PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

かぽーん。

風呂・


夜の恒例イベント。

今までは、無理矢理でしたが・・・

今日は、説得しながら・・・

いや、今日は、頭を使いました。

今までは、引きずったりしていた訳ですが、今日は、アレです。

無理矢理だと、あれなので、可哀相なので、私はアレですよ。

説得する事にした、シンシアちゃんです。

まぁ、なんと言うかですね。

今日は、あれですよ。

アリア社長をっですね。

食べようかと思います。

「シンシア?嘘でも、それは・・・」

「うそです。」

まぁ、何と言うかですね。

アリア社長と、一緒に・・・

「お風呂に、入ろう?」

「やだ・・・」

「ア、アリア社長?」

「だから・・・嫌なの・・・」

「でも、アリア社長・・・そんな・・・」

「だって・・・私・・・」

お風呂、嫌いなのはわかってるけどさ・・・

アリア社長。

「このまま、一生、入らないつもり?綺麗な髪の毛が台無しだよ?」

いや、マジで・・・

光るような、その銀色の髪の色は最高です。

まぁ、とりあえず、無理矢理は嫌な訳ですが。

今まで、無理矢理だった訳ですけどね。

アリア社長の綺麗な肌といい・・・

あ、今、人間形態です。

アリア社長。

おっぱいが、正直、120はあるのではなかろうかと思いました。

お母さんよりスゲーーーー!!!!!!!

何、この、でかさ?

もちもちぽんぽんの脂肪が、皆、此処に行くと、こんなに、凄くなるのね。

「じゃぁ、こうなったら、力づくで!」

「エレノアはぁぁぁぁ!!黙ってるー!!!」

と、いう事で、1分お待ちくださいな。

エレノアの力づく作戦を阻止。

これだから、お子様は困る・・・

あいつの場合は、肉隊言語ですので。

はぁ・・・

危うく、アリア社長の体に傷をつけるところでした。

大好きな、アリア社長のおっぱいを・・・

ついでに、アリア社長、垂れ目な、青い瞳に童顔で、モウ、可愛い感じの女の子ですよ。

これで、両性具合です~、凄いです。

男の子のそれと、女の子のそれがあります。

いやぁ、これは、これは・・・

でも、アリア社長だから、可愛いと思ってしまうのです。

まぁ、そんな感じで・・・

「アリア社長、お風呂、入ろう。」

「やだ・・・シンシアちゃん、一人で入ってきていいよ?」

そんな、上目遣いで見ても・・・

うへぇ・・・

かわいいのぉ・・・

アリア社長・・・

って、そうじゃなくて!

「アリア社長、お風呂に入らないと、嫌われちゃうよ?」

「やだ・・・」

「じゃぁ、お風呂はいろう?」

「それも・・・嫌・・・」

こんな、我侭なアリア社長は、正直・・・

可愛い!

かなり、可愛いです!

アリア社長!

何て言うか・・・

萌え・・・

「どうして、いやなの?」

「やだ・・・恥ずかしいから、いいたくない・・・」

頬を、ぷくっと、膨らませながら、そっぽ向く、アリア社長が、また、可愛い過ぎる。

本当に・・・

この子は。本当に、可愛いなぁ・・・

何というかねぇ。

素敵な猫さんですよ。

「アリア社長・・・」

「だって、嫌なの!」

正直、原作でも、お風呂に入らない理由は解らないけど・・・

それって、まさか・・・

あれですかね?

「前に、お風呂で溺れたとか?」

「ち、違うもん・・・」

あ、つまった・・・

わかりやすい上に、それも、マタ、可愛いって、どんだけよ。

アリア社長。

「アリア社長?」

「お風呂が、コワイ的な?」

「こ、恐くないッ!」

あぁ、モウ、この、表情が凄い、可愛い…

思いっきり、ムキになって、顔をぶんぶんする姿が…

アリア社長は、可愛い。

可愛い。

本当に…

可愛い。

こういう、部分とか、可愛すぎて、反則でしょ。

「なぁに?アリア社長は、私より年上なのに、お風呂が恐いんだ♪」

ちょっと、からかって見ましょう。

「恐くないもん!」

「じゃぁ、一緒に、入ろう?お姉ちゃん?」

「うぅ・・・シンシアちゃん・・・意地悪だ・・・」

上目遣い来たぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!

あぁ、もう、しぼむような感じで、垂れる猫耳!

アリア社長の、猫耳が可愛い!!

アリア社長の猫耳、可愛いよぉ・・・

本当に・・・

もう、この子は、なんていう、可愛さを誇ってしまっているのか。

本当に・・・

「アリア社長♪」

「い、いかないもん!」

「でも、アリア社長さぁ・・・」

「な、何?」

「そんなに、可愛いのに、お風呂はいらないと、可愛さが半減しちゃうよ?」

「シンシアちゃんは、そんな、私が、嫌い・・・?」

「嫌いにはならないけど、大好きな人には、もっと、可愛くいて綺麗でいて欲しいよ?」

「シンシアちゃん・・・ちょっと、頑張ってみる・・・だから・・・一緒に・・・」

「うん。」

と、言う事で、お風呂、入ります。














両性具有だけど、大してになりませんでした。

何故って、女の子の部分もありますから。

あぁ・・・

まだ、開発されていない・・・

アリア社長のそれ・・・

うぇへへへ・・・

奪われる前に、奪いたい。

そんな、私がここに…!

「アリア社長・・・綺麗・・・」

「そうかな?」

「うん。」

うわぁ・・・

お父さんの、お母さんを食べたい感情って、こういう感じなのね・・・

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 血に目覚めちゃいましたね(汗
 まぁ、親が親だから、その血に目覚めるのも時間の問題と思っていましたが、まさか、ここでシンシアちゃんの血が目覚めるとは思っていなかったです(しみじみ
 それにしても、アリア社長のお風呂嫌いって怖いって理由がやっぱり大きいと思います。
 犬猫はお風呂入れるのを嫌がるのはやっぱり怖いからって理由が大きいようですし。そこはアリア社長も変わらないのだ、と専門家っぽく言ってみました。
 とにかく、今回もごちそうさまです。
 それでは、これからも頑張ってください。応援しています。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2010/09/30 06:01 | URL |

Re: タイトルなし

アリア社長は人間形態になると、より可愛くなる特性があるような、無いような感じで。
大体の原因は、両親がそんな感じであるからだと思うのですよ。と、言うより、いずれ、目覚めるとは思っていたりしたから、あれ?京、無自覚でこれを書いた気が・・・
まぁ、アリア社長のお風呂嫌いは恐いというのが・・・
えぇ。色々としrふぁべて見て、そういう、部分があるんひゃなーと、言うのが良く解りましたのよ。
明日は、どうなるか・・・
まだ、書いてないので、解りません。

| 月 | 2010/09/30 15:10 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/3238-48b16bc1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT