PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

撫子。

ちゃん。


「んー・・・もう、朝・・・」

騒がしい・・・

そんな、朝・・・

私の名前は、ティアナ・ランスターですね。

「おば様・・・」

「あら、撫子ちゃん。おはよう。」

「うん。おはようございます。ティアナお姉さま。」

まぁ、お姉さまと呼ばれているのは、ヴィヴィオの妹であるからだったりします。

「アイリ。」

「んー・・・撫子・・・」

「おはよう。」

「まぁ・・・」

撫子ちゃんは、アイリの頭を撫でたり、唇を奪ったりしてますが・・・

流石は、将来の相手・・・

まぁ、親としても、この二人が結ばれることを、ある程度、妥協しないといけませんね。

「おはよう。撫子。」

その、流れるような、とにかく、綺麗な髪の持ち主である撫子ちゃん。

まさに、アリシアママと灯里ママの娘とでも言うべきでしょうか。

とにかく、綺麗な髪と灯里ママとアリシアママの二つの良い部分を持った、綺麗な顔立ちは、凄い綺麗。

五歳児でありながら、モデルでも、やりそうだな・・・

本当に。

ただ、そんな感じの、彼女の夢は・・・

「アイリと幸せな家庭を築き、ウンディーネとして、アリアカンパニーで暮らすのです。」

「あぁ・・・成る程・・・」

「そ、そんな・・・撫子・・・」

「アイリ、私は、本気だもん。」

と、まぁ・・・

こんな、子ですから。

アイリは、もう、ドッキューンと。

心奪われてしまった感じで。

「まぁ、撫子ちゃんになら、アイリを任せても良いかな。」

「オ、お母様!?」

「お姉さま・・・」

「ね?ヴィヴィオ。」

「んー・・・生まれたときから、それは、思ってたもんね。」

「うん。」

まぁ、撫子ちゃん。

どんだけ、可愛いかって言うとね。

まぁ、管理人の好きな和風美人の良い部分をほとんど、取り込んだ感じになってます。

管理人は和風美人が大好きですから。

とにかく、着物とウンディーネの制服が似合う女の子というコンセプトで書いているわけですね。

誰も、イラスト化はしてくれていません。

まぁ、そんな感じで・・・

撫子ちゃんは、とにかく、可愛く小悪魔っぽく。

でも、好きな人が傷つけば、鬼となるような、そんなコンセプトの女の子です。

はい。

まぁ、そんな感じで、撫子ちゃんですね。

ある種、最強のオリジナルキャラという感じで。

そして、

「アイリの旦那様。」

「あぅ・・・」

ってな、感じで・・・

「アイリを、よろしくお願いします。」

「は、はい。」

頑張れ。







まぁ、アレインちゃんとノワちゃんの件も含め、色々とありますけどね。

今日は、忘れ去られてしまっているであろう、娘達が大量に登場です。

嘘です。

流石に、あの文字数じゃねぇ?

ちょっと、色々と、集中するために、文字数は少なめです。

ッていうか、これ、合宿前に書いてます。

うん・・・

そんな感じで・・・

今日も、参りましょうか。

5歳、成長した末っ子達が・・・

正直、皆、良い子ですよ。

さて、まぁ・・・

振られていないところと言えば、千華留ちゃんとこの娘と、シンシアちゃんの娘と、舞衣ちゃんあたりか。

とりあえず、そろそろ、来るかな。

彼女達が主役のお話が。

「お姉さま~~~~!!!!!!!!」

「ひぃぃぃいぃぃ!?!?」

美琴・・・

アイリのお姉ちゃんです。

同い年のお姉ちゃんですけどね。

と、まぁ、そんな感じで・・・

やってきたのは、一つ年下の女の子。

名前は、白井黒子ちゃんです。

はい・・・

まぁ、懐かしい。














「でさ・・・最初、撫子ちゃんを見た時、威圧感を感じた。」

「あぁ、わかる。」

そんな感じで、現代。

「わたしはね、凄い、何か、怖かったんだよね。その力が・・・暴走したら、やばい感じで・・・」

「うんそう。それ。」

「正直、お母さんやお父さんでも、勝てないような。」

「あぁ、そうそう。なんだったんだろうね。」

「とはいえ、かのじょのちからはほんものだよ。」

「うん。わかる。わたしも。」

と、まぁ・・・

そんな感じですね。
















「く、黒子・・・」

駄目だって・・・

まぁ、そんな感じで、襲っちゃったら・・・

「だって、お姉さまのこと・・・」

まぁ、純粋にお姉さまのことを一途に愛してしまっているのが、黒子ちゃん。

続きは、また、明日。

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 美琴さんが出るのであれば、黒子さんも出るのまた摂理、いや、違った自然ですよね~(しみじみ
 しかし、黒子さんは変わりませんね~。どこに行っても、そのキャラだけは変わらない。まぁ、それが彼女の魅力ですが(笑
 しかし、本当に新キャラ、というか、他作品のキャラが多くなってきましたね。
 これからどうなるのか。そこんところが楽しみです。
 それでは、これからも頑張ってください。応援しています。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2010/11/28 00:15 | URL |

Re: タイトルなし

そんな感じで・・・出てまいりました。他作品のキャラが、二人ほど・・・!
なんて、感じで・・・黒子様は基本、変わりませんw彼女は、もう、それほど一途に愛してくれれば、素敵だと思います。
まぁ、五年後の世界はお遊び的な感じなので。
展開的には変わらないかと思いますw
それでは・・・・
明日も、頑張ります。

| 月 | 2010/11/28 10:05 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/3353-68ed1844

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT