PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

えあ

特に何も無い。


最近、アリア社長は子守に夢中であるような、そんな感じがします。

うん。

まぁ、あんだけ、可愛い子達が集まれば、そうなりますか。

「ぷいぷい~♪」

まぁ、あれですけどね。

うん・・・

ちょっと、色々と。

アリア社長は可愛すぎて、困ります。

なんだかんだで、他の子がいようとも、アリア社長の可愛さが際立ってしまうような、そんな感じの世界。

んー・・・

今日も、今日とて、管理人、考えてないんだな。

そんな感じで・・・

今日は、あんま、考えてないな・・・

こんなに、ぐだぐだだし。

とりあえず、ネタが今日は思い浮かばないのかなー。

トイレに入っても、風呂に入っても。

と、まぁ、だから、無駄に会話が少ない。

そして、説明的な文章が続く訳で。

「アリア社長は可愛いですよねー」

とりあえず、最近、あれですね。

夜のベッドはあれですよ。

アリア社長を中心に、色々と、と、言う訳で。

シンシアは独り占めできないから、色々とありますよ。

時折、呪詛が聞こえます。

本当に・・・

まぁ、アリア社長に触りたいと言う子がたくさんいますからね。

うぅん・・・

何て言うか、あれですよ。

ましてや、赤ん坊にとっては、大事な親友になるような感じですからね。

アイリちゃん然り、美琴ちゃん然り、レイアース姉妹然り。

撫子ちゃん然り。

ハム子ちゃん然り。

まぁ、何て言うか、ベビーブームと言う感じで、あれですね。

まぁ、アリア社長、可愛いですからね。

彼女らがはまるのも、無理はない。

「ぷい?」

あれ、半目あけて、起こしてしまった。

アリア社長。

アリア社長をたたき起こしてしまった的な?

「何でもないよ。一緒に寝よ?」

「ぷいぷいにゅ。」

アリア社長と一緒に寝ることは、凄い、良きことかな。

えぇ・・・

考えてみたら、アリア社長には、良く、お世話になっているのが私ですね。

うんうん。

お世話になりすぎている感じでねー。

と、まぁ、意味の無いあの、無駄なくだりはやっと、終わって。















朝。

最近、昼の描写描いてない気がする。

管理人、書きやがれ。

真綾さんボイスと沢城さんボイスが響く、フローレンス家。

それよか、朝だったはずが・・・















昼。

脅しが効いたような気がする。

久しぶりに、ゴンドラの上に乗ったような気がする。

そして、久しぶりに、皆と練習している気がする。

「最近、メタ発言多いわねー」

「そうかな?」

「そうよ。」

「そっか・・・」

「とりあえず、アリア社長は可愛いって、感じで。」

「ぷいにゅぅ♪」

うん・・・

アリア社長、喜んでるのは良い。

しかし、何故・・・

「って言うか、何で、お客さん・・・?」

「いや、フローレンス家の人・・・」

アイギスさんと、エリザベスさんと、ハム子ちゃん。

「此処が、ネオ・ヴェネツィアであります。公子さま。」

しかし、公子ちゃんさー・・・

あれ。

お母さんより、目立ってるよね・・・

いや、マジで・・・

「そう言えば、クレアさー。」

「何?」

「あんたのゴンドラに、霊体がいない?」

「えっ!?」

嘘・・・!?

この、ゴンドラ、まさか、呪われている的な感じの話ですか!?

ちょっと、勘弁して!

「ほら、そこに、虚ろに映る存在が・・・」

「ちょっと、待つであります。」

と、まぁ、そこに存在しているのは誰だろう的な感じで。

アイギスさん、マジで・・・

ちょっと、ね?

ペルソナを召喚するほどに、荒れな感じですけどね。

私も、恐いですよ・・・

「あのさ・・・!私が虚ろに見えるとか、また、嫌がらせか!!」

え・・・?

幽霊が、喋りかけてきた!?

「エレノアだよ!!エレノア!!」

「あ・・・」

「シャドウでありますか?」

「影じゃない!」

「むー?」

まぁ、空気だわなー・・・

なんか、こう、気づかれない感じのあれが。

うん・・・

とりあえず、まぁ、何だろう。

「頑張れ・・・」

「何をだよ・・・」

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 エレノアちゃんがどんどんとかわいそうなことに(汗
 本来は空気じゃないんですけどね~(遠い目
 まぁ、いいや。
 さて、アリア社長は本当にみんなの心をつかむんですね~。
 赤ん坊たちさえもゲットする。
 まぁ、本人的にはそんなつもりはないんでしょうけどね(苦笑
 でも、それもまたアリア社長ですよね(しみじみ
 うん、ごちそうさまです。
 それでは、これからもがんばってください。応援しています。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2011/02/12 06:17 | URL |

Re: タイトルなし

まぁ・・・彼女、空気ですからねー・・・普通ゆえの悲劇とでも言いましょうか。
普通って言うと、やっぱり、空気要素確定ですからねー・・・この世界だと。
悲しい世界であり、また、厳しいような感じで。
アリア社長は存在自体が特別な方なので、もう、素晴らしいの一言ですね。
あの、可愛らしい外見で、全ての子供たちの心を己の中に自然とつかめる状況にいるような感じで。
だから、愛されてるんでしょうね・・・心が、純粋ですし。
自然とそれを為す力があるから、アリア社長は可愛いんでしょうね。
そろそろ、あのひだなーと、思いながら・・・
明日も、頑張ります。

| 月 | 2011/02/12 15:54 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/3509-b2e619da

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT