PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

まだまだ続くよ。

未来編


そんな感じで、未来編はまだまだ、続きます。

未来編は、色々と、続きますよ。

本当に・・・

「美琴ちゃ~ん!おはよう~!」

「白井さん、おはようございま~す!」

「あぁ、二人とも。」

そんな感じで、美琴ですね。

美琴。

さて、まぁ・・・

そんな、二人に、挨拶したのは、涙子ちゃんと、飾利ちゃん。

近所の子だったりしますね。

涙子ちゃんは、アイリにちょっと、声が似てる感じね。

涙子・グランチェスタちゃんと、飾利・キャロルちゃん。

藍華ママと、まぁ、皆、うちとかかわりのある子たちだったりします。

まぁ、原点だと、佐天涙子、初春飾利って言う名前の方がご存知かと思いますよ。

とにかく、この子達は、4人で、良くまとまっていることが多いかな。

「る、るいこ・・・」

まぁ、美琴は涙子ちゃんに片思いしたりと、色々とありますが。

もう、この際、4人で、付き合ってしまえば良いんじゃないでしょうか?

美琴が少し、喧嘩っ早くて、フローレンス家の切り込み隊長とか呼ばれているようですね。

んで、下の三人の助けもあり、攻撃方法とあいまって、超電磁砲組・・・

つまり、レールガン組と呼ばれているようです。

まさに、とある科学の超電磁砲・・・

うん。

まぁ、自ら渾名として、御坂美琴、白井黒子・・・

あぁ、昨日のは間違えました。

素で・・・

名前は、黒子・アルピーノ。

メガーヌちゃんとクイントちゃんの娘ですね。

んで、まぁ、落語家の世襲のような感じで、白井黒子とわたし達が名づけてあげました。

んで、他の二人は佐天涙子、そして、初春飾利という名前をね?

世襲しましたよ。

まぁ、そんな感じで・・・

今日も、何かを狩って訓練ですね。

まぁ、なんだ・・・

頑張れ。

「美琴ちゃんって、正直、目立たなかったよね。」

そんな感じで、おいでませ、現代。














「でも、その分、電気の威力とか、結構、凄かった。」

「あぁ・・・何か、生まれながらにしての、電気がね。」

「あの、神速みたいなこと、できるらしいよ。」

「HHのキルアみたいな?」

「そう。」

「それは、凄いな・・・」

「ね。」

ともあれ、そんな感じで・・・

「結構、可愛い子だよね。」

「意外と、礼儀正しかったしね。」

「うん。わかるね。」

「フローレンス家の子たちは、やっぱり、ウンディーネだから、礼儀正しいし。」

「でも・・・あいりは・・・」

「そうね・・・シンシアは、そうね・・・」

まぁ、精気とかそういう問題だったりします。

「アイリはなぁー・・・」

まぁ、

「女同士が結婚の、この世界だからね。」

「亜美さんたち、まだ、出てないよね。」

「どんな子達、生むんだろ・・・」

ともあれ、戻します。













「ごめんね~・・・撫子が、いつも、そっちに行って。」

「いえ。」

「あらあら、舞衣、どうしたの。」

「ちょっと、つかれたかも。」

「大丈夫?」

「うん。大丈夫だよ。」

アレから、五年たち、とうとう、ウンディーネ同士の結婚は9.9割当たり前のものとなりました。

今日は、灯里・フローレンスです。

わたしが、メインですよ。

管理人の仲で、全てのアニメキャラの仲で、一番のお気に入り・・・

らしいですね。

ふふ。

だから、撫子ちゃんを授けたのでしょうか?

まぁ、いっか。

「ママ~♪」

「こんにちは。」

「ぷいにゅぅ。」

「あ、アリアしゃちょう・・・」

そういえば、アリア社長は変わっていません。

そうそう、アリア社長もとうとう、色々とあったんですよ。

何があったのか、それは、内緒だったりします。

ふふ。













「え、ちょっと、凄い、きになるんですけど・・・?」

「ま、シンシア・・・五年後だね。」

「うぅ・・・」













そこは、見れなくて、ちょっと、悲しい。

まぁ、どうなるんだろ。

「舞衣は?」

「寝てるよ。アリシアママといっしょに。」

「せっかくのおやすみなのにね。」

綺麗な髪をなびかせながら、言う撫子は親ばかといわれても、かわいらしい。

そんな、彼女が歩いた瞬間、銀杏が舞い始めたのはとても、綺麗でした。

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 ひさしぶりの灯里さん登場ですね~。
 しかし、灯里さんが登場すると場がほのぼのしますね~。
 しかもお子さんも一緒だと余計にね(しみじみ
 前半はレールガン組の活躍(?)だったのに、後半で灯里さんが持って行きましたし。
 それだけ華があるということなんでしょうね。
 うん、今回もごちそうさまでした。
 それでは、これからも頑張ってください。応援しています。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2010/11/29 09:57 | URL |

Re: タイトルなし

超電磁砲組は今日も、相変わらずな感じです。
まぁ、久しぶりの灯里ママが登場という感じで。
さすがは、癒しの女神ですねぇ・・・自分で、名づけましたけど。
ただ、撫子ちゃんは余り、灯里ママに似ていないというのが現状だったり・・・性格的な部分が。
まぁ、灯里ママはあれです。
癒し担当で・・・そのうち、生まれて、華がもうひとつ、生まれるような感じです。
明日も、頑張ります。

| 月 | 2010/11/29 11:05 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/3355-29f13098

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT