PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

続きはetc...

続き
いつも異常にグダグダ。


卑猥な、水音が部屋の中に響いき、私は自由を奪われた。

乳首が、軽く、勃起し、心臓の鼓動が、自分でも解るほどに、鼓動している。

全身から、汗が吹き出て、バインドもかけられていないのに、拘束されたような感覚が、全身に駆け巡る。

異常なまでに濡れた唇を塞ぎ、下の柔らかな花弁に触れたヴィヴィオは、その奥に、優しく指を・・・













「続きは、webで。」

「待て待て・・・」

と、言う事で、まぁ、食われてまいりました。

高町ティアナです。

ふぅ・・・

異様なまでに、上手いのよね・・・

あの腕が・・・華奢な腕が、ソレは、もう・・・蛇のように。

ともあれ、此処まで、毎日やっていると、思うことがあるわけでございますよ。

そんな感じで、ヴィヴィオは私と一緒にいることをどう思っている訳でございましょうかね。

考えてみれば、こんな事、聞いたことなかったような、あるような、まぁ、覚えていない訳でございますけどねぇ。

時折、思う事がある訳でしてね。

体目当てでなかろうかと。

体目当てで、私の事を愛しているのではないでしょうか。

うちのなのはも、ひょっとして・・・

「そんなわけないよ?」

あぁ、何?

この子・・・

聞いてたのね。

あぁ、聞いてたんだ。

まぁ、とりあえず、本心は聞けたような感じがしますね。

「本当に?」

「うん。私が、ティアを抱くのだって、愛情表現だよ?」

「愛情…表現…」

「そりゃぁ、確かに、ティアの脱ぎたてのパンツの匂いを嗅いではぁはぁしたり…」

「ちょっと待て!!」

「まぁ、大丈夫。ちゃんと、返してるから。」

「まさか、お風呂上りで、時折見つからない物があると思ったら・・・」

「ティアがいないとき、毎日、それで・・・抜いてるよ?」

ちょっと、待って・・・

幼い体のヴィヴィオは、未発達な乳首を弄りながら、そっと、罪悪感も有りながらも、魔力で成長したそれに私の下着を被せて、優しく、優しく擦りだす。

幼い子供は、乳首を弄るのをやめ、ゆっくり、自分の花弁に指を移し、指を挿入し、だらしなく・・・

だらしなく・・・

だらしなく・・・

って、あ、あれ・・・!?

「おーい・・・ティアー・・・戻って、おいでー?」

はっ・・・

そうだ。

私は、何をしていたのでしょう・・・

そうよ。

ヴィヴィオも、そ、そんな、自分でするシーンを想像するなんて、私は、何を考えてるんだ・・・

私は、変態か?

変態なのか!?

そうよ・・・

あんなことを想像してしまうんだもん・・・

変態よ・・・

はぁ・・・

「抜くとか・・・いやらしいこと言わないの!」

「まぁ、恥ずかしがって♪」

まぁ、それはそれで、可愛いような、可愛くないような、この子らしいというか。

「ティア・・・」

「な、何?」

「大丈夫!」

「何が?」

「ティアのでしか、する気、無いから!」

「う、うん・・・」

取り合えず、一時の答えが聞けてよかったような・・・

よくないような、今日はグダグダだ・・・














「フェイトちゃんは、此処に、三日、調子に乗りすぎたの♪」

だから、お仕置きは必須事項なの♪

最優先事項なの♪

「な、なのは・・・激しいよぉ・・・!!」

「フェイトちゃん・・・お仕置きなんだよ・・・こんなに、気持ちよくなったら・・・」

「だって、なのはにしてもらうと・・・」

「ん?」

「とってもきもちぃから・・・」

「フェイトちゃん!」

「何・・・?」

「そんなに、気持ちイ?」

「うん・・・なのは・・・大好き・・・」

大好き!?

大好き・・・大好き・・・大好き・・・大好き・・・大好き・・・大好き・・・大好き・・・大好き・・・大好き・・・大好き・・・大好き・・・大好き・・・大好き・・・大好き・・・大好き・・・大好き・・・大好き・・・大好き・・・

「私も、フェイトちゃん大好き!」

私とフェイトちゃんはラブラブです・・・

愛しているのです。

ふふふ・・・

「なーのーはー♪」

「フェーイートーちゃーん♪」

お互いの名前を呼びながら、それは、ソレは、楽しいひと時。

そう言えば、私達は何をしていたのでしょう?

「続きは、妄想で!!!」

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 続きは妄想で、ですか(苦笑
 じゃあ、妄想してみるとしますかね。うちの現在連載中の「大人の時間」でね(エ
 しかし、今日も今日とてなのはさんとフェイトさん。ヴィヴィオママンとティアママンは絶好調ですね~。
 なにげに、ヴィヴィオママンはカミングアウトしていますし(汗
 うん、仲がいいのはよいことですね~(しみじみ
 それでは、これからも頑張ってください。応援しています。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2009/09/29 00:48 | URL |

Re: タイトルなし

続きは妄想で!!!
ちょっと、長すぎた外伝書いてたら、こっちがグダグダになちゃったので・・・読者に全てをゆだねようと。逃げました・・・
まぁ、そちらの好評連載中の大人の時間で!そして、うちのキャラたちは、今日も絶好調です!ヴィヴィオママも、良い感じに、ぶっ壊れてますしね。・・・・良いカミングアウトしてます!下着ネタは、何となく、ありそうでないから、書いてみましたww
仲が良いことは、本当にいいことです。如何なる苦難が待っていようとも、愛によって!!
な、感じで、吹き飛ばしそうです。
すいもうさんも、頑張ってください!!応援しています!!

| 月 | 2009/09/29 01:31 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/2262-7bdf3aac

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT