PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アノヒトハスグソバ?

気付けば・・・


「ティア・・・大丈夫・・・!!」

高校生。

桃子が生まれた、その少し後の話。

初めて、戦うあの人の姿を見たときのことだった。

一緒に帰ってくるときに、であったのは、近隣でも有名な、人攫いフェレット。

取り合えず、ティアといっしょに、逃げる事にした。

ティアを守りながら、戦うのは、流石にリスクがありすぎる。

おおよそ、数えるのであれば、千万は超えるほどの大量のフェレットが人型で登場している。

大柄、小柄、正に、選り取り緑の状況。

既に、私たちを囲んでいる。

ちっ・・・

流石に、此処まで登場すると、さすがに分が悪い。

分が、悪すぎる。

聖王形態になって・・・

いや、変身中の僅かな隙で・・・

「ヴィヴィオ・・・私は・・・大丈夫だから・・・」

「ティア・・・!!」

怯えながら、フェレット恐怖症の少女は、私の袖を掴み、しっかりとそれを言う。

あの春の日に、ティアを恐怖で埋め尽くした、フェレットの集団。

許せない集団。

「ヴィヴィオ・・・大丈夫だよ。傍に・・・大好きなヴィヴィオがいるから・・・」

「ティア・・・!!」

ここは、最速で変身。

光のオーラに包まれてetc...

「はっ・・・私とティアを陵辱できると思うな・・・」

目の前に出てきたのは、大量のフェレット・・・

が、人間になった物。

聖王である、私の前に、敵は無い。

「ティアも含めて・・・ねぇ!!」

『ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!』

そのとき、スパロボで言うMAP兵器の如きに、大量にやられていくフェレット人間。

一体、何が起こったのだろうか。

「あら、いらない・・・心配だったかしら?」

そこに現れたのは、最強の女神。

月村すずかだった。

最強の女神・・・

「い、いえ・・・月の女神様・・・」

その美貌と呼べる物は、全てを超越した物だった。

今まで以上に、生徒会長の姿の時以上に、美しかった。

その美しさは、まぁ、なんといいましょうか。

いや、凄かった訳ですけどね。

「ま、待て!!」

悲鳴をあげる、獣人。

「可愛い女の子を襲う人間は、全員敵♪」

『なにぃぃぃぃぃ・・・!!!!!!!!』

あぁ、凄いくらいに、一斉砲撃が、フェレットミサイルが・・・

「甘い。自滅なさい。」

その言葉どおりに、フェレットミサイルは、自滅しあった。

このとき、かなりのフェレットが消滅した。

月の戦女神によって、私が何もする事無く、そして、女神はそこから動かずに千万のフェレットを消滅させた。

この、月の戦女神が一瞬だけ、本気?を出したお陰で、現在のスクライア民族は、少数民族として落ち着いたらしい。

正直、美しいが、戦闘を行う時の姿は、恐怖の象徴だった。

それほどに美しく、他者を支配するならば、調度良い位の恐怖心。

「ふふふ・・・ははは!!!」

ともあれ、このお陰で、大民族から、少数民族になった事は、良かったとしか言いようが無かった。

『それでは、夜道にはお気をつけあそばせ?』

優雅な微笑を浮かべながら、その人は帰っていった。

今思えば、初めて戦うあの人を見たときから、私は恐怖していたのだ。














「ふわぁぁぁ~~~・・・」

あれ・・・?

懐かしい夢を見やがって。

私は・・・

全くもう。

そんな、隣には・・・

「・・・また、すずか先輩!?!?!?」

あ、夢か・・・

あれ・・・!?

ティアが全裸だし!!

私も全裸だし!!

あ、あれ・・・?

あの夢って、一体・・・

昨日は、抱いた後・・・

寝巻きに着替えて、一緒に寝て・・・

しかも、私・・・濡れてるし・・・

ど、どういうことや・・・

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 すずか様、三度降臨ですね~。
 しかし、今回はいったい何用なのでしょう。
 なんとな~く、予想できるような気もしますが(汗
 まぁ、それはさておき。
 すずか様は存在自体がチートのような気がしてきました(ぶっちゃけ
 ……納得できるのはどうしてだろう(遠い目
 それでは、これからも頑張ってください。応援しています。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2009/08/28 06:17 | URL |

Re: タイトルなし

やってきた理由は、再び、一緒に寝るためー・・・?
そして、気づけば、去っていく。あの人。
あの人は、一体、何をしようとしているのか、こちらも良くわかりませんねー。
すずか様の為にチートと言う言葉があるかと思うような気もする今日この頃。
あの人は、もう、神に近い領域の人間ですから。
大民族を少数民族に変えるほどの力を持ってますしね・・・
恐怖です。

| 月 | 2009/08/28 09:14 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/2168-6a7ef33a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT