PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

きれい

五歳児。


「姫子・・・」

そんな感じで、やってまいりました。

とある、子供たちの夜の生活。

「なぁに?千歌音ちゃん。」

「もっと・・・抱きしめて・・・」

「はいはい・・・」

「んー・・・気持ちい。」

にゃぅにゃぅ・・・

してるような感じで。

頭を撫でながら、姫子ちゃんの胸に溺れるような感じで、安らかな寝息を立てているのは千歌音ちゃん。







とりあえず、季節は、秋で、まだ、朝です。

まぁ、休日と言うことで、色々とありますが。

朝寝坊と言う感じで、結構、良い物でございます。

ただ、まぁ・・・

この子達の場合も、色々とあるような、無いような。

休日の朝とは言え、5歳が9時起きと言うのも、どうも、微妙な感じがしますね。

「千歌音ちゃん。」

「んー・・・」

「千歌音ちゃん!おきて!」

「やだー・・・姫子もー・・・」

まぁ、寝ていたり。

方や、普段着で、方やパジャマな二人組。

その二人は、夫婦です。

もう、5歳にしていながら、百合夫婦でございます。

「千歌音ちゃん、おきて。」

「姫子がキスしてくれたら、おきる・・・」

「もう、千歌音ちゃん!」

なんか、

「ませてるわね・・・千歌音ちゃん・・・」

「プレシアの教育に問題があると言うか・・・何と言うか・・・」

一応、血はつながっていても、問題なく行けるわけですが。

この二人の場合は絆と言うか、何と言うか・・・

全てが繋がっているような感じで。

前世に色々とあったような予感。

まぁ、そんな感じで・・・

桃子の娘である、姫子ちゃんと千歌音ちゃん。

千歌音ちゃんはプレシアちゃん×桃子で・

姫子ちゃんはリンディちゃん×桃子で成り立ってますね。

一緒のベッドの上で寝たり、一緒にお風呂入ったりと。

最近、二人だけで入れるようになったり。

まぁ、クラス替えとか、常に二人一緒にならないと、大変なことが起きることがあり、常に一緒にいたりと。

と、まぁ、千歌音ちゃんが大人っぽい外見?

な割に、わがままで。姫子ちゃんは子供っぽい外見?

な、割に大人っぽい良い子です。

まぁ、そんな感じで・・・

外見に反して、何とやら。

って、感じかな。

まぁ、何だろう・・・

フローレンスベビー達は、色々と、危険ですけどね。

フローレンスベビー達は、何て言うか。

今日も、元気ですよ・・・

「どうして、起きてきてくれないの?」

「だって、姫子がキスしてくれないんだもん・・・」

「レイナちゃんたち、もう、行っちゃったよ?」

「いいの・・・姫子が、そばにいてくれれば。」

「もう・・・我がままなんだから。」














「・・・あぁ、桃子お婆ちゃんの子どもか。」

ってなわけで、現代。

「なんか、二人とも5歳とは思えない、綺麗さだよね。」

「本当に・・・」

「って言うか、人形かと思ったよ。」

「とりあえず、私たちの将来って、何だろう・・・」

将来でございます。

まぁ、ウンディーネやってんだか、シルフやってるんだか・・・

結構、微妙かもしれません。

「本当にね・・・」

「まぁ、私達の世界のお婆ちゃんって、そうじゃないしね。」

「うん・・・」

ってなわけで。














ギュッ・・・

「千歌音ちゃん?」

「今日、姫子がいなくなる夢見た・・・」

「私は、いなくならないよ?千歌音ちゃん。」

と、まぁ・・・

「なんか、似てるわね。あの二人。」

「何が?ママ。」

「小さいときの、私とヴィヴィオに。」

「そんなに?」

「うん・・・」

とりあえず、営みをしない時点で、健全かもしれませんが。

ある程度、世間の接し方は学んでいるようで。

姫子ちゃんに友達が出来ても、何も言わない感じ。

ただ、睨むだけ。

まぁ、そんな感じで・・・

夕方。

皆と遊び終わった後、ただ、一緒に帰ってくるとあれです。

その後は、

「私、私、我慢、我慢したよっ!怒らないように、ちゃんと、ちゃんと、我慢したよっ!」

とりあえず、辛いようで、泣いてしまう様子。

しかし、まぁ、

「良い子。千歌音ちゃんは良い子。」

と、まぁ・・・

そんな感じで・・・

優しく抱きしめて諭す姫子ちゃんは・・・

良くできた子だ・・・

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 五歳にして独占欲バリバリ。
 さすがは、フローレンス一家の娘様。五歳にしてこれほどとは。
 たしかに、このカップルもヴィヴィオママンとティアママンのかつての関係に似ていますね~。
 このまま健全な方向で成長してほしいものですね。
 うん、今回もごちそうさまです。
 それでは、これからも頑張ってください。応援しています。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2010/11/26 06:16 | URL |

Re: タイトルなし

まぁ、宮様ですからねぇ・・・
フローレンス家の女たちの独占欲は半端無い仕上がりとなっております。
此処の姫千歌のフラグもそうなるだろうなーみたいな感じで。
祖母が祖母ですから、似ていたりするわけで。
多分、健全かと思います。
このあとも。
そんな感じで、頑張ります。

| 月 | 2010/11/26 09:10 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/3352-09058d6a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT