PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

おーい・・・

近況を言えば・・・アリア社長感染拡大中?
レギュラー
まぁ・・・この二人は、
なのは レギュラー
夫婦ということで。
まだ。
最近、ヴィヴィティアが、廃れてきたような。
いや、好きですよ。
ヴィヴィオ×ティアナ。


「ティア。」

「んー?」

「あのちっちゃい、クレアのことだけどさ。」

「うん・・・」

まぁ、わかってはいるだろうと、思いましたよ。

わかっているだろうと。

「あの子、同一人物だと思う。たぶん、私は、ティアと、つきあってないかも。」

「ま、いいんじゃない。ここで、私はヴィヴィオと一緒だし。」

「なんか、幸せだねー・・・私は。」

「そうね。」

何度も言うけど、寄せ集めCPじゃないよ?

分かっているとは思うけど。

もとより、本編だと、姉妹っていう設定でしたけどね。

あ、むろん、義理の。

義理のですよ。

義理の?

まぁ、なんだか、本来の本編で言う、ティアの彼女が、復活しそうな勢いでございますが。

まぁ、ここでは、そんなの関係なく、行こうかと思いますよ。

そんなの、関係なく。

まぁ、向こうでの私は、ティアに、片思い状態ということで。

とりあえず、妹としてみていないのが、本編のティアということでね。

ご了承していただければ、幸いでございます。

「そういや、最近、喧嘩、してないね。」

「しない方が、幸せでしょ?」

「まぁ・・・ね。」

幸せでございます。

今、ここが、かなり、幸せだったりして。

もう、悪くない。

幸せならばね。

と、言うより

「最近、強力なキャラが多すぎて、私が、徐々に・・・空気になっていくような。」

「気のせいよ。」

「気のせいかな・・・?」

「そう。私の、大事な人は、ここにいるもの。」

「あぅ・・・そういうのに、弱いの、知ってるくせに・・・」

「だって、本当のことだし。」

何というか、アイちゃんがきて以降、骨抜き気味ですが、最近の悩みはですね。

上記で言ったとおりですが、そこは、ティアが、大丈夫って言ったので、今後は、大丈夫になるかと、思いたい。

「ティア・・・」

「今日は、どうする?」

「どうするって・・・」

「ま、そろそろ、おなかの中の子が、生まれてくると思うし。」

「まぁ、ね。」

「とりあえず、出産した後は、凄いんだから。」

「覚悟しておく。」

そろそろだ・・・

何気に、お腹の中の双子で、よかった。

なんか、一人は、空気になりそうで、もう一人は、凄い、大変なことになりそうだ。

良し。

頑張ろう。
















「ねー、晩御飯、食べてくー?」

「たべうー」

本当に、帰らなくて、良いのだろうか。

本当に、帰らなくて。

何というかですね。

早く、帰れってわけではないんですよ。

早く帰れってわけじゃ。

時間制限とか、そういうのが、あるんじゃなかろうかと思っていたわけでございます。

「ぁぁー・・・もう、もってかえりたいよぉ・・・」

「あぁ、それは、うちの所有物だから。」

なんか、もう一人の私は、飽きない様子。

もう一人の私は、飽きないようでございます。

えぇ・・・

何がって、それは、もう、見れば、わかる通りでございます。

「ぷいにゅぷーい♪」

飽きないね。

あれから、6時間くらい、ずっと、アリア社長のもちもちぽんぽんをもみ揉みしまくってますよ。

まぁ、ぽよんぽよんしてますけどね。

もう、もちもちした、ぽんぽんを、もみもみするのが、快楽であるかのごとく・・・

えぇ・・・

もう、可愛いなぁ、このやろう。

ダブルで・・・

「ぷいぷいにゅー♪」

あぁ、しかも、嫌がってない。

あの子、つぼをよくわかっているな・・・

まぁ、よくわかりますよ。

あそこまで、アリア社長が、気持ち良くなっているということはですね。

もう一人の私も、気に入っているということですよ。

たいてい、アリア社長に気に入られた、人は、幸せになるようで。

どうも、運が良いね。

「ぁぅー・・・おもちかえりしたい・・・」

まぁ、無理なんですけどね。

「むげんしょこにいる、どこぞのふぇれっとと、こうかんしたいよぉ。」

「いや、フェレットは、勘弁してください。」

ぶっちゃけて言うと、ティアナ姉さんが、フェレット見ると、怖くなって、色々と、乱射しちゃうんだよね。

ばんばんばんばんと・・・

「そういえば、こっちは、ヴィヴィオおねえちゃんとティアナさんが、ふうふなんだよね。」

「んー。万年、飽きずに、いちゃついてるよ?」

「やっぱり、わたしのいたせかいとは、ちがうね。」

「まぁね。貴女は、ゲストキャラだからねー」

ゲスト。

でも、ですね。

「あなたのような子なら、大歓迎よ。」

「うん。」

「あれ?クレア?と、もう一人・・・クレア・・・?」

「おねえさんだれ・・・?」

あぁ、だれかと思ったら、灯里ママじゃないですか。

「この世界の、私のママ。」

「じゃぁ、クレアのママでもあるの?」

「そうなるかな。」

と、言うことで、この世界のママである灯里ママに、もう一人の私は出会った。

そして、アリシアママと灯里ママ・・・

四人で一緒に晩御飯を食べたのでした。

灯里ママとアリシアママにすっかり、懐いたもう一人の私は、晩御飯を食べたわけです。

「あかりママ・・・アリシアママ・・・」

フェイトちゃんや、なのはちゃんにはないような、灯里ママとアリシアママのほんわかオーラに包まれたもう一人の私は、ママたちに抱かれて、眠そうな顔をしてました。

灯里ママと、アリシアママの持っているものは、フェイトちゃんとなのはちゃんは、持っていないかもしれないけど。

フェイトちゃんとなのはちゃんの持っているものは、灯里ママと、アリシアママは持っていないかもしれません。

でも、同じDNAだから、ママっていう感じは、解るんだよね。

「あらあら、うふふ♪」

「小さい頃の、クレアに、そっくりだね。」

「うみゅぅ・・・」

「アリアしゃちょぅ・・・」

「ぷい?」

「いっしょにねるのぉ・・・」

やっぱり、凄い、気に入ったようです。

「お願いしていい?アリア社長。」

「ぷいにゅ!」

心強く、うなづくアリア社長。

灯里ママと、アリシアママが、クレアちゃんをベッドの上まで運んで、そんな、クレアちゃんを守るかのように、添い寝する、アリア社長と・・・

「クレアも、おいでよ。」

「良いの?」

「うん!一緒に寝よう。」

「おねがい。」

無邪気な、灯里ママともう一人の私の誘いに負けて、一緒に寝ることに。

真中に、幼クレア。

その右隣にアリア社長。

左隣りに、私。

あ、そういえば、私、デフォが、15歳の外見って設定・・・

誰か、覚えてたっけ?

まぁ、いいや。

私たちを包むように、灯里ママと、アリシアママが・・・

何というか、久しぶりだ・・・

ママたちと一緒に寝るって・・・















朝起きたら、やっぱりというかなんというか・・・

彼女は、もう、帰っていました。

でも、素敵な思い出はできた・・・はず!

また、追いで。

素敵な、もう一人の私。

「また、来ると良いね。アリア社長。」

「ぷいにゅ。」

やっぱりというか、何というか、別れを言わずに、戻ってしまったこと。

完全に、時間制限を超えてしまったことで、「さよなら」を言わずに別れてしまったことが、どうも、アリア社長は悲しかったようです。

今頃、あの子も、向こうの世界で目覚めてるはず。

と、言うより、アリアという名のデバイス・・・いや、フェイトちゃんに、アリア社長どこーって、訪ねているような気がします。

「アリア社長・・・」

「ぷぷい?」

泣くのを、我慢しているアリア社長が、何処か、逞しく見えました。

大丈夫だよ。

「また、来ると思うから。」

「ぷいにゅぅ・・・」

と、私に飛び込んで来るアリア社長が、どうも、可愛かったのでした。




ばいかいー(スバルが、書いた。)



「私のアリアなのにぃ・・・!!」

アリア社長に、だっこしている私に、嫉妬するメイドが、約一名・・・

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 デバイスの名前はあれです。
「アリアとおんなじで、アリアってなまえのねこさんなんだよ~」
 とクレアちゃんに言わせたかったがためにそう決めた所存であります(ぶっちゃけ
 しかし、こちらでは、クレア様のご両親とも対談しちゃったんですね~。クレアちゃん。
 でも、それもまたよし。
 こうなると、クレア様をうちでも出したいところですね~。たぶん、近いうちにそうなりそうな予感がします。
 まぁ、予感は予定のようなものですが。そして、予定は未定ともいいます(エ
 とにかく、ほのぼの、ごちそうさまです(敬礼
 それでは、これからも頑張ってください。応援しています。では、また。
 P.S.ARIAのアニメを今日から見始めました。現在、二期の四話まで観終わりました~。

| 魔ぎゅなむ | 2010/01/26 00:09 | URL |

Re: タイトルなし

めがっさ気になる、一時前だったりします。
会いに行って上げるのかなーって・・・まぁ、アリア社長は、時を越えたり、時々してるからって、アレ?
まぁ、いろいろと、ありそうな予感。
さて、こっちの両親と、あわせてしまいました・・・いや、この際だから、なんでもやろうと。思ったら、ここまで。
クレア様は・・・かなり、イメージをぶっ壊すような、そんな気が・・・してなりませぬ。まぁ、お祭り気分のようなものですからね。
あ、ARIAを見始めましたか♪
癒されムード全開になりますよ♪

| 月 | 2010/01/26 00:17 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/2582-a732aa27

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT