PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ひきよせる。

彼女は、ウンディーネ関係話限定です。


「亜美ちゃんはさー、彼女持たないのー?いつも、募集中じゃん。」

「そーなんですけどねー・・・」

私の場合は、あの人から、答えを聞かない限り、新しく別の人に走る気は無いのよね。

何ていうか・・・

その人、子持ち出し。

「っていうか、人妻だから。」

「人妻って・・・亜美ちゃん、不倫狙いか?」

「どうかなー」

と、言う感じで・・・

「冗談だよ。」

「じゃぁ、昨日、出会った、アリアカンパニーの子かなぁ?」

「それも、良いかもね。」

指で銃の形を作りながら、同期の子に向かって、撃つ仕草をした後に、私は練習に出たのだった。

「わぉ♪」

「撃ち抜かれた。」

と、まぁ・・・

そんな、彼女は、アイスリリィ期待のシングルの一人。

アスカ・ヴィリオ・・・

ついでに、彼女持ち。

年上フェチで、付き合っているのは、おれんじプラネットのプリマウンディーネと付き合っているんだとか。

それも・・・

三大妖精のうちの一人とか言う噂もあります。

ま、頑張れ。

歳の差。













「まぁ、なんというかですね。」

はぁ・・・

「社長さん、砂糖は幾つ?」

「ぷいにゅぅ♪」

全部は、無理ですよ。

「全部って・・・アリア社長・・・死ぬよ?」

「ぷぷい!?」

「そう。」

「だから、全部、砂糖を入れちゃダメ。」

「ぷいにゅぅ・・・」

アリア社長を、良い感じで、言い聞かせている。

何と言うか、凄いもんだ。

そんな、沢城さんボイスの彼女は、如月亜美ちゃんでございます。

アイスリリィ社、期待の超新人・・・

っていうか、最高の切り札って言った所かな。

「ぷいにゅい。」

っていうか、胸でかいし・・・

自然発育的な感じだそうですよ?

それよか、綺麗だよねぇ・・・

滑らかな黒い髪、目の前に映る顔は、端正な顔立ち、陶器のようなすべすべした、白い肌・・・

何と言うか、凄い、綺麗です。

如月亜美ちゃんに助け出され、ガっくんに誤解され、百合展開になり、色々とございます。

それよか、亜美ちん・・・

綺麗だな。

私も、引き込まれそうな感じです。

彼女の、魅力は・・・

何処に。

なんというか・・・

とりあえず、カフェ・フロリアンです。

亜美ちんに、色々と聞いてみる訳ですけどね。

現状での私を、色々と聞いてみる訳ですが。

さてさて、どうなる事やら。

等と、まぁ・・・

ガっくんもわかってくれると思うのです。

今までが、今までであるが故にですけどね。

まぁ、それなりに、面白いと思うわけですが。

ガっくんの反応・・・

何れ、お母さん達と話し、思い出にしようと思います。

「なんというかですね。」

「あぁ・・・」

「クレアちゃん、あれだよね・・・」

「何が?」

「力みすぎ。」

「なぬ!?」

力みすぎですと!?

ついでに、どういう意味ですか!?

「力みすぎって、そのまんまの意味よ。」

「はぁ・・・」

「余分な力が入りすぎてるのよね。」

「ぷいにゅ?」

「そう。」

どうでもいい話、亜美ちん、ハーレムだ。

アリア社長に、アイリちゃんのセットだなんて。

「亜美ちんはさぁ・・・」

「あに?」

「ウンディーネの操縦が天才的だよね・・・」

「そうかな?」

「そうだよ。週刊ウンディーネで、かなり、特集されてたよ?となりの・・・アスカって人と一緒に。」

「アスカはね・・・優秀だからね。私より。」

「そんなに・・・」

「あいつ、恋をしてから、成長したかんねー」

そんなものですか・・・

「恋って・・・いったい・・・」

「それよか、妊娠するかもね。来年あたり。」

「そ、そんなに!?」

と、まぁ・・・

噂をすれば・・・

「ほれ。あそこ。」

「え?」

そこにいたのは、フルーレさん!?

キャロル家の長女と、ついでに、その隣にいるのが、アスカさんだ。

「おー、キスしてる・・・」

「へ!?」

「クレアちゃんは、反応しすぎだよ。」

等と、観察していた時でした。

「あ、アイリいた・・・・・・」

「ママー♪」

アイリちゃん、そっか。

ママって言う言葉は喋れるのね。

「へ?あ、姉さん・・・」

そんな感じで、亜美ちんも振り向いた時・・・

そこには・・・

「ティ、ティ、ティ・・・ティアナさん!?」

氷ついた感じになりました。

あれ!?

まさか、因縁の関係か!?!?!?

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 もしや、亜美ちゃんはティアナママンにふぉーりんらヴですか?(汗
 そうなると、ヴィヴィオママンが黙っていないような(大汗
 ……が、がんばれ、亜美ちゃん(視線をそらす
 さぁて、どんどんと百合CPが増えてきていますが、この調子でどんどんと増やして欲しいものですね~(しみじみ
 そして、今回もごちそうさまでした(敬礼
 それでは、これからも頑張ってください。応援しています。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2010/06/29 00:06 | URL |

Re: タイトルなし

亜美ちゃんは、そうですねぇ・・・まぁ、色々と危ない感じですが。
正直に言います。この二人に華は咲きません。
ただ、まぁ、ちょっと、色々とこれから、彼女とガっくん、クレアちゃんの三人を巻き込んで、色々とありそうな感じです。
百合が結構、増えましたね・・・書いてる自分も、結構、解らなくなってきます。焼き蕎麦を食いながら。
来週は、色々とあります。
・・・明日でした。

| 月 | 2010/06/29 00:10 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/3010-6af0a8f5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT