PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

いんたーみっしょん。

ちゅーかん。


「千歌音ちゃん、アリア社長、かわいいよ?」

「うん・・・かわいい・・・でも、姫子のほうがもっと、かわいい・・・」

「あらあら。」

「ぷいにゃぁ♪」

まぁ、何だろう。

アリア社長がいると、色々と安定しますね。

「姫子と、一緒・・・」

「うん?」

「わたしは、姫子が、すき・・・」

「わたしも、だいすきだよ?千歌音ちゃん。」

笑顔で、言われると、千歌音ちゃんは、頭の中が混乱してしまうのです。

まぁ、そんな感じで、うれしすぎて。

可愛い感じですが。

幼そうに見えている姫子ちゃんが攻めっぽいけど、夜は千歌音ちゃんが攻めになりそうな感じで。

「千歌音ちゃん?」

「へ・・・あ?」

「どうしたの?だまちゃって。」

「その・・・姫子のいってくれたこと・・・すごい、うれしかった・・・」

「わたしも、千歌音ちゃんに好きって、いってくれて、うれしかったよ。」

「ひめこ。。。」

「だって、私にいってくれる好きは、とくべつな、好きだもんね。」

「姫子・・・姫子・・・姫子!!!」

あぁ、勢いあまって、抱きしめてる・・・

まぁ、此れが、アレですけどね。

結構、可愛い光景なんですけどね。

「千歌音ちゃんったら。」

「私、姫子のお婿さんになるの!」

「私は、千歌音ちゃんのお嫁さんで良いの?」

「姫子しかいないもん!」

っていう、もう、管理人はこの二人が結ばれるのは確定ルートらしいですね。

流石は、永遠の愛を誓った、百合っぷるですね。

取り合えず、言いたいこととしては・・・

微笑ましいなと。

はい。

本当に。

まぁ、良いんですけど・・・

「姫子ちゃんと、千歌音ちゃん・・・私たちと同じ感じがして・・・」

「まぁねぇ・・・」

と、まぁ、色々とあった、感じですね。

本当に・・・

「ぷいにゅ。」

まぁ、アリア社長も、私たちも変わりませんね。

本当に・・・

気づけば、そこにいるような感じで。

アリア社長は、今日も、ぽよんぽよんです。

特に、お腹が。

まぁ、アリア社長が変わったところと言えば、あれですよ。

結婚しましてね。

流石に、相手は言えませんが。

相手を言った瞬間、それは、クレアちゃん達が、向こうに帰る話になりますし。

まぁ、この、合宿から帰ってきたら、新たな、試みがあるようですよ。

どういう展開なのかは、解りませんけどね。

「ぷいにゃぁ、ぷぷい♪」

まぁ、そんな感じで・・・

アリア社長に、任せて置け・・・!

見たいな感じになってますが。













「そんな感じで・・・やってまいりましたね。この時間。」

「そもそも、何で、未来編・・・」

「まぁ、そんな感じで、未来編。」

「ヴィヴィオ・フローレンス、33歳です!」

「うん。そうね。33歳ね。」

永遠の33歳です。

いや、マジで。

管理人のある種の理想の世界であるが故に、私たちは、33です。

私達が死ぬのは、管理人がこのブログを閉鎖した時かもしれませんね。

まぁ、そんな、ブラックジョークはおいといて、

「未来編ですよ、ヴィヴィオ。」

「そうだね。ティア。」

「まぁ、クレアちゃん達は、しばらく、お休みと言うか、現代でこれを見てる的な?」

「まぁ、一部を伏せながらね。あの子達を預かってる状態で、未来編は本格スタートできないから。」

「ま、しばらく、する気はないようだけどね。」

「そりゃ、そうだ。」

ってな、訳で・・・

「じゃぁ、何で、此処で・・・」

「ん―・・・見るべきものの、プロローグ的な?」

「あぁ・・・」

「まぁ、あのテンションでやって行くよ?」

「的な感じで。」

「んで、12月から、何か、やんの?」

「某特撮映画がやるから、ちょっとね?」

「連動するかも・・・しれないと。」

「うん。」













まぁ、そんな感じで・・・

「インターミッションでした。」

「出番、少ない・・・」

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 つまり、未来編は来年になるということですか。
 まぁ、たしかにそっちの方がいいかもですね(苦笑
 しかし、この世界の幼子たちはヴィヴィオママンとティアママンのかつての姿にだぶる子が多いですね。
 まぁ、それだけラヴラヴということでしょうけど。
 いいことですね。
 それにしても、アリア社長結婚したんだ。
 相手が誰なのかが非常に気になるところですが、そこはおいおいですね。
 今回もごちそうさまでした。
 それでは、これからも頑張ってください。応援しています。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2010/11/30 06:21 | URL |

Re: タイトルなし

なるような・・・ならないような、そんな、あいまいな感じです。
まぁ、とりあえず、現状維持って感じになるようなそんなものです。
えぇ。
さて、言われてみると、そういう二人が目立っているような・・・血縁者ェ・・・
愛の力ですね。確かに・・・
さすがにアリア社長も五年後には結婚、なされて・・・誰と結婚したかは。
それは、まだ、内緒です。
はひ・・・
ってな、わけで・・・ありがとうございました。
明日も頑張ります。

| 月 | 2010/11/30 10:45 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/3356-c57cfa60

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT