PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あぁー・・・

これは・・・


「アリア社長は、午前中は、ティーダ兄さんと一緒ですか。」

「ぷいにゅ。」

我侭、言って、ごめんね。

まぁ、嫁のことですからね。

許します。

とりあえず、まぁ・・・

私は行こう。














「あれ?今日は、アリア社長も一緒か。」

「ぷいにゅぅ。」

「おぉ、アリア社長も、このよさが・・・」

どうもー・・・

久しぶりなガザニアです。

ティーダ兄さんと一緒に、縁側でお茶している訳です。

まぁ、無論、麦茶ですが。

縁側で、座布ひいて、胡座かいて。

まぁ、そんな世の中、日常が楽しいと言うかですね。

そんな感じで、仕事が無い日は楽しんでいます。

まぁ、今日は、

「ぷいにゅい♪」

アリア社長も一緒ということで、贅沢な日々です。

僕は、今日は、午後からのお仕事ですね。

はい。

「今日も美味しいですねー・・・麦茶。」

「そだねー・・・今日も、美味しいわ。」

「ぷいにゅー」

まぁ、アリア社長もね。

可愛いという事で。あの、座布団の上にちょこんと座りながら、麦茶を飲む仕草が無駄に可愛かったです。

まぁ、こりゃ、シンシアも、うちの妹より惚れるわなと。

まぁ、私はですね。

シンシアは、エレノアと、願わくば結ばれて欲しいとは思っていましたが、今の、アリア社長ラブっぷりを見ていればですよ。

微笑ましいです。

まぁ、向こうの管理人の世界の人間でありますから。

アリア社長と結ばれる事は無いんだろうなと思いながら、まぁ、誰と結ばれるんでしょうね?

えぇ。

それよか、アリア社長を超える障壁があるとも思いませんし。

まぁ、うちの妹である事は、まず、無いでしょ。

だって、なんか、ねぇ?

見た目からして・・・

まぁ、あの、深くは言わないけどさ。

僕としてはですね。

彼女は、アリア社長と結ばれるかと思います。

アリア社長が、最終的に、シンシアの子供をご懐妊・・・

的な感じで。

まぁ、そんな館じの話ですね。

今日は・・・

あの、じゃぁ、僕は妹はどうなるかと思うと、まぁ、本人が幸せなら、それで良いんじゃね?

と、まぁ、思ってます。

どうせ、シャッハさん辺りの娘さんといちゃいちゃ。

って言うか、なんかね・・・

内の世界の台所事情を、こう、解説していて、思った訳ですが・・・

思うとの名前、何だっけ?

会ってないと、忘れますね。

あぁ、そうそう。

クレアチャンとの関係ですけどね。

あの、良い所取りして行こうと思います。

何か、そうしたら、結構、いけるんじゃね?

的な感じで。

「とりあえず、何か、眠いね・・・」

「そうですねー・・・」

「ぷいにゅー・・・」

まぁ、アリア社長も、そうですのね。

とりあえず、僕としてもですね・・・

あの、眠いです。

そう言えば、明日は、レデントーレ!

見たいな感じで。

僕は、適当に、まぁ、その場にいるだけかと思いますよ。

はい。

そして、良い所を持っていくと。

うん。

そういう奴だ!

「そういえば、ティーダ兄さん。」

「何?」

「ぷいぷい?」

「ポケモン、やりません?」

「やろうか・・・」

と、言う事で、対戦します。













「何で、一緒にいるのかって・・・あんた・・・」

ふふふ・・・

そう、言いながら、迫る綾乃さんの恐さですよ。

何て言うかね・・・

綾乃さんはですね。

「なんだぁ?嫉妬かぁ?」

と、まぁ、綾乃さん、お姉ちゃんの嫉妬を感じ取ったのか、ほッペをむにゅむにゅし始めました。

引っ張ったり、引っ張ったり、引っ張ったり、延ばしたり。

延ばしたり、延ばしたり、延ばしたり、引っ張ったり。

おぉ・・・

綾乃さん、すげぇ。。。

なんか、色んな意味で、偉大的な感じで。

もう、なんていうかですね・・・

お姉ちゃんの頬をあそこまで、長く、伸ばすというね。

お姉ちゃんの頬を面白おかしく変形させ、最終的には、頬を伸ばすという。

ムニュムニュポーン。

見たいな感じで・・・

こう、お姉ちゃんの柔肌をあそこまで弄ったのは、綾乃さんが初めてです。

「ムニュムニュポーンだ・・・」

とりあえず、良い感じに、綾乃さんはお姉ちゃんの頬を陵辱した後に、押し倒しました。

お姉ちゃんは、気を失ったのでした。

以上。

ついでに、お姉ちゃんの頬を思い切り、弄り倒しておきました。

ひょひょひょ・・・

飾りつけは大抵、私と亜美さんがやったので、問題無です。

「さっきのアレって、明らかに・・・」

「クレアも、等々、動いてきたって感じかな。」

あの行動は綾乃さんの先制的な感じですかね。

「策士め・・・」

「策士か?私は。」

本人的には、そのつもりは無かったようで。

「それで、私のことが・・・」

「あんたは、まだ、私を愛してくれないでしょ?」

何か、シンシア的には解りません。

「解んないよ・・・私・・・あんたのことが・・・」

「わかんなくて、良いさ。こういうもんは、さ。」

「何よ?あんた、かっこつけて・・・」

「そこまで、かっこつけてるつもりは無い・・・私は。これでも、あんたが、他の女にいかないか、気にしてるのさ。」

「そこまでおもってるなら、随分と、放って置くわね。アプローチしようとしないし・・・」

「アプローチするときは、あんたが、他の人に惹かれたときよ・・・」

成る程・・・

よくわかりません。

ただ、綾乃さんは気取ってる感じがします。

本人も、全員、それを理解している感じで。

「今、しなさいよ・・・」

「亜美は気付いてないから。」

「むぅ・・・」

「そう。」

「じゃぁ、好き・・・よ・・・」

「親愛の表現として受け取っておくわ。」

「いい加減にしろ・・・他の人、好きになるわ・・・」

「それは、困るわね・・・」

と、まぁ、ゆっくり、綾乃さん、背中から亜美さんを抱きしめました。

どうでもいい話、13歳ですよね?

何か、そう、見えない感じで・・・

そういう部分というのは・・・

それは、私の頭の中が、まだ、お子様なのだからと思いたい。

あ、私、都合の悪い時はお子様になりますので、ご注意ください。

まぁ、何か、お姉ちゃん、早く振られなさい。

そして、私に、その、落ちた顔を見せなさい。

どうでも良い話、私ですね。

バリアジャケットのデザインはセーラーサターンが良いです。
ryunsat.jpg
こんな感じで。

ほたるちゃん、可愛いの。

あぁ、ほたるちゃんですね、何気に、ティーダ兄さんのお姉さまです。

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 シンシアちゃんは、まぁ、なんというか。うん。結ばれる人はもう決めているんですけどね(苦笑
 アリア社長ではないですね、残念ながら(汗
 まぁ、誰かはそのうちにね(笑
 さて、レデントーレがもうすぐか。クレアちゃんが振られるのは決まっていますが、その他がどういう展開になるのか。そこんところが気になりますね。
 というわけで、レデントーレ。楽しみにしています。
 それでは、これからも頑張ってください。応援しています。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2010/09/20 00:07 | URL |

Re: タイトルなし

え!?アリア社長じゃ、無いんですか!?此処まで、ラブラブしているはずなのに!?
まぁ、そんな感じで・・・シンシアちゃんショック!
そのうち、相手は、あの子だろう的な感じで・・・
レデントーレは明日ですね。振られて、色々と、動かないような気がします。まぁ、そんな感じで・・・もう、ダメな感じです。動きませんので・・・
レデントーレ・・・
メインは、二人です。
そんな感じで、明日をお待ちしていただければ、幸いです。

| 月 | 2010/09/20 00:23 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/3218-2f1dacc6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT