PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あつい=だるい。

それでも書くのは、自分の馬鹿を曝け出すため。


「ぷいにゅぅー♪」

今日は、珍しく、アリア社長がお寝巻きを着ていたりしています。

何か、可愛いですよ。

帽子被ってるの。

そんな感じで、色々とあったけど、夜!

初めての、亜美ちんとの夜!

今日は、夜です!

アスカちゃんは、もう、フルーレさんと大人の時間!

まぁ、アリア社長、私、シンシア、亜美ちんの四人かと思った訳ですが。

「にゃふん。」

マダラ社長は、まだ、良いとしましょう!

しかし・・・

「みゃぁ。」

「まぁ。」

この二匹まで一緒です。

心配性なのか、アリア社長に寄り添ってますよ?

何て言うか・・・

ずるいです。

色々な意味でずるいですよ?

でも、持ち持ちぽんぽんと言うか、アリア社長のぽんぽんは、私が抑えていたりします。

何て言うか、ここまで可愛いのに・・・

この子は・・・

と、言う感じで。

もててるなぁ・・・

アリア社長・・・

ずるいくらいに、可愛いけどね。

かわいすぎて、食べちゃいたいくらいです。

この、ぽよんぽよん感が素敵で、大好き!

「クレアちゃん。」

「何?亜美ちん。」

「私も、だいてみたい。」

「アリア社長?」

「うん。」

「良いよ。」

まぁ、アリア社長は可愛いですからね。

亜美ちんの心を捉えても、それは、仕方ありません。

はい。

「はい。」

優しく・・・

やさしく。

「ぷいにゅ。」

よろしくね・・・!

か・・・

可愛いな・・・

亜美ちんの手にアリア社長が渡った時でした。

「うわぁ・・・此れ、凄いわ。」

「ぷいにゅぅ♪」

「かわいいぃ・・・・・・」

ぽかーんとしてる・・・

まぁ、カルチャーショックレベルだったんでしょうね・・・

多分・・・

「ぷいにゅぃ?」

「良いねー・・・アリア社長。」

「亜美ちんは、アリア社長の言葉は、わかるの?」

「うん。私は、解るよ?」

そうなんだ。

「っていうか、ウンディーネの素質は、猫社長の言葉がわかるかどうかで決まってくるし。」

「あ、それ、お姉ちゃんから聞いた。」

「事実、火星猫の言葉がわかった、ティアナさんも・・・」

「うぅ・・・」

「ん?」

「何でもありません。」

「うん?」

「灯里さんも、アリシアさんも。」

全て。

「全てのトッププリマたちは、殆ど、そうだと思うよ?」

はぁ・・・

そうなんや。

青い瞳のご加護とも呼ばれているらしいです。

成る程なぁ・・・

興味深いです。

「火星猫の言葉がわかるウンディーネは、女同士で美しく輝く存在。」

「へぇ・・・」

意外と、深い言葉だな・・・

多分。

等と、少し、納得する私が此処にいたりする。

お姉ちゃんに、荒削りながら、型を覚えさせられた、私は良く解るのです。

何て言うか、うん。

「アリア社長は、可愛いのぉ・・・」

結局ここ!

ここ大事!

「ぷいにゅ。」

はぁ・・・何?

この癒し。

アリア社長が、可愛いです。

「ぷいにゅい?」

「そだねー。」

アリア社長は、社員である私達を叱ったりしませんのよ。

ちゃんと、社員を心配したり、いつも、コミュニケーションを欠かさない社長なのですよ。

優しくて、私も、大好きです。

何て言うか、可愛いですしね。

はぁ・・・

癒し、癒し。

彼は、癒し。

本当に。

ついでに、時折、花束を持ってきてくれたりとですね。

風邪の時は、看病してくれたりと。

優しいです。

さて、まぁ・・・

「管理人が好きな女性声優さんの名前を三人、言え・・・」

「坂本真綾さん。」

「沢城みゆきさん。」

「牧野由依さん。」

「ま、一気に出たわね。「何て言うか、基本、この三人だよね。」

「まぁ、なんていうの?真綾さんや、牧野さんは管理人好みのクリアな歌声をしてるじゃない?」

「あぁ・・・」

「沢城さんは、演技で人を見せるタイプだし。」

「成る程ね。」

特に意味はありません。

「ぷいにゅ。」

何か、暑いので・・・

今日は、ここで消えます。













っていうか、

「亜美ちんのおっぱいとアリア社長のぽんぽんは、ひんやりだぁ・・・」

「こら・・・」

「ぷいにゅい・・・」

寝ました。

雨の音が、何と言うか、まだ、響いていました。

明日も、多分、休みになるだろうなぁ。

うん。

マジで・・・

そう、思う。と、まぁ、ある意味両手に花状態の私は、幸せでした。

「ぷいにゅぅ・・・」

「クレアちゃん、手つきがいやらしい・・・」

クレアのスケベポイントが1上がった!

そして、ヒメ社長とまぁ社長の視線が恐かった!

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 スケベポイント=SPが1ポイントあがったクレアちゃんですが、まぁ、わからなくないですよね。まぁ、お父様がお父様ですからね~(遠い目
 しかし、アリア社長のもちもちぽんぽんを触りながら眠るってかなり贅沢な気がします。
 むしろ、贅沢ですよね~。ああ、アリア社長のもちもちぽんぽんを触りながら眠れたら快眠まちがいなしですよね。
 もっともヒメ社長とまぁ社長の視線に耐えられればの話ですが(汗
 今回もごちそうさまでした。
 それでは、これからも頑張ってください。応援しています。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2010/07/27 00:05 | URL |

Re: タイトルなし

スケベポイントが上がったのは、ある種、そろそろ、覚醒遺伝的な部分が見えてきたのかもしれません。それは、百合的な意味で・・・そろそろ、動くような、動かないような。
アリア社長のぽんぽんを触りながら寝るのは、この世で究極の贅沢ですよ。
触ると言うより、だいている感じもしますけどね。そこが、素敵な感じもするわけで、快眠なんて、当たり前の訳ですから。
そですね。
二匹の猫が、いつも、睨んでますからね・・・それは、注意しないとダメです!
それでは、これからも、頑張ります!

| 月 | 2010/07/27 00:20 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/3073-7cfa6704

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT