PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夢でー

会ってくるわ。


「ガっくん・・・」

「へ?」

「ガっくんは、スサノオに会ったと聞きます。」

「ま、まぁ・・・」

ガっくんが見たのは、神の生まれ変わりです。

神人・・・

別名、テスタメント。

うぅん・・・

成る程。

「どうだった?」

「とりあえず、まぁ、凄かった・・・」

色々と凄かったらしいです。

管理人曰く、ガっくんがスパロボで言う無改造のキングゲイナーであれば、出会ったスサノオは20段改造し終わったキングゲイナーXAN-斬-らしいです。

・・・なに?

XANって・・・?

まぁ、それは、ググレらしいですけどね。

私が出会った人は、

「ケット・シー・・・」

「あぁ、らしいね。」

「の、人間体・・・」

「え・・・?」

「いや、見たの・・・」

「そうなんだ・・・」

「うん・・・」

まぁ、ガックン、信じてくれたようです。

まぁ、アレですけどね。

恐らく、この世界のルールに慣れた的な方が強いかもしれませんが。

「どう、思うかな・・・?」

「うぅん・・・良く、解らないけど・・・」

「そっか・・・」

はぁ・・・

まぁ、どうしよう。

彼女の存在は、アレだけど。

「とりあえず、ケット・シーさんだったら、それで、良いんじゃないかな?」

「うん・・・そうなんだけど・・・」

思うのは、

「どうして、私に人間形態を見せたんだろ・・・」

ボーっと、思うことは、そこです。

はい。

「まぁ、アレだよ。クレアちゃん。」

「あれ・・・?」

と、まぁ、そんな感じで、アレですよ。

言いたいことは、アレでございます。

はい・・・

なんていうか、さぁ・・・

ほら、アレですよ。

ほら・・・

「だから、あれって、何よ?」

「たぶん、あれだ。」

「いや、だから・・・何・・・?」

「お話でも・・・したいんじゃないかな?」

「話・・・ですかい・・・?」

「うん。」

まぁ、話か・・・

話も、悪くは無いと思うわけですけどね。

まぁ、なんだろ・・・

特に、話と言えば。。。

何も、思うことは無いような、あるような、って言うか、どうでも良い。

まぁ・・・

「どういう、話をしたか、楽しみにしてるよ。」

「え、そういう、いべんと・・・?!」

ま、まぁ・・・

そういうことにしておこう。
















ふと、私しか知らないと思っていた秘密と言うのがあります。

はい・・・

まぁ、なんていうか、アレですよ。

とりあえず、あのことを、姉さんに話してみようと思いました。

私。

何で、姉さんに話そうと思ったのか、アレですけど。

まぁ、クレアお姉ちゃんなら、信じてくれそうだったので。

「ケット・シーさんって、人間形態になれるんですよねー・・・」

「あぁ・・・そうね。」

ん?

あれ・・・?

「フローレンスの血の子は10代になると、全員、見るのよ。」

フローレンスの子供・・・

ってことは、後にアイリちゃんも、あの人の姿を見ることができるのか・・・

へェ・・・

「じゃぁ、何で、私は・・・?」

「気に入られたんじゃないの?」

「はぁ・・・」

「まぁ、気をつけなさい。お気に入りの子は連れ去れるって、こともあるし。」

「へ?!」

ちょっと、姉さん、何を・・・

「ア、連れ去る?いや、どっち、だ?」

「それは、お狐様でしょ?」

「あぁ、そっか・・・」

って、ニア姉さん。

久々の出番・・・

「大丈夫。単に、お話したいだけよ」

「お話・・・ですか。」

「そう。だから、相手をしてあげなさい。」

「そのつもりですよ。」

「そう。それなら、よしとしましょう。」

「はぁ・・・」

しかし、ケット・シーさん、あれですね。

ケット・シーさん・・・

まさに、何か、この人は、何・・・?

てきな感じですよね。

これ・・・

一言で、彼女を表現するのであれば、それは、神秘・・・

そうかもしれません。

彼女の存在は、神秘です。

はい・・・

神秘・・・

ケット・シーさん、そもそもの存在なんて、私にはもう、神秘そのものです。

うぅん・・・

「とりあえず、アリア社長は、何か知ってる?」

「ぷいにゅ。」

教えられないの?

「ぷいにゅぷぷい。」

それは、私自身の目で確かめて。

と、言うことか・・・

とりあえず、なんだろう。

出会いは、夢・・・

寝るか。

「ぷい。」

夜ー

と、言うことで、お休みなさい。














そして・・・

やっぱり・・・

「あら、いらっしゃい。」

今日も、彼女は、そこにいる。

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 今日も夢の中で出会えるとは、本当にケット・シーさんに気に入られちゃいましたね。クレアちゃん(しみじみ
 しかし、血筋の子はみんな見るっていうフローレンス家はあいかわずすごいですね(汗
 さぁて、クレアちゃんはどういうお話をケット・シーさんにするのか。そこんところが楽しみですね。
 それでは、これからも頑張ってください。応援しています。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2011/02/21 06:16 | URL |

Re: タイトルなし

夢の中で出会えて、そのまま、お持ち帰りされてしまいそうな・・・いや、そんな訳がないとは思いますが・・・お気に入りですね。
血筋の子が全員、見えるのは、やっぱり、灯里ママの娘や孫であるからだと思いますね。
クレアちゃんと、ケット・シーさんの会話は・・・まぁ、普通ですね。世間話とか・・・そんな感じです。
明日も頑張ります。

| 月 | 2011/02/21 10:22 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/3535-6c1eaa0a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT