PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ichiiさんに、内緒でSS書こう。

2946265.jpg
ichiiさんが、シェリルとランカを結婚させてた。
絵は、こっちじゃないんですけどね。
だから、SSを書きましたのよ。
うん。そんな感じです。
追記より、SSがありますので、読んでいれば・・・色々と、隠しています。
まぁ、ichiiさん、宜しくお願いしますね。
等と、言う感じで・・・
まぁ・・・そろそろ、その季節もおしまいですね。
残念でございました。
はぁ・・・なんだかなぁ・・・
と、思う中で・・・
あぁ・・・そうだ。
デュラララ!!は、最後まで見たけど、私は、結構、楽しめた。
結構、色々とありましたね。
何打かんだで、楽しめたわ。
最終回としては、アレでも、良いと思うな。
等と、ちょっと、甘い。
それは、その後に見た番組の聖ですね・・・
まぁ・・・AB!は、私にはもう、無いわー・・・でした。
それは、下記の感想を見ていただければ、幸いです。
まぁ・・・そんな感じで、下記よりちょっと、アレです。
AB!を絶賛している人が、どうして、絶賛するのか、聞きたい月です。
一つの意見として、聞き入れます。
別に、その考えを否定するつもりも、ございませんので。是非とも、お聞かせくださいな。ある種、その意見は、尊重されるべきだと思うのですよ。故に、聞きたいなと。まぁ、そんな感じです。
批判ばっかりしている記事ですが・・・そこは、大目に見て、意見を書いていただければ、ありがたいです。
あの、私の記事の批判はどうでも良いですから、とりあえず、AB!の自分なりの思いを、下のAB!の記事に書いてください・・・!
今日は、婆ちゃんの家に遊びに行きました。

楽しかったです。っていうか、ばあちゃん、じいちゃんが死んでから、かなり、元気になったような気がします・・・
と、まぁ・・・そんな感じで。
追記より、アレです。


それでは・・・

新郎新婦の退場です。

・・・・・・はい。

アルト君が、響きます。

「なんじゃこりゃぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!」

「あら、アルト、貴方はお客さんよ?」

なんか、タキシードでカッコよく決めてるけど、ごめんね?

アルト君・・・

その、シェリルさんが、ドッキリを慣行しようと言う事で・・・

その、そうなりました・・・

まぁ・・・

ウェディングドレスを着て・・・

アルト君が、タキシードで、誰を選ぶ的な状況になりながら、私とシェリルさんが選んだのは、お互いな訳で・・・

そんな、周りの、サプライズもありながら、現在に至る的な感じです。

アルト君抜きのアクロバットとか・・・

このために、お兄ちゃんが、エイジス・フォッカーさんや、超大物ゲストを呼んだりとか。

まさかの、ダイソンさんとか、ミュンさんとか・・・

「お兄ちゃん、頑張った!!そして、貯金使い切った!!」

オズマ・リー・・・

妹の結婚式で、金を使い果たすと・・・

んで、アルト君。

「へ?」

「私と、ランカちゃんの結婚式の。」

「なんだって・・・!?」

まぁ、お客で来たから、それは、当然かと思われるが故の、事。

シェリルさん、相変わらず、鬼畜です。

今日は、私とシェリルさんの結婚式でした。

私と、シェリルさんがウェディングドレスを着て・・・

そのまま、いちゃいちゃ・・・

みたいな感じの、結婚式を終えました。

「ランカァァァァァァ!!!!!!お兄ちゃんは、嬉しいぞぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!」

こっちは、変わらずに。

オズマお兄ちゃんは、こんな感じで。

ブレラお兄ちゃんは、花束贈って・・・

etc...

泣いてました。

理由は、解りませんが。

何気に、驚いたのが、

「それじゃ、幸せにな。」

何故か、来ていた、熱気バサラさん・・・

何か、驚きました。

オズマお兄ちゃんが3年かけて捜して、お願いしたらしいです。

快く、引き受けてくれたんだとか。

ま、アルト君・・・

ごめんね。

てっきり、送られていたと思ったし、解っているとは思ってたけど・・・

あ、この時代ですから。

女同士でも、子供はばっちりOKです!

って、言う訳で。

ってな、感じで・・・













結婚式は終了。

このドレスは、記念に貰いました。

ついでに、二人でお金を出し合って新居も構えたりと。

そして、新居にて・・・

何だかんだで、色々とございました。

今まで・・・

アルト君をシェリルさんが騙したりと。

っていうか、私たち、付き合ってるのに、そう、今回の結婚式で、こうなると思わなかったのかな?

シェリルさん、招待状に何を書いたんだろ?

さて、帰って、シェリルさんに命じられ、また、ドレス姿で、起立したまま、

「こうなれば、イラストのお題は・・・描ける分だけ、描ける百合CPのウェディングとかどうかしら?」

「あぁ・・・それ、良いですね。娘の名前の予定にする、灯里とアイリのドアップのライオンのパッケージ風のウェディングにして・・・」

「そうそう。周りには、私たちのような、CPの・・・」

と、まぁ・・・

描いてもらうのは、こんな、感じになりました。

多分、TOP絵になります。

「姫千歌や、美琴×佐天さんは、欲しいよね。」

等と、そんな会話をしながら、色々としながら・・・

ドレス姿のシェリルが私を優しく、抱きしめました。

「結婚式までに・・・色々とあったわね。」

シェリルの指が・・・

私の顎を優しく掴み、引き寄せる。

そう。。。

これは、キスの体勢です。

なんか、誓いのキスの最中に、失神者が出たそうですが、気にしない方向で。

気にしちゃいけない方向で。

「今度は、永遠に愛するキスじゃなくて・・・何があっても二人一緒にいるためのキス・・・」

「うん・・・」

永遠の愛・・・

そして、ずっと一緒にあるためのキス・・・

「好きよ・・・ランカ。」

「私も・・・シェリル。」

唇を合わせて、二度目の永遠のキス・・・

っていうかこの時間が、長い・・・

あれ!?

シェリル・・・!?

(ドレス姿のランカ・・・可愛すぎ・・・もう、食べても、文句は、無いわよね!?いや、良いわ!!私が、許可する!!)

と、言う事で・・・

唇を離し・・・

「さぁ!!ランカちゃん!!初夜よ!!!」

「早いですー!!!」

この後、何とか、阻止しました。












「何だか、別世界に来たみたい・・・」

そこに・・・

忘れ去られたマクロスの世界から来た来訪者が一人。

| マクロス | 22:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/06/28 00:02 | |

Re: タイトルなし

こう・・・シェリランで結婚と言うのは、やってみたいネタだったりと。
今回を気にやってみよう的なあれがありました。

まぁ、あれから、色々とあって、今回でいきなり結婚かよ!何ていう、突っ込みもあるかもしれませんがw
楽しんで頂いて、何よりです。
こー、今回も、配慮するの止めようかなと思った訳ですが。
配慮してしまいました・・・相変わらず、バサラ出したり、アルトで遊んだりと、弄りがいがありますね。彼は。
とりあえず、此れで・・・終わりませんよ?
多分・・・!

さて・・・今回の、イラストリクエストは、そんな感じです。
そですね。
CPの方は、色々と書いてみようかと思いますのよ。
色々と・・・CP名だけでも!!
みたいな感じで。
超電磁砲勢は、是非ともほしい所ですw
等と、言いながら、気長に待ちます・・・
それでは、ありがとうございました。

| 月 | 2010/06/28 00:16 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/3006-01467c65

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT