PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ごねんご

その二


五年経っても変わらないことって、本当にありますよね。

逆に、それ以上になってしまうようなことも。

「うるしゃい・・・」

「アイリ・・・?」

「ママたちのじゃないの・・・」

夜に煩いと言う感じで・・・

私はですね。

寝ていたら、アレですよ。

色々と疲れました。

まぁ、なんていうか・・・

アレでございます。

「私たち、煩くしちゃった?」

「うぅん・・・そうじゃなくて・・・ちょっと、まってて。」

「うん?」

















と、まぁ、部屋から、出て行く、アイリですがね。

妙に、その姿が、可愛く映ります。

ワインレッドのストレートヘアを見るだけで、なんていうか、結構、可愛いです。

ツインテールにするだけでも、なお、可愛い。

本当に、アイリはかわいくなってしまったものです。

大人になったら、どうなることやら。

夜・・・

アイリは、とりあえず、一人、起きていく所があって、戻ってくることがあります。

何をしているのか・・・

それは、まず、なのはとフェイトの部屋に向かうわけです。

まぁ、本人的に色々とあるようですけど。

もっぱら、彼女にとってはアレですね。

「おねえさまがた、煩くてよ!!」

大抵、なのはとフェイトちゃんの夜の行為が、凄い、煩い。

本当に・・・

「うひゃぅ!?」

「おぉ!?」

と、まぁ・・・

こんな感じで・・・

色々とございます。

「ア、アイリ?」

「全く、寝れませんわ!!私とお母様のことも、少しは考えてくださいまし!!」

10歳になるとですの・・・

なのはとフェイトも、人目を忍ぶことも無く、堂々と。

して、そして、アイリに怒られる。

そんな光景が、続くわけで。

アイリは、怒りますね。

「あ、アイリ・・・?」

「もうすこし、しずかにしてくださいまし!」

「ごめんなさい・・・」

「解れば、良いのです!」

ともあれ、凄い、発音が良いです。

ともあれ、なのはの精気は相当、酷い味だったらしく、まぁ、精気は吸っていないわけですけどね。

ただ、実力的には、アイリの方が上と言うそんな感じだそうですよ。

「ご、ごめんね?アイリ?」

「フェイトおねえさまも、ふぇいとおねえさまですわ!あなたが、とめなければいけないのに・・・」

と、まぁ・・・

アイリの説教は一時間くらい、続きましたね。














そして、最後に、

「お姉さまのせいで、私もねぶそくです・・・」

と、まぁ、そんな感じで、やってまいりました。

「アイリ、お疲れ様。」

「うみゅ・・・」

そんな感じで、アイリの夜は終わるわけで。

「まま・・・あったかい・・・」

正直、アイリは、可愛いです。

アイリは、可愛すぎですよ・・・

正直、結婚とか、考えるとさびしいですけどね・・・














まぁ、そんな朝のアイリの行動は、フィアンセを起こすことから、始まったり、始まらなかったりと。

「アイリ、どこ行くの?」

「撫子を、おこしてくるの。」

「あぁ・・・成る程。行ってらっしゃい。」

「うん。」

まぁ、なんだかんだで、撫子ちゃんは、管理人の設定だと、次期フローレンス家当主でアイリがお気に入りのような感じの女の子ですね。

他の子達はまぁ、なんか、どうでも良い感じだそうです。

うん。

もう、何か、当主より愛だーみたいなことをいっていました。

本当に。撫子ちゃんねー・・・

和名なのは、管理人のオリジナルキャラに良くある癖ですね。

まぁ、そんな感じで、アイリ。

「撫子、おきてー」

「んー・・・」

まぁ、朝には弱いですよ。

撫子ちゃん。

「アイリー・・・?」

「おきなさい・・・」

「眠いのー・・・」

「そんなの、かんけいありませんわ。」

「アイリは、まじめだー・・・まだ、7じなのに;・・」

「おきて!」

あぁ、このころの、アイリとこのころの私が、妙にかぶる・・・

まぁ、そんな感じで、どうなるかと言えば・・・

「ん・・・」

キスで、

「おきた?」

「うん・・・」

おきるという、まぁ、そんな感じ。

流石に、営みはしない、そんな感じの話。

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 なんだか、ほのぼのしている内容ですね。
 しかし、なのフェイは妹さまからの対応がひどいような気もしますって、ああ、いつも通りですね(汗
 それにしても、かつてのヴィヴィオママンとティアママンが行っていただろう光景が繰り返されている。
 ティアママンにとっては感無量なのかもしれませんね。
 まぁ、そうなると、将来的には、どちらがヴィヴィオママン化するかが気になるところです。
 うん、今回もごちそうさまでした。
 それでは、これからも頑張ってください。応援しています。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2010/11/25 06:15 | URL |

Re: タイトルなし

ほのぼの・・・?前半は、そうでもないような・・・
まぁ、そんな感じで、なのフェはこうあるべきかなーと。んな、かんじで・・・アイリは、今日も頑張ってます。
アイリは、まじめですから・・・
そして、アイリはティアの性格を受け継いでますし。
やっぱり、感無量ですね・・・あの光景は。
ヴィヴィオママ化するのは、この後、十年か、二十年・・・ティアじゃないほうが。
来ると思います。
そんな感じで・・・
明日も、頑張ります。

| 月 | 2010/11/25 11:25 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/3350-43ddec5e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT