PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

いーあーつ!

感覚。


今日も、亜美ちんは泊まりです。

ってか、雨ぱねぇ・・・

そして、自然と、アイスリリィの社員が二名と、おれんじプラネットの社員と社長も来ていたりします。

何というか、その中で、トップに君臨していたのが、もう一人の私であるクレアお姉ちゃんであると考えると、感慨深いものでございます。

同一人物として、誇らしいです。

そろそろ、忘れているかもしれませんが、私とお姉ちゃんには決定的な違いがあります。

同一人物でありながらも、100%同一人物であるというわけではないのです。

別々の世界ゆえの唯一見抜くための手段でもあるんだけど、私とお姉ちゃんみたいに、あからさまに出るのは無いらしいです。

まぁ、髪の毛の量が一本違うとか、腋毛が臭い、臭くない、そんくらいの差だそうです。

あと、乳のサイズが0.1mm違うとか。

そんな感じで。

同じ人物でも、何かしらの違いがあるそうな。

そんな、私とお姉ちゃんの最大の違いは、瞳の色がお姉ちゃんは蒼い事です。

私は、紅いですけどね。

蒼い瞳はアリシアママ譲りのだそうな。

まぁ、ちょっと、羨ましい。

「ぷいにゅー・・・ぷぷい♪」

はぁ・・・

抱っこしてると、可愛いです。

「ぷい?」

「私も、大好きだお・・・」

アリア社長は、可愛いですね。

お姉ちゃんは、そろそろ、子供が欲しいとか言ってましたが。

いりません!

ぶっちゃけ、いりません。

アリア社長に子どもなんて・・・

子どもなんて要りませんよ・・・・・・

例え、ヒメ社長や、まぁ社長に求愛を・・・

「まぁ・・・・・・」

睨まれてる・・・

なんか、こげ茶パンダに睨まれてるんですが!?

何だろう・・・

この、ネコでありながら、私の御父さんが怒った時レベルの怖さは・・・

って言うか、あの猫社長たち、ぶっちゃけ、強くね?

流石は、何というか、猫の王様である、ケット・シーの集会に参加しているだけのことは。

しかし、管理人いわく、擬人化すると、それで、一日の魔力の半分は使うらしいです。

もう、何て言うか。

それでも、恐いのは何でだろう。

「まぁー・・・」

怖い怖い怖い・・・

待て!

恐いぞ・・・!

「みゃぁ・・・・」

「ちょっと、待って・・・!」

ヒメ社長まで・・・

この、プレッシャーは、何というか、耐えられません。

ぶっちゃけ・・・

無理です。

「はぅ?」

あ、アイリちゃん。

「ま。」

「うー♪」

何?

ついていってるの・・・?

猫語を全て、読み取ってるの?

私だって、アリア社長以外の言葉は、正直・・・

「ミャァ。」

「うぅー?」

「みゃぁぅ。」

なんか、色々とお凄いな。

「なぁー」

あ、アイスリリィの猫社長さん。

「うー?」

「にゃん♪」

「はぅー♪」

そんな感じで、何か色々ときたわけですが。

まぁ、猫社長の向こうというか、目の前にいるのは、

「アスカさん?」

「んー。そうだよ。」

何て言うか、ネオ・ヴェネツィアの梅雨入りの時にって言うか梅雨まっさかり。

今日も、ウンディーネのお仕事はありません。

そんなとき、シングル、ペアは筋トレだそうですが。

「おねえちゃん、やる気出ません。」

「まぁ、そうだろうね・・・」

と、まぁ・・・

そういう時は、

「百合官能小説に限る。」

「その分野の物は、全部、持ってるもんね。」

「うん・・・」

なんか、なぁ・・・

などと、思ったりしています。

百合寝取り。

「特に、男から女が女を奪うって言うのが、魅力的だよね。」

「おぉ、わかるかか。この魅力。」

「うん!」

シンシアと、クレアお姉ちゃん、ついでに亜美ちんがごろごろする姿が、ダブリます。

なぜでしょう。

何か、羨ましいです。

そんな、私は・・・

猫社長たちに、にらまれてます。

あぁ、でも、マダラ社長は羊羹を

「あらあら、いっぽん丸ごと全部、食べちゃったわね・・・」

アリシアママもビックリだ。

・・・ありえねぇ。

等と、思いました。

はい。

あのシーンは結構、衝撃的。

まぁ、私はアリア社長を抱いているだけで、時間を忘れる訳ですが。













ガっくんはというと、ティーダ兄さんと一緒に鍛えてます。

「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!!!」

はい。

ガっくん、男臭が凄まじいです。

まぁ、こっちの、ティーダ兄さんは相当の使い手。

ワールドシェイキングだって、使えるようです。

とはいえ、本家の半分くらいの威力だそうですが・・・

「凄い爆風だ・・・」

どこが、半分やねん。

なんていう感じで、

「母さんなら、此れの100倍の威力なんだけどね。」

「どんだけやねん・・・」

「強いよ。母さんは。俺の場合は、手の内が多いせいで勝ててるようなものだけど。手加減はされてるし。」

「あの、カチューシャとかつけたり、するんですか・・・?」

「ないない・・・」

「ですよね・・・」

「まぁ、おばさん達はそんなことして、遊んでたようだけど。」

「遊んでた!?」

「らしいよ?」

「へぇ・・・」

「何か、俺は外部太陽系の戦士なんだって。」

「意味が解りません。」

「だよね。」

いや、あんたらの会話についていけへんわ・・・













と、まぁ・・・

でも、雨の日は私としてはアリア社長を抱く事がね?

アリア社長を抱く事が、素敵な日々でございます。

「ぷいにゅい?」

「そうだよー・・・アリア社長。」

「ぷいにゅ。」

なんだか、暑いですね。

湿気が半端無いです。

それでも、アリア社長のマイナスイオン的な効果で、逆に、私の勝利です。

しかし。

「みゃぁ。。。」

「まぁ。。。」

アリア社長を守るかのように、二匹の猫が・・・

「ぷい?ぷいぷいにゅ。」

とりあえず、何か、腕の中に入ってきたのはいいけど、この威圧感が半端無かったです・・・

はい。

何か、押し潰されると思った・・・

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 ヒメ社長&まぁ社長の嫉妬視線がすごいですね~。
 それだけアリア社長が好きってことですが、あまりうらやましくないなぁ~っていうのが本音ですね(笑
 それはさておき。
 クレア様はそういえば、目が青いんですよね~。アリシアさんと一緒で。あとの違いは、乳皇か。そうでないかの違いですかね(ちょ
 そして、ガっくんは今日も頑張っていますね。
 うん、今回もごちそうさまでした。
 それでは、これからも頑張ってください。応援しています。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2010/07/28 00:10 | URL |

Re: タイトルなし

ヒメ社長とまぁ社長を倒せるのは・・・もう・・・アル意味では、誰もいないような樹がします.
まぁ、アリア社長ラブも程ほどに・・・!等と、思っていたりするわけですが・・・確かに、此処までやられるとあれですね。
うちの、クレアチャンは絶対的な差別差をつけるために蒼い瞳にしています.
アリシアさんの娘ですからんぇ・・・
まぁ、がっくんは今日も頑張ってますが、生きてます.
明日も行きます.

| 月 | 2010/07/28 00:25 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/3071-b6ee14a0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT