PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

機動戦士ガンダムUC 第二話「赤い彗星」

2010y11m13d_114441550.jpg
あれは、ガンダムだ!!!リディは、それを、リゼルのコクピットの中で聞く。
かつての、父を殺したガンダムに対してミネバは何を思うのか。やはり、ガンダムにまわりは戸惑いを覚えるか。一種のキーワードと化してるからね。ガンダムと聞くだけで、畏れ多い感じがする。
2010y11m13d_114705867.jpg
ジンネマンも、この状況は流石にやばいと見たか。
2010y11m13d_114752842.jpg
NT-Dを起動させたユニコーンは簡単に、クシャトリヤを撤退させる…これは、凄い。
さて、やってまいりました。第2話・・・実に、半年ぶりでございます。
はい・・・もう、昨日からずっと、見ていましてねwwwいやぁ、素晴らしい。動きが、実にすばらしいアニメですよ。
2010y11m13d_114928213.jpg
マリーダは、実に良い女だ。さて、今回、色々と出ますね。
2010y11m13d_115009852.jpg
フル・フロンタルの狂信的な信者であるアンジェロ・・・
そして、フル・フロンタル。
2010y11m13d_115133033.jpg
過ちを気に病むことは無い。ただ、認めて、次の糧にすれば良い。それが、大人の特権だ。
んー・・・重い。まぁ、バナージの受けていた訓練とかはね。色々とありますが、カットで。
さて、まぁ・・・デブリを誤認とか、ありますが・・・この話には、フル・フロンタルが動きます。そして、本格的に物語が動き出す。
ユニコーンの構造とか、色々と動かなかったり、UC計画等、色々とあります。デブリにも、色々と動く。La+の謎も、この時点ではまだまだ。さて、ネェル・アーガマが動く場所は、アナハイムの本拠地、フォン・ブラウンでございます。ネェル・アーガマ・・・かつて、ZZガンダムを運用していた戦艦であることを、知るのは・・・?なんてね。
まぁ、この残骸は色々と罠だったりします。手法で撃ち落としたことによって、色々と。この艦長も良くも悪くも、連邦の軍人です。でも、人間くさくて好きだったりします。
2010y11m13d_115956933.jpg
さて、まぁ、やっと開かれる。ユニコーンのコクピットにいるバナージ。誰もが、その姿に驚愕するわな。早速、尋問を受けますよ。この後はね。
ま、ユニコーンを渡した経緯を言っても信じてもらえないのが、それだけの話。ただ、それだけ。この諜報員さんも手段を選ばないけど、それが、軍の人間と納得する。
さて、その時、襲撃開始。残骸自体が、劣りだったわけだしね。
そして、動き出し始めようとするしこの姿。それは、機神のごとき姿。
もう、あれですよ。バナージの何気ない反応に反応した時、突然、ネェル・アーガマに走る揺れ。
2010y11m13d_120427142.jpg2010y11m13d_120608102.jpg
あ、ありえない・・・先頭の一機は後続機の三倍の速度で接近中!!
シナンジュとフル・フロンタルが襲撃する・・・
さて、ミネバは、そこにいない。彼女の真意はどこにあるのだろう・・・
しかし、シナンジュは本当にかっこいいな・・・イケメンだ。奴らにとって、フル・フロンタルが動く理由は、色々とあります。
2010y11m13d_120755755.jpg2010y11m13d_120905072.jpg
ミネバがしたいこと・・・それに関して、一瞬、驚きの表情を見せるミネバ様が素敵。
そんなやり取りを嘲笑うかのように、赤い彗星が襲撃。
諜報機関に連れて行かれるのは、とうとう、正体がばれたから。
2010y11m13d_120948046.jpg2010y11m13d_121012355.jpg
さて、リゼルが出撃し始める。しかし、いきなり、撃墜・・・これが、シャアの、赤い彗星の真実。
シナンジュはもともと、アナハイムせいだけど、もとより、奪取は合意の上だったと言う噂を御存じ?
別名、シャアの亡霊・・・フル・フロンタルの恐怖。スタークジェガンを一気に潰すは、戦艦を無効化させるわ・・・反則的なパイロットと機体性能。
そりゃぁ、リディも焦る。
しかし、知らぬところで、ある種の切り札が動き出す。ミネバ・ラオ・ザビを捕虜としたこと。
さて、ここから取引の開始。しかし、まぁ・・・
シャアの言葉に関しても、ミネバが此処でいなくなれば。なんて、こともありますしね。逆に、フル・フロンタルに飲み込まれている。ダグザ中佐。
2010y11m13d_121641477.jpg
ミネバ様・・・本当に、凄いな。此処で・・・凄い気品を感じる。このシーンで・・・全然違うね。ラクス・クラインの偽物の基本とは、全然違う。
まぁ、此処で・・・あれだね。バナージは、KYだね・・・言いたいこともわかるけど。ただ、子供は責任をとれない。いくら、凄いものであろうとも。ただ、全ての人間が消滅する・・・大量の人間が死ぬ。そう、言われれば、子供だって黙ってしまうもの。よく解らないけど、危険なもの。それが、La+の箱であるといえましょう。
それほど、La+の箱と言う物は凄い代物です。
そこで、バナージは動き出す訳でね。オードリー・・・ミネバのためだけに。
2010y11m13d_121942942.jpg2010y11m13d_122035341.jpg2010y11m13d_122112472.jpg2010y11m13d_122119314.jpg
リゼルを軽くいなすから、シナンジュとフロンタルは凄い。これも、戦争の悲惨さを知る故か。
何かを感じ取り、リディがハッチを見た時、ガンダムが動き出す。
2010y11m13d_122342026.jpg
むろん、パイロットはバナージ。
2010y11m13d_122333417.jpg
それをみたミネバをバナージの何を止めたいのか。
2010y11m13d_122411881.jpg2010y11m13d_122416704.jpg2010y11m13d_122422244.jpg2010y11m13d_122439763.jpg
さて、起動開始。
かすめただけで、破壊される敵が、そこにある。
当たらなければ、どうということは無い!そうは、言うけど、それは、フル・フロンタルであるが故に、言える事だろ。
2010y11m13d_122638916.jpg
そして、対峙する兄弟機・・・とどめを刺されそうになった、その時・・・
2010y11m13d_122802386.jpg
NT-Dが・・・発動する。もう、こっから、こっからの動きが凄い!!まさに、最強の一角中と呼ばれるものと、そして、それを動かす四角と技量を持ち合わせる、バナージの冷静さに驚きを隠せない。いや、あせっているけど、それを内に鎮める努力をしているのかもしれないな。一応、二度目の戦場であるとはいえ。的確にシナンジュを追い詰める姿は、まさに、最強の証か。まさに、アムロ・レイのような、そのような、働きっぷり。全ては、愛する女のためなのか。
その機動力に困惑し、振り回されながらも、確実に使いこなし始めている。かつての、アムロ・レイのように。かつての、それを、髣髴させる。壮大なBGMの中で、この戦闘シーンの緊張感は類を見ない、素晴らしさを誇る。
作画量が凄すぎるよ!!そして、リゼルとの連携!!その姿は、美しい。やはり、バナージは、ニュータイプ?
2010y11m13d_122931749.jpg
また、敵となるか・・・!ガンダム・・・!!
2010y11m13d_123040203.jpg
美しいな・・・兵器とは、思えないほどの美しさだ・・・
戦闘中に鼻血を出したり、ゲロを出したりする、リアルさが良い。さて・・・突然のマリーダの乱入によって呆気なくユニコーンは拿捕される訳で。マリーダが一瞬の隙を突いたわけではなく、バナージのパイロットとして未熟な点、そして、シナンジュに気をとられていた結果がこれだろう。
2010y11m13d_123201154.jpg
これの意味は、また、今後。
2010y11m13d_125402867.jpg
戦闘後・・・捕虜。
そして、リディが入る。ジーク・ジオン・・・ギレンに先導される姿が気持ち悪かったと。
戦争のそれを、宗教的なものと考えると、解る。
かつての、ヒトラーのような、そのような感じがするね。
何に、関して、怒りを向けているのか。此処からの対話のシーンが非常に面白い。なぜ、ジオンの残党が未だに残っているのか等など。なぜ、ミネバが捕まらなかったのか。
2010y11m13d_125528436.jpg
ネオ・ジオンが地球圏でずっと、そこに入れたわけ・・・それは、全てが出来レース。ここでの関係は良い。凄い、面白い。今まで、スペースノイドのはけ口のためのジオン軍。しかし、まぁ、此処の話は本当に難しい。しかし、考えると面白いシーン。
ミネバが行動を起こした理由が、その家の血であるが故の行動。血の人間であるが故に、責任。
今や、もう、ザビ家といえば象徴であると同時に、呪われた家系でもあるわけで。ただ、軍人としては、単純で、同僚や隊長の仇。リディの家はそれなりに、高貴の家。
2010y11m13d_130105427.jpg
一方のバナージはフル・フロンタルの目の前に。捕虜として扱われ・・・歴史の有無を問われる。まぁ、また、ア・バオア・クーとか、懐かしい名前を聞いたな。ここで、ついつい、フル・フロンタルの握手に応じるのはその、オーラ的な物だよね。
何気に、此処で、仮面の話とか色々と深い。バナージも、仮面の相手に顔を見せて欲しいとか、敵の首領の前でよく、言えるよな。これも、一応、高貴な血ってやつのことなのかな。
カーディアスがバナージにユニコーンを託した理由ってのは、やっぱり、曖昧に思えてしまうのよね。息子であるバナージに全てを委ねたいとか。やっぱり、ビスト財閥の一族だからねぇ。バナージは。
ただ、本心はバナージの中に、アムロ・レイのような、人間の優しさと希望を見出したからだと、だから、ユニコーンを授けたのだと思いたい。
フル・フロンタルは、流石に鋭い。やはり・・・でも、それでも、シャア・アズナブルでも、キャスバル・レム・ダイクンでもない。
全ては、曖昧なもの。それが、La+の箱。本当に、それが解るのは、今後。歴史の見方なんて、人其々よね。モビルスーツも、核爆弾も、全ては安定の中での変化。この事件も、そのうちの一つ。
また、宇宙移民も、それと同じであると言う事。
ある種の、宇宙移民の自治権を獲得するために、ジオンは動くも、地球連邦はそれを行うと困るから・・・ジオンは過激な事をした。だから、テロを繰り返す。
バナージは、敵の大人と触れ合う。これから、それを学ぶ。
さて、バナージの一つの疑問・・・フル・フロンタルは、シャアなのか。その答えは、彼は器であり、シャアになる。そのためのマスク。
結局は、シャアになるための器であると自覚しているが故に、彼はシャアではないと此処でわかったりする。うぅん・・・深い。
さて、まぁ・・・ネェル・アーガマでは、ちょっとした難しい作戦が。デルタプラスがあったりと、色々とですね。戦艦一隻で、要塞攻略までやるんだから、艦長だってそれは、キレる。本当に、此れは、キレて良い任務よね。
とはいえ、ネェル・アーガマ=出力のヤバイ兵器があるわけでwwwやっぱり、その作戦で来るよなー。解る。
そして、バナージは敵の家族と触れ合う訳で。やっぱり、家族は人間であるわけで。
戦争に正しいとか、そういう部分は、後付けによるもので、結局、戦争も人殺しもまともではないという結論を出すも、スペースノイドにとって・・・戦争の正しさなんて、結局は後付けで平和のためのとか、勝手にいえるんだよね。
ジオン・・・それは、縋るべき光の必要さ。
此処の、マリーダの話は、凄い、深い。
初期の宇宙開発・・・それは、宇宙に捨てられたも同然で、欲したのはやはり、光。如何なる手を使おうとも、絶望の中で生まれたジオンと言う光は凄い、象徴であり、彼等の言う光だったわけでね。絶望の中で欲した光と言う名の、希望がジオン・・・
人をモビルスーツにのって、人を殺したことを気に病む事は無い。ただ、巻き込まれた事は覚えていて欲しい。
この、バナージとマリーダの邂逅は、原作でも好きなシーンなんだよね。
そんな感じで、ネェル・アーガマ・・・ミネバの脱走シーンかぁ・・・地球に降りるシーンは、3巻だろうな。
んで、要塞内ではバナージがロンド・ベルの人間から、作戦用紙を渡される訳で。
それを見たとき、今、入る、バナージが世話になった場所で戦争が起こると理解した所で、今回は終わりと。
さて、全体的な感想、そして思ったことは・・・
やはり、最強のガンダム伝説である富野ガンダムサーガのDNAを受け継いだ、正統派ガンダムの中で行われた一つの歴史の物語。まさに、富野節が全開でございましたね。
希望を託されたバナージとガンダムと言う名の記号のついたモビルスーツの物語が、ようやく、やっと、動き出したって感じですかね。そして、彼は、今後、如何なる大人と出会い、如何なる試練を受け、そして成長するのだろうか。
ラクスとは違うミネバの気品ってのは、やっぱり、あれだね。バナージの誠意を中々、受け入れない部分に強く、謙虚に出ていると思う。故に、それでも、食って掛かるような、バナージの言い分に、青春を感じた。そして、やはり、出撃する彼を見守るミネバの姿。やはり、動かされたのかもしれない。
あくまでも、ただ早いだけではなく、テンポのいいドラマ展開。澤野氏の音楽に心痺れながら、それを肌で感じ、動き出すドラマに刺激を与える。
偉そうな事を言いながら、結局は何も出来ない大人達の存在は非常にリアルでした。
リディ・マーセナスが、今回のドラマでNT的な要素を感じさせ、ミネバに対して、何かを思う。故に、あのような行動を起こした。
バナージは要塞の中で、知っている人が、子供がいる要塞の中が戦場になると感じ、どう、動くのだろう。
そして、展開は青い地球へと動き出す・・・そこで、今回は、終わる訳で。
彼等の動きに期待したい。
さて、まぁ・・・この作品の、今回のちゃんとした、ガンダムの動きや、此処の台詞や演技、そして、演出。まさに、神であると言える。
此れぞ、日本の誇るべき、アニメと言う文化に対する本当に見せて魅せる作品であると言えるだろう。
シナンジュと、ユニコーン・・・手書きで、丁寧に描かれた戦闘シーンの一つ一つの作画は、何をとっても言う必要の無い美しさ。本当に戦争をしているのかと忘れてしまうくらいの芸術。
丁寧な人物描写には、声優人も含めて感服してしまうね。此れは、もう、本当に、愛のなせる技の一つと見てもいいかもしれない。
最近のアニメの姿勢にある、とりあえず、売れるものを作っていこうと言う考えよりも、素晴らしい。
スタッフと声優陣が作品を愛する事によって、一つになって作品を生み出すもの、それは、即ち、芸術であると言ってもいいだろう。
青い花同様、作品に対して、真剣に向き合っている感じがあるね。
この作品も、スタッフと、俳優人が一つになって一つの作品を愛している感じが、凄い、伝わってくる。日本のアニメも、まだ、捨てたものではないと実感させてくれるうちの一つが、このアニメだ。
3巻にも、期待したい。

| ガンダム作品感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/3341-06a37610

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT