PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

帰ってきた恐い人

まさかの帰還。今度の餌食は・・・


「おかんー。」

「どしたの?はやて。」

「ヴィヴィオおかんを聖王形態にするには、どうしたらええんや・・・」

あの、おっぱいを諦めきる事は出来へんねん。

美胸倶楽部の人間としては、絶対に諦める事が出来へんねん。

「はやて・・・」

「なんや・・・?」

「命知らずな行動は止めなさい・・・」

ど、どういう意味やねん・・・

「聖王形態になったら、貴方・・・この世界にはいないわよ?」

えぇ、と、どういう意味でございましょうか。
















「かつて・・・私とキャロがヴィヴィオに挑んだわ・・・」

あぁ、懐かしいあのころの思い出。

私とキャロの超本気バージョンであり、ヴィヴィオは聖王形態で勝負した訳でございます。

私とキャロは、当時、二強と呼ばれる程に究極で近い存在でありながらも、ヴィヴィオも勝利する事は数えるほどだった。

ちなみに、キャロとは100勝100敗であるが、ヴィヴィオに勝利したのは個人でたったの3回くらい・・・

二人一緒に戦って勝った回数は、やっと12回になった感じです。

あぁ、750回戦ってです。

ちなみに、幼女形態と戦って、二人で戦って、やっと互角とでも言った所でした。

「そんな・・・!?」

「まさか・・・後ろを取られる・・・」

あぁ、どうでもいい話、このときまで、私はロリでした。

人から言えば、あのころはSD形態だったそうです。

「遅いよー♪二人とも。実戦だったら、死んでるよー♪」

死、死んでいるって・・・

いや、それ以前に、貴方がこの世界で一番強いからなのではないですか・・・?

「強く・・・そして、誰よりも美しく、さらに絶倫だった・・・異常なまでに・・・性欲が高かったわ・・・」

取り合えず、性欲は戦闘力以上に湧き上がるという。

訳のわからないこだったわ・・・

それゆえに、

「聖(性)王と呼ばれていたわ・・・」

「性王・・・」

「うん・・・」

しかし、そんな聖王形態のヴィヴィオにも勝利する事の出来なかった一人の人間がいたわけでございます。

えぇ・・・

あの人は、強かった・・・

本当の意味で、強かった人でございます。

「月村すずか・・・」

別名・月の戦女神と呼ばれていたすずか生徒会長。

月まで、聖王の光は届く事叶わず。

「あの人こそ、真に怒らせてはならない人間よ・・・」

思い出すだけで、恐怖が、こみ上げてくるわ・・・

「その人の、おっぱいは・・・」

「聖王形態のヴィヴィオのおっぱいより、遥かに大きい・・・」

「そんな・・・!?」

えぇ・・・

あの人は、強かったわ。

そして、はやての好みそうなおっぱいだったわ。

「あらあら、懐かしいわねぇ♪」

「んなっ!?」

その声は・・・

そのお声こそは・・・

まさか、ゴキブリに恐怖し、校舎の半分を笑顔でさらに、なんも罪悪感もなく、消去してしまった、あの子でございましょうか・・・!?

いや、あの方でございましょうか!?

「久しぶりね。エイミィちゃん・・・」

「あ、あの・・・今日は、一体・・・何を・・・」

「エイミィちゃんを抱きに来たの♪」

「んな・・・!?はやて・・・ちょっと、遊びに行ってきなさい・・・」

「は、はい・・・」

やばい・・・

この状況は明らかに不味い・・・

はやては、アリシアちゃんの元へ・・・

私は、

「まぁ、冗談なんだけどね。」

「えっと…私にどうしろと・・・」

「まぁ、抱きにきた。」

やばい・・・

すずか先輩は本気だ

あの笑顔が、恐い・・・

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 最強の女帝再臨ですね~。
 でも、ゴキブリに恐怖して校舎の半分を消してしまうのは、なんというか、フリーダムですね(ちょ
 すいません。フリーダム以外に言葉が思いつかなかったです(汗
 まぁ、それはさておき。
 今回のご光臨は本当にエイミィママン狙いなのか。
 続きがあったら、期待しています。
 それでは、これからも頑張ってください。応援しています。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2009/08/21 06:47 | URL |

Re: タイトルなし

真夏の恐怖?シリーズと言うことで・・・
すずか様が降臨なさいました。ゴキブリのせいで、校舎半壊は季節にとっては当たり前だったようです。
彼女はいつもフリーで・・・いや、フリーダムすぎて、恐怖なのです。
今回の光臨は・・・
エイミィだけが目当てではありません・・・
その続きは、明日です。
しばらく続くと思います。

| 月 | 2009/08/21 11:08 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/2150-86718a4b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT