PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

フラストレーション

ストレスの発散って、大事。


セカンド地球の鳴海市・・・

ミッドチルダの鳴海市・・・

設定はいろいろとございますが、今、ここで明かすというのなら、ここは、AQUAの鳴海市だったりします。

わざわざ、車に乗って、稼ぎに行くのは、瞬間移動と言う、チーと技術を使い、わざわざ、地球の鳴海市に行っているわけですね。

今日の話は、こんな言葉から始まるのです。

もちもちぽんぽん・・・

フローレンス(偽名は、高町)家のペット、アリアに備わっている、愛されている体の部位の一つ。

世の中には、女性に抱きついたりして許される雄が、いる。

許される雄というのは、人間にならない。

単なる、動物のことである。

アリア社長、スケッチブックのグレ・・・

グババ・・・

フリード(ここでは、メス)

ヴォルテール(ここでは、メス)

ガリュー

トトロ

ジジ

猫バス

デイダラボッチ

王蟲

巨神兵

にゃんこ先生等々。

主役を食う位に、人気があったりする。

それが、愛される、マスコットキャラクターと言えるだろう。

と、クレアちゃんは言ってみる。

それに比べると、あれは、いかがなものかと思いますがね。

クレアちゃんとしては。

お姉ちゃんがいない?

そうですね。

最近、お姉ちゃん、姿を見せませんね。

冬休みもらって、ネオ・ヴェネツィアに、旅行へと行ってるからです。

極めて、人間にならない、マスコットキャラクターは愛されます。

しかし、夏目に出てくる子狐は例外と言えるでしょう。

とはいえ、人間になるという点で、愛されるのは、女の子になるキャラクターだと思うのです。

女の子。

人間になっても、胸がバインバインだったり、顔が可愛かったら、認められるわけです。

しかし、風呂で自分の意志を通さない、人間になれて不思議な力を持っていながら、自分で何とかしない。

しかも、男。

動物形態は、なんか、もう・・・

狙ってるとしか。

はぁ・・・

ずっと、動物ならば、今ほど波風も立たなかっただろうに。

残念な美人や、残念な兄というものがいる中で、私が思うのは。

あれにあだ名をつけるなら、残念なマスコット。

残念なマスコット。

もう、正式に、もとの世界の私のお母さんたちの二人の関係を認めない、連中がちらほらと。

いや、これ、前にも言ったから、どうでもいっか。

本当に、残念で仕方がない。

あの人。

いや、あの獣。

何なんですか?

あれ。

なんか、しゃしゃり出てきてね?

クレアちゃんの、親父だーなんて、変なことを、もとの世界では言ってましたけどね。

はは

あいつ、何言ってるんだろ?

って、普通に、ヴィヴィオお姉ちゃんと、大爆笑ですよ。

腹、抱えて、大爆笑ですよ。

なんや、あいつ、あほちゃうかー?

みたいな感じで。

フェイトママの味見用のケーキを食って、味見用なのに、喜んでるって言う、天然ですよ。

どんだけ、わらかしてくれるんでしょうね?

まぁ、いろいろとあるようですけどね。

んなことは、別にどうでもいいや。

まぁね。

男の子のマスコットキャラなら、アリア社長か、にゃんこ先生を見習うべきだと思うのですよね。

つーか、人間形態を出した、スタッフの気持ちがよくわかりません。

残念なマスコットの話は、もう、いいや。

いろいろと怒られそうだしね。

なぜ、こんな話をしているのかと言うと、現実から逃げたかったわけです。

それは、目の前に、なぜか、

「おばちゃんの焼きそば・・・油濃い・・・」

この、くそが・・・

いえいえ、未来のなのはちゃんの子供?何人でもいいわけですが。

「油濃いなら、食うな・・・」

「着てあげたのに。」

「だから、望んでないっていうの・・・」

こいつ、わかってない。

この、女、このガキ・・・

わかってない・・・

大体、焼きそばにつられたんだったら、もう、帰れっていうの。

馬鹿じゃないのかい?

この、娘は。

「お姉ちゃんも、いってあげてよー」

「我慢しなさいなー。年上でしょ?大体、冬休み中だっていうのに・・・」

えぇー・・・

あんたの、孫ですよ!?

あんたの!

「これから、ティアを可愛がらなきゃいけないの!じゃぁね!」

じゃぁね!

じゃねぇよ・・・

お姉ちゃん・・・

困ってるんですけど・・・

いや、マジで。

どうでもいい話、アイリちゃんは、いい子を見つけることが出来たのかな・・・

アイリちゃん・・・

五年後の話ですけどね。

「アイ・・・帰ろう。」

ん?

「歌帆お姉ちゃん。」

何?

CCさくら?

そんな感じで・・・

「4女の歌帆お姉ちゃん。」

と、一緒に、彼女は、帰って行った。

もう、来るなよ・・・?

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 クレア様とアイちゃんは一触即発(半ばクレア様が一方的に)ですね~。
 でも、あれでしいいすよね~。
 我慢しなさい、年上でしょ? というセリフは世のおにーさん、おねーさんにとってはあまり聞きたくないトップテンに入ると思います。
 好きで年上に生まれてきたわけじゃねぇーよって感じで(しみじみ
 それはさておき。
 マスコットはあくまでもマスコット位置にいるべきだと僕は思いますね~。主役級の活躍を見せもかまわないけど、それはあくまでもマスコットとして、というスタンスは崩すべきではないな~と思います。
 まぁ、とにかく、アイちゃんは帰っちゃいましたね~。次の登場はいつになるやら。
 そして、クレア様。幼子の相手おつかれさまです。
 次回(年明け)も楽しみにしています。
 それでは、これからも頑張ってください。応援しています。では、また。よいお年を~。

| 魔ぎゅなむ | 2009/12/31 00:12 | URL |

Re: タイトルなし

登場時期が重なったのが、この二人の不運なのですよ。
それ以前に、やっぱり、年上でしょ?は、いやですよねwww大抵、弟のほうに日がある場合もあると言うのに、悪知恵働きますからねwww
さて、マスコットは、本当に、そういう位置にあるべき存在かと。
故に、アレは、そこまでしてはいけないと思うのですよ。アイちゃんの登場は、来年であることは、確かです!
多分・・・
クレア様は、幼女が苦手なようです。
ここでは・・・なんか、すいません。
次回も、意味はございません。はひ・・・

| 月 | 2009/12/31 00:59 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/2515-9b646f36

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT