PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

子供は最初は厳しく・・・・あ、ダメ?ダメなの?フェイトちゃんは、松来ボイスに弱いの。

そういや、22人。
アカイイトの幼女桂ちゃんが降臨


「お姉ちゃん達ってさ、偉いよね・・・」

急に、クレアが、こんな事を言い始めました。

「何が・・・?」

「性欲塗れのお姉ちゃんでも、子供は三人に抑えたって事。」

「つまり、私とヴィヴィオは毎日していながらも、子供を作り過ぎなかったって事だよね?」

「うん。」

そう言えば、なのはとフェイトちゃんは未来に、22人の子供を創ったんだよね。

はぁ。。。

多分、なのは11人、フェイトちゃん11人って辺りかな。

「それ以前に、クレアちゃん、最近よくくるね。」

「あぁ、出番増えるから。」

「あぁ・・・」

納得。

「アイちゃん元気かな?」

最近、あの子が出ていないような・・・

まぁ、良いんですけどね。

それはー・・・

色々とあったわけで。














「ままぁ・・・・・・」

それは、13女の桂が3歳の時の話。

まだ、マリンと夏音が2歳のころだったりします。

考えてみれば、良く、あそこまで、私たちは子供を産んだものですね。

はぁ・・・

16人も子供を育てると、色々とありますけどね。

あ、私は、熟女版フェイトです!!

とは言え、外見年齢は、19の姿とあまり、変わってないような気がしますが。

とは言え、世間で言う、アイちゃんがまだ、いない時代ですね。

と、言う事で、世も深まり、そろそろ、なのはが欲情して私を食べようとしたときでした。

突然、私となのはの部屋を叩く音がしたのです。

ドアを開ければ、13女の桂が・・・

枕持って、泣きそうな顔で私を見ていたわけです。

「どうしたの?桂。」

多分、性格は私譲りかも。

「うぅぅ・・・・・・」

あぁ、松来さんボイスが、頭の中に響く・・・

頭の中に、松来さんボイスが!

娘の声が、松来さんボイスって、結構、恵まれているような気がします。

ちなみに、13女は私に似たのか、誘い受け?タイプですね。

あ、髪型は私がセットしました。

6女の柚明といつもは、一緒に寝ているはずだったんだけどなぁ・・・

あ、そっか。

風邪引いたから、一人で寝ないといけないのか。

千歌音は、姫ちゃん家だし、つまり、今宵は一人で寝なければならないと言う事ね。

「いっしょにねていい?」

松来ボイスでその台詞は、やばい・・・

確かに、3歳だと、一人で寝るのは可哀想かもしれません。

その前に、桂とは一緒に寝た事無かったなぁ。。。

「ダメなの!フェイトちゃんと一緒に寝ていいのは、私だけ!」

と、なのはが言うので。

娘達は、私たちと一緒に寝た事が無かったり。

娘を溺愛している、なのはがいる訳ですが、ちょっと、こういう部分に対しては、厳しい・・・

いや、過剰反応することがあるんです。

何というか、独占欲ですね・・・

こう言う所は、ヴィヴィオお母さんみたいに、煩悩塗れな部分があります。

「桂・・・言った筈だよ?フェイトちゃんの隣で寝ていいのは・・・私だけだよ?」

「だって・・・ひとりじゃこわいよぉ・・・」

あぁ、もう、泣き出しそう・・・

どうしよう・・・

なのはの事も大事だけど、今は、やっぱり、一人で寝かせるのも、可哀想だよね。

「ふぇいとままぁ・・・いいよね・・・?」

「フェイトちゃん、ダメだよ!」

「どうして?なのはままは、いつも、ふぇいとままといっしょで・・・」

「そ、そんな、いたいけに瞳で見ても・・・」

あ、なのは、桂の毒牙にやられそうだ。

流石は、誘い受けと言った所でしょうか?

「じゃぁ、一緒に寝よっか?」

「フェイトちゃん!?」

もう、松来ボイスに完全に・・・

「ほんとう?」

不安そうな顔+上目遣いで見る桂が、可愛くて、可愛くて・・・

「フェイトちゃん!!」

「あのね・・・なのは、ダメだよ?」

その前に、桂を抱っこしないと。

あぅー・・・

松来ボイスの私たち娘が、可愛いよぉ・・・

「まま、だいすきだよ?」

「私も、桂が大好きだよぉ・・・」

「フェイトちゃん!?で、でも、今日の・・・食事が!」

さて、なのはに言わないと。

「だって、私やなのはだって、三歳のころはヴィヴィオお母さんや、私と一緒に寝ないと、ちゃんと、寝れなかったでしょ?そんなことがあったのに、一緒に寝る相手のいない、桂に一人で寝ろって言うのは、酷すぎない?」

たまには、諭さなければ駄目って、ティアナお母さんが言ってたし、此れくらい、きついこと言わないと、解らないよね

「う・・・・・・」

「ひどいよー。なのはままは、いじわるだよ。けいをいじめるよー」

「け、桂!?」

あ、深く突き刺さってる。

桂の言葉が。普段、子供は可愛がってるから、桂の言葉がなのはは、だいぶ突き刺さってるみたいでした。

顔が、凄い勢いで、青ざめていきます。

「け、い・・・?」

「ふぇいとままといっしょにねかせてくれないなのはままなんて、きらいだよ!」

「き、きらい・・・きらい・・・きらい・・・」

あぁ、絶望するように、ヒザから崩れていったなぁ・・・

まぁ、仕方ないかもしれません。

でも、ここまで、言われて、初めてなのはは、解ってくれたような気がしました。

次の日、なのはは、廃人状態でした・・・

「きらいは・・・きついの・・・・・・」

orz

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 なんたる親バカ(苦笑
 でも、それでこそのなのはさんですよね~(しみじみ
 しかし、なのはさんとフェイトさんもお盛んですよね。今考えてみれば。
 まぁ、22人だと、お盛んを凌駕しているようにも思えますが、そこは気にしない方向性で(ぶっちゃけ
 まぁ、とにかくごちそうさまでした。
 それでは、これからも頑張ってください。応援しています。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2009/11/24 00:05 | URL |

Re: タイトルなし

周りから、バーローといわそうな感じでwwwやって参りました。親バカなのは・・・
しかも、子供は、既存のゲームの主人公wwまぁ、うちは、なのフェイなので書いてますからね・・・
二人が、盛んなのは、良くわかります。
22人・・・いや、気にしてはいけません!!そういえば、某企画に対抗してやろうという気持ちで、22人にしたんですよねぇ…本当に、凄い結果になりました。
はひ。頑張りますね。
明日は、ヴィヴィオのお母様が…

| 月 | 2009/11/24 00:16 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/2419-db2d8ef8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT