PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

設定色々

ある。




「お姉ちゃんの仲の人・・・こういう、代表的なキャラが他にも色々といるのに、健気なもんだ。」

あそこまで叩かれていても、演じる、水橋は凄い。

ぶっちゃけ、お姉ちゃんと・・・

水色の髪のナンバーズの・・・

あれとか・・・

クイブレのエリナとか・・・

ひだまりのキャラがいるのに・・・

初代灯里とか、アイちゃんとか。

そこらへんが、水橋の凄い所だろう。

水橋といえば・・・

「お姉ちゃんに、プラモデル作ってもらってたんだった・・・」













「お姉ちゃん、頼んでおいた、祝融ガンダム作ってくれた?」

「んー、作ったよー。」

「ごめんねー。私、ぶきっちょだから。」

「BB戦士なんて、お姉ちゃんは、軽く作れるのだよ。」

祝融ガンダム=ノーベルガンダム。

何気に、クレアちゃん、一番好きなガンダムは、ノーベルガンダムだそうです。

20の成人式の時に、ヴィヴィオに某セーラー戦士の全てをノーベルガンダム風にアレンジして、プレゼントしたんだとか。

ノーベルプルートとか、ノーベルサタンとか、ノーベルウラヌス?

そんな感じで。

なんというか、あそこまで、ノーベルガンダムを愛しているのは、クレアちゃんしかいないような気がします。

劉備は、三国無双で出てくるような、あんな、優しい人じゃない。

と、言う説は、有名な物で。

今回は、そんな、設定が良く変わってくる話です。

・・・嘘です。

こんにちは。

私メインでは、どれだけのことか。

ティアナ・ランスターで御座います。

「クレアちゃん、そう。そんな感じ。」

と、思い出すのは、まだ、私が、現役ウンディーネだったころの話。

なんと言うかさ。

考えてみれば、弟子は、クレアちゃんです。

当時は、灯里さんから、アクアマリンの通り名をもらいました。

つまり、私が、二代目アクアマリンだった訳です。

そんな、私の教え子は、ヴィヴィオの妹であるクレアちゃん。

初登場時は、初対面な感じですけど、色々と都合のいいように、設定が変わるのが、この世界の慣わしです。

私も、色々とありました。

なのはを生んだ辺りだったかと思います。

アリアカンパニーの扉を開けたら・・・






「なのは・・・熱いよ・・・」

「美味しそうなの・・・」






うろ覚えなので、よく覚えていませんが・・・

なのはが、フェイトちゃんに、チョコをかけるという。

バレンタインでは、よくあるネタをプレイしていて、扉を閉めたら、普通のネオ・ヴェネツィア・・・

と、言う事が度々続きました。

無論、二人の横には、ロリクレアちゃんがいるということなんて、当たり前。

なんだろう。

自分でも、良くわからない世界にトリップしてしまうのは。

時折、かなり成長したスバルちゃんが、あ、私の時代は生まれてませんけど。

スバルちゃんが、私といちゃついているという、シチュエーションがあったりしました。

当時は、きっと、私は疲れていたんですよねぇ・・・

まぁ、そんな感じで、

「おめでとう。スノーホワイト・・・」

20で、家庭に入ったために、その日・・・

僅か5年で、プリマウンディーネを引退し、全てを、クレアちゃんに委ねた訳です。

そんな感じで、ウンディーネの事に関しては、時折、クレアちゃんから、相談を受け・・・

今回も・・・

「とりあえず、休めば治るんじゃないかな?」

「はぁ・・・そうですか・・・」

どうも、クレアちゃんも、あの現象に陥ったみたい。

私は、休んだら、治ったから、何とかなるかも。

でも、向こうの私が来たことは無い。

うん。

無い!

そんな感じで、リビングに行こうとしたら・・・





「うー・・・」

「シンシア、落ち着こう!?」





・・・疲れているんでしょうか?

なんか、シンシアちゃんとなのはの、壮絶なバトルが・・・

とりあえず、扉を閉めて、再びあければ・・・

「ティア?どしたの?」

ヴィヴィオがそこにいました。

良かった・・・

「ティアー。」

「んー?」

何か、ヴィヴィオが、凄い、思いつめた顔してるんだけど、アレか。

美少女文庫か。

「あー、今回は、そっちじゃない。」

「あぁ・・・そう。」

ちっ・・・

いじれない。

と、言うことで、今日は、何が無くなったんだか。

「TMAのAVでも、亡くなった?」

「いや、買ってないから。」

そういや・・・あの会社・・・クイブレもAV化だったような・・・ねたとしてみてると、あまりにも、くだらない、某AV会社です。

さて、本題はと言うと。

「姉です。のROMが、消えた。」

・・・・・・おい。

美少女文庫は恥ずかしがるのに、どーして、エロゲーは、普通に口に出せるんだろ。

美少女文庫の時は、可愛いのにさ。

とりあえず、ROMが消えたとなると、また、買い直しかな?

面倒くさいなぁ・・・

「姉です。って・・・」

「アトリエさんちのかぐやさんの家の・・・」

「知ってます。」

つまり、アトリエかぐやか。

「うん。」

とりあえず、アトリエかぐや・・・

「何で、美少女文庫は恥ずかしいのに、アトリエかぐやは、恥ずかしくないの?」

「何でだろ?」

・・・謎だ。

「こんにちは。」

そんなときに出会ったのは、未来の娘・・・

いや、もう、私達の娘でもある、フェイトちゃん。

「なのはは、自分の部屋にいるよ。」

「はい。」

と、言う事で、はなまる幼稚園のようなパンツをはきながら、動くフェイトちゃん。なんというか、はなまる幼稚園だ。

つーことで、向こうに言った後、私とヴィヴィオは捜した訳だが、見つからない。

何処に言ったんだか。

と、思ったときだった。

「な、なのは、何やってんの!?!?!?!?」

フェイトちゃんの驚いた声・・・

なんだろうと思い、駆けつけたとき・・・

そこには・・・

「なるほど・・・こうすれば、フェイトちゃんも喜ぶの。」

「な、なのは?」

「あ、フェイトちゃんいらっしゃいなの。」

真剣に、パソコンのモニターを見ているなのは・・・

モニターの先にあったのは・・・

「アァァァァァ!!!アトリエさんちのかぐやさんちのゲーム!!!!」

「はっ!!ばれたの!!」

「ヌわぁぁぁのぉぉぉぉふぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」

「ひぃぃぃぃぃ!?」

あぁ、なのはが怯えてる・・・

ヴィヴィオも怒るの無理ないよね。

だって、速いもん・・・

いくら、教養の為とは言えねぇ?

「エロゲーでも、一時間やったら、休憩だよ?」

「解ったの!」

「じゃぁ、ティア。行こう。」

えぇー!?!?

頭いたい・・・

「ちょっと、ヴィヴィオ!?いいの!?」

「うん。別に。まぁ、何処にあるか、確かめたかっただけだから。」

と、とりあえず、安心したヴィヴィオと、起きたばかりのアイリを含めた三人で、ゆっくりしていた時。





「なのはぁぁぁ・・・凄いよぉ・・・!!」

「ふふふ・・・かぐやさんの家で極めた、技術は、これからなの!!」





・・・やっぱり、速いと思う。

それ以前に、五歳で絡む、あの二人・・・

止めたほうがいいよね・・・?

と、思ったのでした。

はぁ・・・

なんだろ・・・

特別、あの二人に苦労してしまうのは。

それに比べて、アイリは、

「マーマ?」

「大丈夫だよ。アイリー」

心配してくれるから、ちょっと、嬉しいです。

そういや、向こうのシンシアちゃん、魔法が使えるような。

精気を吸えるアイリと良い勝負かな?

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 五歳には、かぐやさんは早い気が(汗
 でも、プレイしている五歳児が五歳児ですからね~(しみじみ
 ちなみに、シンシアちゃんは魔法が使えます。どういう感じかと言うと……砲撃オンリーな感じで(目をそらす
 そういえば、クレア様とティアママンは師弟関係という設定になったんですね~。
 でも、それもまたよし、ですね。
 それでは、これからも頑張ってください。応援しています。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2010/02/24 06:57 | URL |

Re: タイトルなし

うちのアイリは、精気を吸い取ることが出来ます。等という、当たり前のことから、入ります。
まぁ、かぐやさんですから・・・五歳児が五歳児ですから。
あの五歳児は、それほど、危険なわけでございます。
とー、言うことで、ティアと、クレアさんは師弟関係ということで、世界の均衡が保たれました。良かった・・・
はひ。
明日は、某愛娘がメインです・・・!

| 月 | 2010/02/24 09:17 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/2659-6af75309

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT