PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

バイファムの子供たち

今回は、以前に紹介した、バイファムの登場人物たちを紹介したいと思います。
13人の子供たち、そして、他の人間達・・・。
バイファムに登場した人物。
彼等が、辿ってきた経歴を紹介します。


子供達
スコット・ヘイワード(声:鳥海勝美)
15歳。男子。ジェイナス号のキャプテン。一番の年長者で、ボーイスカウトのリーダーをした事があるというだけの理由からキャプテンを任せられてしまう。生真面目な性格で自分に対しあまり自信が持てないが、ある事件を契機に次第に人間的で柔らかい一面が表に出るようになる。当初はやけに悲観的な発言をして周囲を不安がらせるなど、精神面で頼りない面も見受けられたが、戦いの中で徐々にリーダーとしての力量を備えるようになり、他の子供達からも頼られるようになる。クレアとは幼馴染み。タウト星に囚われたロディを救出すべく奮起し、稚拙な腕前ながら、黄色い塗装の練習用バイファムで出撃した事もある。
ロディ・シャッフル(声:難波克弘/保志総一朗)
14歳。男子。フレッド・シャッフルの兄。白のツナギに赤いTシャツが似合う少年。積極的で、彼の行動から事態が展開することも多く、本編の主人公格となっている。典型的なネアカ人間で喜怒哀楽が激しく、誰とでもすぐに打ち解ける。戦闘では主にRVバイファム(機体番号7)に搭乗。メカの扱いに関するセンスが良く、RVの操縦に関しては長い航海の間に相当の腕前に成長しており、ミューラァからは地球軍のエースパイロットと勘違いされていたほど。途中で13人の中で唯一設定が描き直され、後半では成長し背も伸びて、顔つきも精悍になった。同年齢のバーツとは親友、相棒そして肩を並べる戦友としての絆が深い。ケイトの死に対して、原因を作ってしまったカチュアを一度は責めるが、のちに和解。ククト星降下後、彼女に惹かれていく描写があったが、その先はなかった。
バーツ・ライアン(声:竹村拓)
14歳。男子。ベルウィック星で他のメンバーに合流。一見ツッパリ少年風だが、実はとても心優しく、面倒見のいい性格で場を盛り上げるムードメーカー。基本的には行動派だが、一歩引くという大人の感覚も身につけていて、メンバー内では最も精神年齢が高い。歳の近いロディやスコットとは特に仲がよく、覗き事件・エロ本騒動など、共に思春期の男子らしい行動も目立った。マキとは両親の事を語るなど恋愛関係につながるとも思えるエピソードもあった。歯が一本欠けているが、放置されていたRVディルファムに搭乗して初めて戦闘した際折れたもの。RV操縦に関しては一日の長があり、当初操縦シミュレーターで他の子供たちにレクチャーを施すほどであった。宇宙に出てからの戦闘では、RVネオファムに搭乗。旧式ながら、ロディのバイファムと対等を誇り、最後まで共に戦った(ジェイナスには他のバイファムや補充のトゥランファムもあったのだが、乗り換えることはなかった)。解放されたタウト星で地球軍と合流した際、ククト星降下後の大気圏内戦闘に備えて補給物資の中からスリングパニアーをこっそり拝借するなど、抜け目がない。
クレア・バーブランド(声:冨永み~な)
14歳。女子。高級将校の一人娘、ちょっぴり太め。戦闘にはほとんど参加せず、主にジェイナスの内政・家事を担当する。世話好きで頭の回転も速いが、少々潔癖症。ストレスを内に溜め込むきらいがあり、マルロ・ルチーナら幼い子供達の母親代わりも任せられてしまう状況に、時には爆発したことも。スコットの良き理解者だが、どちらかと言えば尻に敷くタイプかもしれない。
マキ・ローウェル(声:羽村京子/手塚ちはる)
13歳。女子。目深にかぶった「MAKI」印の帽子とショートパンツがトレードマークの、ボーイッシュな女の子。普段は帽子で隠れているが、髪は意外に長い。コンピュータやメカに強く、行動派の面が目立ち、時としてやや大人ぶった言動をするが、女の子らしいチャーミングな一面も併せ持つ。趣味の音楽はクラシックらしい。戦闘時には主にパペットファイターを操縦し、敵ARVを撃墜している。後半では一時補充されたRVトゥランファムに砲手として搭乗したが、操縦担当のケンツの五月蝿さに辟易し、カチュアと交替している。
シャロン・パブリン(声:原えりこ)
11歳。女子。男の子のような風貌で、一人称は「オレ」。あっけらかんとしてマイペース。協調性に欠け、当初は他の子供たちとトラブルを起こすこともままあった。ただ、根が明るく憎めない性格のため、深刻な事態になることは殆どない。ケンツにはいつもちょっかいを出してからかっているが、彼の描いたレッドベアーマークを描き直してやるなどの気配りも見せる。また、後にはがさつな彼女を嫌っていたペンチとも仲良くなる。手先の器用さを活かしたエピソードが多い。直接戦闘に絡むことは稀だが、砲手として敵ARVを撃墜したこともある。
フレッド・シャッフル(声:菊池英博)
10歳。男子。ロディの弟で、兄とは対照的に引っ込み思案で内向的、泣き虫な少年。頭の回転が速く、手先も器用。子供達の戦闘に重要な役割を果たした「高ゲタ」は、彼のアイディアによるものである。戦闘にはほとんど参加せず、主にコンピュータ処理を担当。ペンチのことが好き。
ペンチ・イライザ(声:秋山るな)
10歳。女子。詩と読書が好きな、一見物静かな女の子だが、時折芯の強さを見せ周囲を驚かせる。皆と一緒に風呂に入ろうとしないケンツを怪しんだシャロンにつきあい、風呂を覗くという大胆な一面も持つ。フレッドと仲が良く、優柔不断な彼を常にリードしている。シャロンとはある事件をきっかけに気の置けない悪友となる。直接戦闘に絡むことは稀。見かけによらず寝相が悪い。
カチュア・ピアスン(声:笠原弘子)
10歳前後。女子。緑の髪と瞳が特徴的な、冷静沈着で心優しい少女。普段は物静かだが意外な程の行動力を持ち、他の子供達の危機を幾度か救った。実はククトニアンであったという出自が後に明かされ、幼くして過酷な運命に晒されることになる。頭脳明晰で、ベルウィック星脱出の際にはシャトル操縦に関して知識を役立てた。ジェイナスに移ってからは主に情報処理を担当。後半では、砲手として操縦担当のケンツと共にRVトゥランファムに搭乗した。最終話で他の11人と分かれ、ジミーとともにククト星に向かった。
ケンツ・ノートン(声:野沢雅子)
9歳。男子。軍人一家に育ち、社会で一番偉いのは軍人だと信じている熱血少年。軍事マニアでもあり、RVなどの兵器にも詳しい。通称「軍曹」(バーツの命名)。行動力だけは旺盛だが、それを支えるものがないので戦闘時には静止を聞かず猪突猛進、敵とみるや真っ先に発砲するなど、常にジェイナスのトラブルメーカーとなっている。一方で、異性の悪友シャロンに対しては純情な一面も見せる。また、異星人であることが判明したカチュアの事を責めた際に、彼女をかばうジミーとは大喧嘩をしたが、後に別件で彼とは蒙古斑を見せ合う仲になった(その後、カチュアとも和解し、よき仲間となる)。戦闘時には好んで火器を扱った他、後半にはカチュアと共にRVトゥランファム(機体番号11)に搭乗し、ククト星へ降下した(ジェイナスと合流直前の戦闘で当機は失われているが、合流後格納庫に残されていた8号機に乗り換えている)。
ジミー・エリル(声:千々松幸子)
7歳。男子。ベルウィック星の宇宙ステーションでカチュアといっしょに救出された少年。やや閉じこもりがちなところがあり、会話が苦手。いつも行動がワンテンポ遅く、のんびりしているように見えるが、カチュアが責められていると激しく怒る。動植物への愛情が強く、またカーゴルームの遺跡の変化にいち早く気づくなど、観察力も鋭い。同じポッドで脱出し、同じように無口なカチュアといつも一緒にいたが、一度ケンツと喧嘩をして打ち解けた後は彼とコンビになることも多くなる。マルロやルチーナの良き遊び相手であり、物語終盤ではカチュアの行く末も左右した。戦闘にはほとんど参加していないイメージがあるが、ジェイナス号の砲手として幾度となく敵ARVを撃退している。戦争終結後、ケンツに「うちに来ないか」と持ちかけられるが、最終的にはカチュアと共にククト星に向かった。
マルロ・Jr.・ボナー(声:佐々木るん)
4歳。男子。ルチーナと同じく、最年少メンバー。いざという時は男らしく振る舞おうとする健気な一面も見せる。最年少組ではあるが、それに甘んじることもなく、生活面では二人ともきちんと言いつけられた仕事を(楽しみながら)こなしている。
ルチーナ・プレシェット(声:滝沢久美子)
4歳。女子。遊びたい盛りのちょっぴりおませな女の子。家が隣同士だったマルロとは仲が良いが、どちらかと言えば「お姉さん」役か。将来の夢は、マルロのお嫁さんになること。子供達のマスコット的存在として、物語に花を添えた。

大人の地球人
ケイト・ハザウェイ(声:滝沢久美子)
26歳。女性。クレークの助手としてクレアド星に派遣されていた地質学者。クレーク亡き後、ジェイナスの子供達の引率者・母親代わりとなる。カチュアの出生の秘密を知り、頼れる者もなく一時は酒に溺れるが、ロディの説得などもあって立ち直る。第16話でジェイナスを飛び出してしまったカチュアを連れ戻すべく、パペット・ファイターで出撃するが、帰還の際敵の攻撃を受け、宇宙に散る。子供たちによって、彼女の遺品は葬式として宇宙に流された。しかし後日談のOVAでは、死亡したかと思われていた彼女は実はククトニアンの捕虜となって生きており、これもまた生存していたミューラァによって保護されていた。しかし、過酷な尋問によって記憶を失っていたため、なんとか記憶を戻してあげようと奔走する子供たちも、彼女自身も苦悩する。結局記憶を戻す事はかなわず、失意のまま帰路につくロディ達であったが、最後の最後、シャトルが発進する寸前に記憶が蘇った。ロディの初恋の人。
メルビン・クレーク(声:笹岡繁蔵)
42歳。男性。クレアド星の遺跡調査隊のチーフとして派遣された宇宙考古学者。学者にしては胸板厚くワイルドな風貌で、正規のクルーや多くの避難民を失ったジェイナスを抜群の行動力で指揮し、ベルウィック星まで移動させることに成功する。すでにベルウィックも襲撃された後だったが、生き残った地球軍へ救助の約束を取り付けるべく単身赴いた帰り、乗っていた輸送機がククト軍に撃墜され、死亡した(死体は発見されなかった)。ケイトがひそかに愛していた人だが、彼女自身それに気づいたのは彼を失った後であった。
フレデリック・ローデン(声:仲村秀生/藤本譲)
年齢不詳。男性。地球連邦宇宙軍駆逐艦レーガン艦長。階級は大佐。イプザーロン系での異星人襲来の報を受け、派遣された地球軍先遣艦隊の司令。その際、タウト星へ向かうジェイナスと接触、子供たちを保護し地球へ送還しようとするが、彼らの両親を救出したいという純真な思いに心を動かされる。その後、タウト星攻防戦において星の大爆発に艦隊ごと巻き込まれ、戦死した模様。
中尉(声:山田俊司)
本名不明。年齢不詳。男性。クレアド星脱出の折、ジェイナスの指揮を執ることになった先任士官。正規の軍人は8名にまで減ってしまったため、やむなく民間人に協力を申し出て砲座についてもらうが、素人がまともに敵と渡り合える訳もなく次々と戦死、ジェイナスの生存確率は0.29%と出る。そこでRV部隊で出撃していた中尉は、最後に残った部下2人を帰還させ、自らは敵の母艦に特攻をかけて、壮絶な最期を遂げた。炎に包まれるコックピットで最後まで彼の頭にあったのは、妻子と過ごした楽しい休暇の思い出であった。

ククトニアン
ラレド(声:藤城裕士)
年齢不詳(壮年~中年?)。男性。ジェイナスの子供達と初めて接触を持ったククトニアン。重傷を負いジェイナスに保護され、そこでカチュアがククトニアンである事を示唆する。ペンチには父親を思い起こさせる存在であった。自分の命が長くない事を悟り、囮となって宇宙に消えた。彼がリベラリストグループの一員であり、地球軍に接触する役目を託されていた事を後に子供たちは知ることになる。
シド・ミューラァ(声:古田信幸)
推定23歳、もしくは33歳。男性。ククト第三軍第3ククト星師団特殊部隊第2特務別動隊指揮官、少佐。ククトニアンと地球人の混血児。そのため、反地球感情が高まっていたククトニアン社会で激しい差別を受け、実力だけが評価される軍に身を投じた。ARVデュラッヘに搭乗し、ロディの好敵手として戦闘を重ねる。リベラリスト(反戦主義者)の捕虜となるが、脱出し軍に復帰。しかし後の戦いで上官に裏切られ、単身ククトニアンの部隊に切り込んでこれを殲滅。その後、行方不明となる。OVAでは無事生還、軍を退役して事業を興していた。後にケイトを保護。
名前の由来は、当時ロス疑惑で話題になった三浦和義の「三浦」から引用し「ミューラァ」になった模様。ビジュアル面でのモデルはデヴィッド・ボウイ。
レアラ・ジェダ(声:堀内賢雄)
年齢不詳。男性。ククトニアンのリベラリストグループのリーダー的存在。政治犯としてタウト星に投獄されていた時に、同じく囚われたロディと出会う。タウト星脱出後、ククト星でロディ達と再会。グループの行動隊長として活躍し、戦闘時には独自に開発したARVギャドルに搭乗した。普段は温厚で人当たりがよいが、戦闘時には味方を敢えて見捨てることも厭わない一面も見せる。物語終盤ではロディらを地球連邦軍の駆逐艦に送り届け、地球との和平交渉の根回しを行った。
グレダ・デュボア(声:原えりこ)
年齢不詳。女性。ククトニアンのリベラリストグループの一員。最後には苦悩するカチュアをククト星に連れ帰った。
シャル・サライダ(声:緒方賢一)
年齢不詳(初老)。男性。ククトニアンのリベラリストグループの精神的指導者で、かつ技術者でもあり、リベラリストグループの使用するARVギャドルの設計者。「博士(はかせ)」の肩書きで呼ばれている。ミューラァの父の友人であり、両親を失った彼の育ての親でもあった。そのため、彼の置かれた複雑な立場を慮っていた。
ククトニアンの子供達(声:真柴摩利=ガイ、吉田美保=メル、綾崎みき=ケイ、西宏子=ユウ)
ガイ(推定12歳 男子)、メル(推定10歳 女子)、ケイ(推定8歳 女子)、ユウ(推定6歳 男子)の4人組。ガイとユウは兄弟。ククト星の収容所に捕らわれている両親を探す旅をしていた。食糧を奪うためにジェイナスの子供達と接触したが、すぐに打ち解ける。彼らの協力を得て無事両親に再会し、ククトニアン市民の住むコロニーに戻っていった。


| ロボットアニメ | 21:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/238-22b63c2c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT