手紙?」

「う。」

ともあれ、アイリから、渡された、その手紙の内容は・・・

「いい加減、アリア社長を返せ。by高町クレア。」

と、言うことで、

「う。」

踵を返して、アイリは、いなくなりました。

ついでに、アリア社長と一緒に・・・

うん・・・














「アイリー、お使い、よく出来たねー♪」

「はぅ♪」

その夜、アリア社長が帰ってきたのは、9時過ぎでございました。

ティア姉さん、凄い、喜んでますね。

これ・・・

はい。

それよか、こういう、ムチャ振り出しましたが、彼女、どうやって、ミッドチルダに行ったんですか・・・

それが、結構、気がかりだったりするような・・・

まぁ、考えないが正義だとは思いますけどね。

はい。

「そういえば、今日は、お母さんのところに行ってたんだっけ?」

「ぷいにゅ。」

こくりと、アリア社長が、頷くわけですが、その姿が、とても、キュートです。

うん。

流石は、アリア社長・・・

あの、可愛さは、本当に素敵だと思いますよ。

最近、エレノアが、喋ったけど、気にしない方向で。

うん・・・

アリア社長ですね・・・

アリア社長は、可愛いですね。

この始まり方から始まるこういう系統の話、何回でしょうね?

本当に。

まぁ、アリア社長は、可愛いから、仕方ないわけですが。

「アリア社長。」

「ぷい?」

「ありがとうございました。」

「ぷいにゅ♪」

ゆっくり、頷いて、私の頭を撫でるアリア社長は可愛かったです。

そして、肉球たまらん・・・

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 アリア社長のかわいさを浮き彫りにするようなお話でしたね。
 しかし、アリア社長は本当に罪作りな猫さんですね。
 フェイトさんをも虜にしてしまうとは。
 まぁ、アリア社長なのだから、当然な気もしなくはないですけど(苦笑
 はたして、次にアリア社長とフェイトさんが御対面するのはいつになるやら。
 そこんところを楽しみにしています。
 それでは、これからも頑張ってください。応援しています。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2011/02/27 00:05 | URL |

Re: タイトルなし

アリア社長がいれば、世界が平和になります。正直に言ってしまえば・・・
ま、アリア社長の魔力は反則ですねー・・・
やっぱり、フェイトさんをとりこにしてしまうのは、彼女の、いや、アリア社長の魅力!
あん、ぽんぽんとか、色々と、やりますからねー・・・はい。凄いですよ。多分・・・
次に、対面するのは・・・また、いつか・・・
そんな感じで・・・アレでうs。
明日も、頑張ります。

| 月 | 2011/02/27 00:18 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/3545-3ef586bf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT