PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

重大よりも前に。

最近、クレア様が、良くやってくる。
原作での、クレア様は、凄い良い子ですので。
はい。えぇ、誤解なさらないように。


「それで・・・なんだったかしら?」

「シェリルの誕生日が実は、二日前だったっていう話?」

「wikiで間違えた、黒歴史の話はしないで・・・クレア・・・」

アリシアママは、相変わらず、忘れっぽい性格をしております。

そして、私は、偉大なる歌手の誕生日を一ヶ月早く祝いました。

「あらあら。」

うぅ・・・私のばかぁ!!

「さぁ、ヴィヴィオ。」

「ママァ・・・」

こういうときは、甘えるのが・・・なに?33で、甘えるなだと!?

うるせぇ!!

その、あらゆる美という名の、美を現在も自分の欲しい侭にしている、この人こと私のママなんですけどね。

あ、でも、その自覚が無いのも凄いです。

流石は、キャロちゃんが娘に、私の、ママの名前を付けただけの事はあります。












「へっくし・・・・・・」

「キャロ…?」

「話しかけんな!!この雄豚ぁぁぁぁ!!!!」

「うぉぉぉぉぉぉ!!!!!」

相変わらず、ドMですわ♪















そりゃ、綺麗ですしね。

灯里ママに至っては、あらゆる可愛いという名の、可愛いを自分のものにしておいて、自覚が無いから、凄いです。

それに、夜の生活になると、アリシアママは・・・

えぇ・・・

もう、凄いですよ。

凄い凄い。

私以上で、すずか先輩以上で。

「ほら、すずかちゃんの秘密だよ。」

「あぁ、そうだったわね。」

ちなみに、二人とも、天然です。

それ以前に、最強です。

この二人。

多分、作中の中で、一番最強のキャラだと思うのです。

自覚は、無いと思いますが。

灯里ママと戦おうとすると、

「ほへー?」

あの、ド天然オーラに巻き込まれて、戦意を喪失してしまうという、恐ろしさがあるのですよ。

ついでに、恥ずかしい台詞攻撃で、大変なことに…

ふぅ・・・

「それで、実は、すずかは、私の妹なのよ。」

・・・はい?

「ティア、また、ママたちが、さらりと恐ろしいこといったと思うんだけど・・・ねぇ?くレアも聞こえた?」

「そうね・・・ヴィヴィオ・・・」

何というか、ありえないことを言った気がします。

「お姉ちゃん・・・なんだっけ・・・?」

「確か、突然、現れたすずか先輩の姉が、ママだったような気がする・・・」

「何、この、後付設定・・・」

「それ以前に、最低でも、20の差があるような気が・・・」

いや、しかし、そうでないと、すずか先輩が、何故、あそこまで最強なのか、説明できる。

考えてみれば、ママの妹なのだから、あの強さは当たり前であるといえるだろう。

だって、一個上だし。

すずか先輩とは、一個上だし・・・

一個上だよ!?

一個!!

それでいて・・・

「つまり、年の離れた妹ということ。」

「離れすぎだよ・・・?ママ・・・」

離れすぎにも、ほどがあるのは解るのですが。

「あそこまで、性欲が強いのは、何故でしょう?」

クレア、その、ストレートすぎる質問はどうかと思う。

「あらぁ、クレアちゃん・・・・・・私は、ただ、可愛い女の子が好きなだけよ?」

「んな!?」

可愛い女の子…

対象は・・・

私・・・

ティア…

クレア…

キャロちゃん・・・

イクス…

その他、

諸々・・・

「その、ストレートすぎる答えも、どうかと思う・・・」

そう、考えると、私達の叔母さん・・・?

私達の叔母さんですね。

「と、とりあえず・・・事情はわかったとして・・・すずか先輩は、何で、ここに…?」

「あ、お姉ちゃんが、ここに来るって言ったから。」

「あぁ…」

「ついでに、灯里姉さまに、甘えに…」

「あぁー・・・」

ん!?

なんか、やばいことを聞いたような気がするんですけど・・・

気のせいでしょうか?

そ、そんな、いつもは天使のような、アリシアママから、灯里ママを奪うと言う事は…

それ、すなわち、

「前は、国一個が消滅したっけ……ヴィヴィオ・・・・・・」

「うん……」

確か、偉大なる将軍様のいる国が、犠牲になりました…

「すずかー・・・ちょっと、外に出ましょうか…?」

「えぇ・・・お姉さま・・・」

やばい…

ママが、名前の最後に、娘以外の人間に、ちゃんを…

つけてない・・・

「ほへ…?アリシア…?」

「ママ、早く逃げないと!!」

「え、うん?」

この人は、この人で気づいてねぇー・・・!!

なんか、今日は、私がまともに見える…!!

あぁー!!

今日は、ここまでー!!!

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 史上最強の姉妹ケンカのはじまりですね~(汗
 はたして、世界はどうなるのでしょうね~。そんくらいのレベルのケンカですよね、ぶっちゃけ。
 しかし、途中のキャロママンはあいかわらず、ドエスとドエムの夫婦ですね~。でも、それでこそのキャロママン(エ
 さぁて、次回、世界は滅亡の危機をどう乗り越えるのか。そこんところを期待しつつ、次回も楽しみにしています。
 それでは、これからも頑張ってください。応援しています。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2009/11/26 00:17 | URL |

Re: タイトルなし

最強と言うより、最凶の気がする感じですね・・・
世界は、正直、大変な状態になるであろう、喧嘩は、案外、一人の台詞によって、破られてしまうような感じがします。
久しぶりに登場した、キャロママは、相も変わらず、ドSと、ドMでございますねー♪流石は、キャロママです。この人は、変わることはないですね。
明日は、世界滅亡するのか、案外、簡単に解決するのか・・・それは、まだ、解りません!
次回は、特に・・・はい。そんな感じです!

| 月 | 2009/11/26 00:35 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/2423-2691f1d7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT