PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

酒癖と空気を読む娘達。

マジで。


「ティアちゃん、可愛いなー」

「そうねー。ティアちゃん、可愛いー」

えぇ、二人とも、酔ってます。

酔ってしまっています。

そして、私に、絡んできています。正直、勘弁してほしいわけですけどね。

勘弁してほしいです。

「ママ!!私のティア!!」

両サイドに、お母さん達がいて、ヴィヴィオはというと、私の膝の上に・・・

そして、目の前には、すずか先輩。

灯里お母さんの横には、クレア様がいたりしていますね。

すずか先輩は、いつでも、私を襲おうとしているのか、その牙を磨いているように見えます。

あ、なのはたちは、周りにいたりしています。

桃子達は、テスタロッサ家で宴会中だとのこと。

お母さん達の瘴気にやられてしまっているような感じがして、なりません。

なのは達の顔が、あぁ、紅潮してる。

あの後、絶対にやるわね。

お母さん達、どうして、こうも、酒癖悪いんでしょう。

「きゃぁ・・!!ど、どこ、触って・・・!!」

「ティアちゃんの、おっぱい、可愛いねー」

「灯里お母さん!?」

「ちょっと、ママ!?」

な、どうして、そんな、悪い癖が・・・!?

「スキンシップだよぉースキンシップぅー」

「それだったら!!」

「ヴィヴィオも・・・ん・・・!?」

強引に、唇をうばうなんて、なにしてくれてるのよ!!

いや、まぁ、悪くはないですけどね。

悪くはありませんよ?

好きですからね・・・?

ただ、最近、ヴィヴィオが、昼に襲ってこないのが、ちょっと、気になったりしますけどね。

まぁ、昼は・・・














来ないんだったら、

「私が・・・」

「ティ、ティアァ・・・?」

と、いう感じで、そんなもんなんですけど。














でも、

「ティアちゃん、一緒にー食べあいっこしようよー」

「灯里と、そういうことしていいのは、私ー!!」

その、アリシアお母さん、そういうのやめてくださいな・・・

私を挟んで、抱きしめるのは・・・

二人の、豊満な胸が、当たって・・・

その、興奮してしまうわけですが・・・

この状況は、やばい!

この状況は、さすがに、やばすぎる!!

「ティアちゃん、ちゅーしようかー」

「え、えぇ!?ちょっと、お母さん!?」

灯里お母さん、酒飲むと、かなり、やばい・・・

唇を差し出す姿が、非常に色っぽいんだけど、見つめてると、私、負けそうだ・・・

聖王になったときの、ヴィヴィオみたいな、ちょっと、18禁な顔してるし・・・

「あぁん!!灯里の唇は、私のなのぉー!!!」

食事どころじゃねぇ・・・

マジで、食事どころじゃないんですけど・・・!!

アリシア母さんは、子供になってるし。

「ママ達も、離れてってばぁ!!」

「それは、さすがにねぇ?」

「無理だよ?ヴィヴィオ。」

そういや、ヴィヴィオが私と結婚するって言ったとき、相当、私の子と気にいってたんだよね・・・

「ヴィヴィオォ・・・」

「ティアの全部は、私のなんだから!!」

酔って暴れる、酔って私に、抱きつき、キスまでしてしまう。

なんという、恐ろしい人なんでしょう・・・

この人たち。

酒癖、悪すぎますよ・・・

「ティアちゃん。」

「あ、はい・・・すずか先輩・・・?」

この人は、いつの間に・・・

「ぬいじゃおっかー♪」

「脱がしちゃえー!」

「お母さん!?なに言ってるんですか!?」

「だって、脱がないトー」

「つまんないよー?」

「つまんなくていいんだよ!!食事だから!!」

えぇー・・・!?

私の答えを聞く前に、すずか先輩は・・・

「にゃぁぁぁぁぁ!?!?」

私の衣服を、破きやがりましたよ・・・

「ふぇ、フェイトちゃん・・・さすがに、やばい気がするの・・・」

「うん・・・そうだね・・・なのは。戻ろう。」

高速で、晩御飯を食べた後、なのは達は、自室に戻っていった。

空気を読んでくれて、ありがとー・・・

これからが、地獄か・・・

「ティ、ティア・・・」

そして、ヴィヴィオが、新しいフェチに目覚めた。

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 酒癖が悪い人たちが勢ぞろいですね~(苦笑
 うん、ティアママン、ご愁傷様です(ほろり
 でも、それでも、ティアママンはなんだか嬉しそうにも見えるという今日この頃。
 しかし、ヴィヴィオママンが新しいフェチに目覚めてしまいましたね。
 ……本当に大変ですね、ティアママンは(しみじみ
 まぁ、それでも、幸せだと思うのは僕だけじゃないでしょうけどね。
 とにかく、ごちそうさまでした。
 それでは、これからも頑張ってください。応援しています。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2009/11/28 00:39 | URL |

Re: タイトルなし

悪いにも、ほどがあらぁ…な、メンバーですよねぇ・・・
ティアママは、愛されるだけ、嬉しいのですよ。
ある種、本人も気にしないところで、女好きという部分が、あるのかもしれません。
新しいフェチに目覚めても、愛されているなら、幸せ・・・なのかもしれませんねぇww
新しいフェチと言うより、ティアフェチ?と、言う言葉もあるようなwww
幸せなんですよねー・・・やっぱ、愛されてますから。
娘たちは、普通に空気読んでますし。
取りあえず、マンネリから抜け出したいです…

| 月 | 2009/11/28 01:24 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/2426-44a10d38

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT