PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

猫拾った。

そういや、あいつら出してなかったし・・・出すか。


鳴海幼稚園という名の、なのはとフェイト、その他のキャラが通う、鳴海市の幼稚園である。

取りあえず、何かあるわけでもなく、まぁ、そんなことはどうでもいいや。

最近、園長が死去なされたらしいでございます。

えぇ・・・とうとう、この話にも、死傷者が…と、言う訳でもなく、寿命というか、何というかな感じで。

その、園長の名前をグレアム・・・

何やっけ。

まぁ、どうでもいいや。

そんな話は。あ、死んでない?

あぁー・・・そうですか。

取りあえず、二匹の猫を、性的な意味ではなく、いつも通りに、可愛がろうとしたら、足を踏み外して、後頭部を強打、意識不明的な感じで、目覚めていないと。

ついでに、愛猫であるリーゼロッテと、リーゼアリアを誰が引き取るかということで、問題になっていたりするのです。

取りあえず、可愛い訳でございますが、実は、百合にゃんこだったりします。

ロッテとアリアは、夜な夜な・・・ふふふ・・・キャッキャ。

「あぁー・・・だりぃ・・・」

「それよか、私は眠い。」

とはいえ、少し、我儘的な部分はあるのは事実であるが。

取りあえず、グレアム以外には懐いていないが事実である。

「いやぁ・・・どうします?」

アイナ・トライトンは、ちょっと、だるいらしいです。

何回か、受け取り拒否な感じで。

「私達が引き取るの。」

まぁ、頼りない先生達より・・・

私達の方が、役に立つの。

ふふふ・・・

こっから、語りはしばらく出番の無かった、私と、フェイトちゃんの出番なの♪

出番は、ございませんでしたしね。

ふふふ・・・久々の出番なの!

「と、いうことで、園長の猫は、私とフェイトちゃんが引き取るの!」

それよか、

「高町家で引き取るの!!」

「えー・・・この、ガキ二人ー…」

「ガキ二人かー…」

百合双子猫・・・

この、高町ヴィヴィオの娘である、なのはちゃんに向かって、随分と生意気な言葉なの。

ここは・・・

「黙って…ペットに・・・」

「だったら、僕が、なのはのペットだぁぁぁぁぁ!!!!!」

な、な、な、何か来たのぉぉぉぉぉ!!!!













「なのはは、私のぉぉぉぉぉぉ!!!!!」











「フェイトちゃん怖かったのぉ・・・」

「なのは、大丈夫。私が、ずっと傍にいるよ?」

取りあえず、フェイトちゃんに、守ってもらえれば、何か来ても、一安心。

フェレットだけは…苦手なの。

さて、改めて、

「大人しく、高町家の猫になるの。」

「でもねぇ…?」

な、なんなの!?

「フェレットにおびえているような、お子様じゃぁ…」

「流石に、不安。」

うぅぅぅぅ・・・・・・

「なのは、どうする?」

「ママたち、呼んでくるのぉぉぉぉ!!!!!!」













と、いうことで、1時間後なの!













「とりあえず、この二匹がなのはの飼いたい猫・・・?」

「アイナ先生も大変だ・・・」

ママ達にきてもらったの!

ティアママも一緒なの!

「取り合えず、この二匹は、私たちのところに来るつもりはないと。」

「当たり前ー」

「フェレットを恐がるような女の子はねー?」

「飼主としては・・・」

「「ねー?」」

うぅ・・・ヴィヴィオままぁ・・・

「ま、任せとき。」

オォ?

とりあえず、ヴィヴィオママは、こういう時は・・・

「聖王モード!」

出たの!

綺麗だけど、とてつもない、性欲を持つ、ヴィヴィオママの最強形態!

「さぁて・・・」

「おっきくなったって、恐くないー」

「おおきいだけにゃー・・・」

しかし、そのときでした。

ヴィヴィオママの背後から、夥しいほどのオーラが滲み出たのは。

それは、ヴィヴィオママの良く言う、お話のときのオーラに酷似していました。

「これ以上・・・恐い目に会いたくなければ・・・うちに来い。」

ラオウもビックリなオーラに、流石に、私とフェイトちゃんもアイナ先生や、リーゼロッテや、リーゼアリアも失禁寸前まで行きました。

ティアママはと言いますと、慣れてるようでした・・・

でも、このオーラのお陰もあってか・・・

「「わかりま、した・・・」」

言う事をきいたのです。

ヴィヴィオママは、やっぱり、怒らせると恐いの。

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 リーゼ姉妹、高町家に養子入りですね~。
 うん? にゃんこも養子になるのかな?(首かしげ
 まぁ、細かいはさておき。
 やはり、すずか様以外の生物ではヴィヴィオママンのオーラに太刀打ちすることはできないのですね~(しみじみ
 まぁ、当然っちゃ当然ですね。
 さぁて、リーゼ姉妹のこれから先の運命やいかに。
 それでは、これからも頑張ってください。応援しています。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2009/10/22 00:05 | URL |

Re: タイトルなし

リーゼ姉妹、高町家にご来場でございます。
いやぁ・・・でも、もう、ペットです。ペットですよ。養子ではございません。
ペットですよぉ♪
やっぱり、聖王様オーラは、あの人、すずかさま以外は、何とかできる生き物ではございません。いやはや、勝てるわけが無いのでございます。
恐いですよぉ・・・
多分、彼女達の運命は・・・多分、放置かと思いますwww
ははは・・・
明日は、どうしようかなぁ♪

| 月 | 2009/10/22 00:22 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/2324-d80f1510

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT